今日も眼の前から

眼にしたことを自然に連ねています

山本地方創生相の「がんは学芸員」「一掃」から! 発言の背景も相当と捉えつつ、立場のある人は気を付けて!

2017年04月17日 12時16分39秒 | 世間話

山本地方創生相の「がんは学芸員」

「一掃」から!

発言の背景も相当と捉えつつ

立場のある人は気を付けて!

 

こんにちはです。

今回は気持ちはわからないでもないけど。

立場のある人がこういう言葉はいけないよ!

ということでしょう。

 

何かと言えば、この方のこと。

山本地方創生相ですね。

 

では、まず最初にです。

この方を擁護する!わけでもないのですが。

山本大臣にこうまで言わせる何かが学芸員側にも

あったのでは?

と思うのです。

 

何もなければあそこまで激しいものはないでしょう。

僕の経験では博物館、美術館の名称は忘れましたが。

自己の趣味の延長のように思っているのか?

と感じる言動の学芸員に過去出会ったことはあります

からね。

 

もちろん。

ほとんどの人はそうではないと思いますけど。

ですが、中には馬鹿にしているのか!

と思える人もいました。

 

ただし、いずれも10年以上前のこと。

 

おそらく山本大臣にもネガテイブに聞こえる表現

で語った学芸員がいたのではないでしょうか。

そうしたものが耳にこびりついていた!のかもし

れません。

 

ただね。これはまずい。

16日、大津市の滋賀県主催の地方創生セミナーで

のできごと。

「文化観光を進めなければならないが」

「一番のがんは学芸員という人たち。」

「一掃しないといけない」

 

相当な背景があっての言葉と思いますけど。

一応政治家ですからね。

メディアに扱われたら、どんな方向に進むか。

 

また、その後ですよ。

多くの良識ある学芸員を敵に回す!

そういうことになりませんか。

となると、快い協力を得られなくなるでしょう。

 

当方のように居酒屋で飲んで「あれアカンで!」

などとですね。

くだまくオヤジではないのですから。

 

お気を付けいただきたいものです。

 

また、発言の背景の範疇と当方が考えるもので。

学芸員とは違いますが思い出したこと。

ずいぶん以前です。

国立大学の某教授先生が語っていたのです。

「国が研究費を1500万円俺につけるぐらいだから」

「・・・(俺はえらいんだぞー)」の趣旨で酒を

飲んでいる時に聞かされたことがあります。

 

学生の立場ながら。

「アンタの小遣いじゃないでしょう」と言いたく

なったことがありますね。

まったく次元は違うでしょうけど。

 

ただ、毎日ですね。

目に入ると、それが自分のものと錯覚する!

そういうことはあるかもしれません。

 

今回とは違うと思いながらも、つい頭へ!

浮かぶのです。

 

では。とりともなくでした。

 

【風来坊 ザクッと見て!】

お口(目?)直しの清涼剤・・。

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 韓国と北朝鮮の協奏曲「朝鮮... | トップ | 決算委員会で山尾志桜里議員... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL