中古車のネットショップCIA

『中古車のネットショップ』をしたいのですが、問題だらけの業界。
「8年に1回のお買い物」で参考になるよう、情報発信中

出資お待ちしてます2

2016-01-11 | 当社のお仕事

ちょっと前、出資お待ちしてます でも触れましたが、
アメリカでは、その後もオンライン中古車仲介・販売のベンチャーへの出資や、
買収(ネット会社が、普通の車屋を)での拡大、など話題です。

ちょっと、うちには何の話も来ませんよ(笑)

さて、Amazonに新車(リースでの販売)が加わったとニュースになっていましたので、
久しぶりに見に行ったのですが、ネスクテージの台数減ってる!
レビューもパーツ販売のばかり。
(グーグルせんせに聞いても、
以前ネタにした アマゾンで中古車販売?4 以外、見つけられない。)
うまくいってない?
誰か詳しい人、教えて。

やっぱ、大規模にネット販売するなら、格安中古車じゃなくて新車なんだよね。

ということで、その1から半年も経過していませんが、
話題の『フィンテック』をメインに据えることで、個人売買仲介、新車購入、
そして、その他自動車関連サービスも、全部携帯代のように毎月引き落とし
(携帯代のアプリ代のように、多少の増減があるが、
ガソリン代も、車検代も、全部引き落とし、
買いかえは、スマホ代のように実質0円)
ってサービス考えたんだけど、とんでもない資金が要るので、
大企業様、出資お待ちしてます。

>Amazonは、オリックス自動車の出品によるカーリースの取り扱いを12月18日より開始する。
取扱車種は国産の新車および走行距離5千キロ以下の中古車で、Amazonにとって国産新車の取り扱いは初めてとなる。
Amazonでは、2009年10月に「カー&バイク用品ストア」をオープンし、現在、約700万点のカー・バイク用品のほか、パーツの交換・取付サービスも取り揃えている。
さらに、2014年6月には車体購入に必要な価格の総額をワンプライスにした中古車を、
また2015年4月にはEVをラインナップに加え、オンラインから車を注文できる環境を提供してきた。
今回Amazonは、国産新車の取り扱いを開始することで、安心かつ手軽に車のオンラインショッピングを楽しめるようにするとともに、毎月の一定金額の支払いで利用可能なカーリースにより、購入しやすい価格の提供を目指す。
なお、オリックス自動車のカーリースでは、新車、中古車ともに9年のリース契約満了後、希望により、車の所有権を取得することも可能となっている。(12/18 レスポンス)

>~オリックス自動者のリース商品「いまのりナイン」(9年契約、7年後の乗り換え・返却自由、9年後は自分のものにできる)~
同社は、現在約5万台の個人向けカーリース台数を保有しており、昨今は、販売台数のうちインターネット経由での契約割合が約50%を占めているという。(マイナビニュース)

17/3/19最新 中古車のネットショップciaへの出資お待ちしてます

ジャンル:
ITネットビジネス
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新車ネット通販3 | トップ | ヤフオクで車を買うなら2 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。