中古車のネットショップCIA

『中古車のネットショップ』をしたいのですが、問題だらけの業界。
「8年に1回のお買い物」で参考になるよう、情報発信中

おんちゃんはよ、元トヨタ系ディーラー営業マンじゃきに

2015-06-09 | 当社のお仕事

『車の買取専門店に行ってみて気付いた大事なこと』と、
FPの宣伝(の為の)ブログに書かれていたので取り上げてみる。
(もちろん、今回もリンクは貼らない(笑) ごめんね、オールアバウトさん)

17年落ち、17万キロの車を、一括査定なんかにかける地点で、
元業界人と名乗るのも恥ずかしいくらいだと思うのですが。
そして、FPとして中身が何かあるかと思えば、ここの読者の皆さまの方が知ってるような、
買取専門店じゃない、タダの車屋になった、あそこのボッタクリ話。

で「気付いた大事なこと」って何?って中身だし。

FPなら、ちゃんと「一括査定に個人情報を打ち込む時間も、買取専門店に行く時間もムダですよ。」
とか、書きなさいよ。
その他の突っ込みは青字で。

~いやいや、何回も訊きましたよ、うちの車なんか本当に買い取ってくれるんですかって。
半信半疑どころではありません(笑)
でも、さかんに「少しは値がつくかもしれませんよ」と熱心に誘ってくれるんで、しかたなくそのお店には行く事にしました。
一応説明しておきますが、私、1990年代は某トヨタ系ディーラーで営業をしていまして、中古車業界のことも一般人よりは詳しいんです。
まあ、この件は伏せておきましたが。
夕方お店に行くと、こりゃこりゃ、一昔前の中古車屋さんとは大違いでして、お出迎えが5名、ボロボロの車を「お車」なんて言ってくれたり、綺麗なショールームでコーヒーをいただいたり、、、
ああ、この業界も変わったんだなぁ、なんて思っていたんですが。
いわゆる営業マンらしき人が登場して「買取だけでなく、うちで車を買いませんか」と言い出した辺りから、雲行きが怪しくなってきました。
「ディーラーで買取してもらってもこんな条件は出せませんよ!」
(私、この業界のことあなたよりは詳しいですから)
じゃあ、査定しにノコノコ出かけなさんな(笑)
「うちは中古車屋ですから色んなメーカーの新車を引っ張れますよ!」
(でもお宅はメーカーからは引っ張れませんよね)
「うちは販売価格では負けるかもしれませんが、サービスは一流です」
(買取して欲しいだけなのに)
じゃなくて、お客のニーズを無視した営業トークを展開するお前らの、どこがサービス一流だ?と
パンフなるものを見てみると、 『買取から販売、メンテナンス保険まで』ですか!?
いわゆる顧客の囲い込みでしか、競争に勝てないんですか?
(こんなこと僕がいたディーラーは20年以上前からやっていたんですが)
は?!ディーラーだって、他社サービス(残価設定 や 買取業 等々)をパクリ、囲い込みに必死じゃん。
自立したユーザーにとっては少々ウザい感じです。
何でも任せたいわー、何にもしらないわーというユーザーには楽園に見えるかもしれないですが。
あんまりにも熱心に、「私に全てお任せください」なんて、僕が1990年代に実際に使っていた口説き文句を言うもんで、なんか忍びない気持ちになり、それと興味半分で見積もりをとってみたら。
これはこれは、なんとまあ、大雑把な!とビックリしました。 ビックリした項目をいくつか挙げると
1.保証が10年つくけど、5万円以上かかる
(例えばトヨタの新車補償は5年10万キロついてますが、この分はまさか料金に入ってないですよね?)
は?!トヨタだって3年目、5年目の車検プラスの保証延長つくしで、5万以上取るじゃないか。
2.ロードサービス料金
(これも今では任意保険に加入すると利用できたりします。JAF加入者もいるでしょう。一応確認してから試算に入れてほしいです)
は?!ディーラーだって、最初から、勝手に見積もりに入れるじゃないか。
3.納車費用
これが凄く高かかったですね。これをどうやってサービスするかが価格競合した時のポイントです。
車庫証明費用も似たような特性があります。
他にも金利が凄く高かったりして、自立したユーザーは「単純に高く買い取ってくれるだけでいいのに」と思うかも?
そういうと「うちで購入してくれたら高く買い取ります」とか「もっと勉強できます」と言う言い方をしていましたが、これは「買取」と「下取り」をわからなくしてしまう話法です。
うちの車の場合、 「買取なんかできないから、下取りの方に話をもってけ」 という指示がでているんだろうな、と正直なところ思います。
いやいや、タダの車屋になってるんで、すべての客に下取りの方に話をもっていってるんだよ。読者の皆さまはご存知。
しかし、こういう事情はユーザーにはやっぱり説明できないわけで、それゆえに、この業界は、今でも古臭い体質なんだなあという結論になります。
じゃあ、ディーラーは何か目新しい体質になってんのか?
保険屋は、FPは、何でもオープンな体質なのか?
cia は、オープンで、一切の営業をしない、今までにない斬新な車屋だよ。ご利用、お待ちしております。
こんなことをお店で考えながら話を聞いていましたので、お腹一杯になってしまいました。
たぶん、今後、買取専門店には行かないと思います。自分の方に主導権がある環境で車のことを考えたいからです。
ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 並行モノは、扱いません | トップ | 保険(車検代に含まれる自賠... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。