中古車のネットショップCIA

『中古車のネットショップ』をしたいのですが、問題だらけの業界。
「8年に1回のお買い物」で参考になるよう、情報発信中

エコカー減税は終了でいいよ。

2014-12-31 | 業界情報

14%しか、エコカー減税対象外の新車のシェアはないんですって。
これって、実質の新車販売促進じゃん。

で、年度末で期限になるので、次のエコカー減税の議論がされているのですが、
とりあえず厳しくなり、免税はEVとディーゼルだけになるようです。

>エコカー減税の基準見直しへ、税の負担増す可能性も
ってさぁ、エコカー減税って、期間限定の新車を買わせる景気対策なんじゃないの?
それがなくなる=元に戻る
だけでしょ?負担が増す?意味不明。

もちろん、「増税していいよ」ではなく、
消費税UPと交換条件か?でも、車が売れるようにはならないよ
などから、ずっと書いているように、
グローバルスタンダード並み(軽自動車並み)の自動車関連諸税額にしろって事。

ランクル70が売れているが、カタログ燃費は6.6キロ/Lだ。
でも、30年間ほぼ変わらぬまま、売れ続けているなんて、何てエコカーなんだ!
開発費もかかってない
ハイブリッド(HV)やら、直噴やら、CVTやら、アイドリングストップやら、
電子仕掛けのエコエコ装置が付いてないシンプルな機関だから、
世界の果てのトヨタディーラーのない地域でも大人気。
40万キロも50万キロも走ってるのだ。
これぞエコカーだろ!
優遇しなさいよ。

HVなんて、どんだけ走ればエコになるんだよ。
ホンダの新HV や スカイアクティブD なんて、寿命どのくらいか未知数だわ。

エコカー減税の基準見直しへ、税の負担増す可能性も
来年度の税制改正を巡って政府・与党は、環境に優しい車の税が優遇されるエコカー減税の基準を現在より細かくする検討に入りました。
新たな基準によっては税の負担が増す可能性があります。
25日に開かれた自民党の税制調査会で示されたエコカー減税の見直し案によりますと、現在、軽自動車以外の乗用車を購入する際、燃費などに応じて税率が60%から100%減税される基準をより細かくし、20%から100%減税される新たな基準を導入するとしています。
エコカー減税の対象車はすでに新車販売の86%に上ることから基準を細かく、厳しくすることで自動車メーカーにさらなる環境性能の向上を促す狙いがあります。
ただ、減税の対象車が減ることが予想され税負担は増す可能性があります。
減税を適用する具体的な基準は今後検討し、今月30日にとりまとめる来年度の税制改正大綱に盛り込まれる予定です。(12/25 TBS)
『政治』 ジャンルのランキング
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新車だって壊れますから5 | トップ | blogで新年のごあいさつ2015 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
エコカー減税は終了でいいよ。2 (中古車のネットショップCIA)
エコカー減税は終了でいいよ。と、年末に書いていたのですが、また「増税」だの、「負担増は痛い」だの、と書いている記事があったので。 何度でも書くが、2年限定の、エコエコ言いながら、新車買わせるメーカー補助の景気対策なのだ。ほとんどのメーカーが、儲かりまく....