かりおかの実験室

実(体)験を書き綴っています。買ってみた。作ってみた。やってみた。行ってみた。使ってみた。・・・などなど。


ボタンを”ポン”とするだけの、ワンプッシュラーメンタイマーを作ってみました。

2017年07月29日 | 製作

ラーメンタイマーとは、その名のとおり、カップラーメン等を作るときに待ち時間を知らせる装置です(^。^)b

電子工作の作品としてよくありますが、計測時間が短い(5分程度までの)キッチンタイマーといったところでしょうか。
いずれにしても、多くはこんなものです。

(1)電源スイッチを入れる
     市販のデジタルタイマーでは、電源スイッチ無しで常時ONのものが多数。
(2)時間を設定する
     ボリューム(可変抵抗)やスイッチで設定。市販品では分、秒のボタンを必要回数押下。
(3)スタートボタンを押す
     タイマーがスタートする。
(4)停止する
     時間になるとアラームが鳴るので電源を切る。市販品はストップボタンを押下。

う~ん、ラーメンタイマーに特化するのなら、もっとお手軽にならないものかしらん(´・ω・`)?・・・と思いました。

<かりおかの構想>
1分、2分、・・・5分のボタンが用意されていて、いずれかを1つ押下するだけで、電源がONになるとともにタイマーがスタート。
時間が経つとアラームが一定時間鳴り、自動で電源がOFFになる。
・・・以上。
つまり、やることはボタンを1つ”ポン”と押すだけなのだ。

完成しましたので、見てやってくださいっ(`_´)/

普通のアラームでは面白くないので、MP3プレーヤーを使って音声通知にしました。

スピーカーは100均のものです。フィギュアに合わせてピンクを選びました。
ベースとなっている容器(トレー)も100均のものです。


フィギュアは、クレーンゲームの景品ですが、装置を使った生活に"潤い"を与えるためのものです(・_・)ヾ(^。^;)


ラーメン入りのレンゲもクレーンゲームの景品ですが、なんと、製作直前に100円で一発ゲットできたという、この作品のために女神が微笑んだとしか思えないラッキーな一品です。


電源ONを知らせるLEDは、これまたクレーンゲームでゲットした"長ねぎのストラップ"(ゴムのように柔らかい)に挟み込みました。



3分間茹でたら1分間氷水にさらす・・・なんていう作業のときにも、3分のボタンをポン、アラームが鳴ったら、次は1分のボタンをポンと押すだけ。
なんてお手軽なんでしょう!お料理がはかどるわっ(-∀-)ヾ(^_^;) どうせカップめんだけでしょ。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
この記事には続きがあります。
ワンプッシュラーメンタイマーの製作 -回路- ←クリック

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ベッドを延長してみました。 | トップ | ワンプッシュラーメンタイマ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。