今日も眼の前から

眼にしたことを自然に連ねています

衆院本会議で金田法務大臣の不信任案!否決!野党のヤジの愚かさを際立たせた日本維新の会の椎木保議員の反対意見は正論!

2017年05月18日 15時41分57秒 | 世間話

衆院本会議で金田法務大臣の不信任案!

否決

野党のヤジの愚かさを際立たせた

日本維新の会の椎木保議員の反対意見は正論! 

 

こんにちはです。

今回はついさっき見た衆院本会議から。

例の金田勝年法務大臣の不信任案の件です。

 

結局、否決されましたが。

野党の不信任案賛同意見はひどいですね。

あそこまで、他者を無能呼ばわり近くまで言葉を

吐き出すことができるのでしょうか。

そのぐらい、ひどく感じてしまいます。

 

別に、刑事局長が答えてもよいでしょう。

何もかも法務大臣がすべからく知る必要はないと

思うのです。

もちろん、骨となる流れと。

いかように法律が構成されているか。

それは知っておかないと、不明な点があった時。

誰に尋ね、何を調べればよいか。

また、判断すらできないでしょうから。

核心部分を承知すべきことは言うまでもありませ

ん。

 

しかし、一人で仕事をするわけではないのです。

大臣が野党の質問にすべて答えられないからと言

って、責めたてあげるのはおかしいですね。

 

そうした野党の不信任案提出の理由と賛同意見を

耳に入れながら、気持ちがすーっと穏やかになる

反対意見を述べたのが日本維新の会椎木保議員。

 

椎木議員も野党の審議姿勢を「ひどい」と言って

いました。

まったく、同感です。

そして、野党の不誠実な姿勢を指摘し野党は自ら

法案を是正する機会を失った趣旨のことも言葉に

していました。

 

そのとおりでしょう。

そして、野党議員のヤジに呆れたのか。

その姿勢に対し、つい吹き出す姿もあったぐらい

です。

 

そのおかしみ。

わかります。

あまりにも野党は愚かです。

その愚かさをヤジの中から椎木議員は感じたので

しょう。

 

まさに、さもありなん。

 

という感じで、今回も野党 4党の極悪カルテット

に対し、日本維新の会のその善なる政治姿勢。

これが際立ったと感じるのです。

 

今回もとりとめもなく。

 

【風来坊 よき野党もいる!】

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 民進党と反対しかない野党た... | トップ | 北ミサイルは東京急行で10-11... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL