中古車のネットショップCIA

問題だらけの中古車業界の情報を表も裏も発信中!軽くしていますのでスマホからもPC版で(一番下『PC版で見る』をクリック)

超小型車が街を走り回る時代は来ません!軽でいい。

2017-04-27 | 業界情報

超小型車?売れるわけがない。 から5年、
当時のマスゴミ報道だと、一般の方は「3年?いや法整備もあるから5年?すれば、
街のあちこちで超小型モビリティが走り回っている」と思った事でしょう(笑)

バカみたいに、お祭り騒ぎしてましたもんねマスゴミが。

クソベンチャーが、いくつも出来たりして。

トヨタ様のコムス(画像の左下の)でさえ、約5千台しか売れていないのに。

ちなみに目標は、上のリンクにあるように年3千台。
(5年だから1.5万台売れてなきゃいけないw
当然、大半は法人に押し付けたもの。
この中には、安倍昭恵内閣総理大臣夫人が名誉顧問の岡山の棚田団にトヨタの基金から贈られた50台
というのも含まれている。)

もちろん、クソベンチャーどもの商品が走り回るようにはなっていません。
(お前ら、何で飯食ってんだ?)

ここではずっと、
軽自動車でいいじゃないか!
規格ごと、スモールモビリティ文化として海外に輸出すべき!
といっています。

リンク先の記事に追記で貼った動画にあるように、アメリカで軽トラがバカ売れしているんですよ!

マリカー事故でも分かるように、
軽自動車以上に小さなクルマに、普通に公道で走り回られると邪魔なんです。危険なんです。

(逆を言えば『市街地は、超小型車(より小さいバイク、自転車など)以外は走れません!』
=郊外で超小型車に乗り換えてください。普通車は乗り入れ禁止です!
みたいなエリアを作るのなら、普及の可能性はあります。)

こんな分かり切った事を、税金使って大学やら産官学連携プロジェクトやら、実証実験やら、
あちこちで税金じゃぶじゃぶ使ってるんですよね。死ねばいいのに。

~そして2013年度から2015年度までの3年間は、自治体などが実施する導入促進事業に対して導入費用の1/2を補助してきた。
この制度を利用したのは3年間で合計41事例、台数にして940台となった。~(16/3/25 日経テクノロジーより)
岡山市や岡山大学などが連携して都市交通やまちづくりを考える「岡山まちとモビリティ研究会」が同大で開かれ、乗用車の半分ほどの大きさの一人乗りEV「超小型モビリティ」を利用した実証実験の結果報告が行われた。
市は「移動手段のひとつとしての可能性がある」として、今年度も実証実験を行う。
超小型モビリティ実証実験は「オカモビ」の愛称で、昨年10~12月に市中心部で実施。
6台を無料で貸し出し、新たな移動手段としての認知度向上や移動に関する意識変化などを検証した。
実験期間中、超小型モビリティは延べ435回利用され、平日・休日とも1日に7~9回ほどの利用があった。利用者は計221人で約8割は男性。40、50代の利用が多い一方で、20代以下の若年層の利用が少なかった。
実験が進むにつれてリピーターの割合は増え、50代の女性と60代以上の男性の利用が顕著だった。
1回のみの利用は156人で約7割を占め、リピーターは約3割の65人。1人当たりの利用回数は最高38回だった。
利用者アンケートで、今後もオカモビを利用したいと回答した人は約8割。有料化の場合は「(15分当たり)100~150円」との回答が約4割で最も多かった。
市は今年度も実証実験を予定。有料化や実験エリアの拡大を計画しており、「市中心部だけでなく、周辺部でも利用してもらって効果を検証したい」と話している。(17/4/23 産経新聞)

「15分100~150円なら」って、シェアバイクか!?

全くお話になりません。

おまけ

今月、David Brown Automotiveが、クラシックMINIをリマスター販売するとネットニュースになったが、
690万円~のお値段で年100台200台売りたいって・・・
エンジンも中古リビルト、ミッションは4MTだって?!

誰かダイハツ・ミラジーノを教えてあげなさいよ!(笑)
きっと、クラシックMINI本来のコンセプトにより近い、且つ安心感のあるクオリティの、
そして(ここ大事)商売が成り立つ販売価格設定と利益率のクルマが出来るよ。
(サイズは、MINIの方が、長さは32センチも短く、
幅も数センチ小さい(オーバーフェンダーが付くと逆転する)
車重も、エンジンパワーも、ほぼ同じ(最終ローバーとダイハツNAと)=ターボなら、かなり余裕が!)

ちなみに、このMINIが第二弾。
第一弾のアストンマーチンDB5風(ジャガーXKRクーペベース)Speedbackは、
6800万円~のお値段で年20台、GTは8600万円~で年50台、100台まで
と3年前発表時には大口叩いてたが、実際には11台しか売れてないらしいんだよ。

道楽でやってんならいいけどさ。違うんなら、オレに相談しなさい(笑)

大阪の車屋さんに、もっと大がかりなローバーMINIボディにダイハツ軽をぶち込み軽登録してる所があるが、
フルレストアに改造登録して200万前後って、商売になってるんでしょうか?
(6年で20台作ってるらしい。)
なってるんなら、David Brown Automotive以上に素晴らしくないですか?!

ぜひ、海外に出ていくべき!

ジャンル:
その他
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 無人の自動運転車が走り回る... | トップ | 当社では、マツダのスカイア... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
イギリス人もバカじゃない (タック)
2017-04-29 10:40:35
こんにちは

私もciaさんに100%同意です。

イギリス人も多種多様な日本の軽自動車の導入を期待しているようです。
●【海外の反応】「日本の軽自動車はハマるぞ」イギリスでも売ってくれ!海外で賞賛
https://www.youtube.com/watch?v=WcGxqUw8T2w

最近、試乗したアルトワークス5MTなんて、トルクフル、シフトフィールやペダル操作の剛性感で「これで充分じゃんどころかこれは楽しい!」でした。

アメリカは安全性を口実に、実質、日本の軽自動車の輸入を禁止していますし、欧州も同じような対応なのは、軽自動車を解禁すれば、欧米の自動車メーカーは太刀打ちできません。

日本でも今では、軽自動車は税制上のメリットで、安かろう悪かろうも我慢、ではありませんから。

日本の軽自動車の問題は、「車両価格が高すぎる」ことです。
それは普通車メーカーへの気遣いもあるのでしょうが、消費者目線でお願いしますよ。
Japanese kei regulationを世界に! (cia)
2017-04-29 21:59:02
top gear は20年以上前?(もっと前?)から軽自動車という規格ごと取り上げてくれてますよね。

規格が大事なんですよね。
確かに、マイクロカー・スモールカー=Japanese kei regulationが世界に広まれば、日本のメーカー独り勝ちでしょうが、それが布教。アメリカがマイクロソフトやグーグルでやってる事です。

車両価格は・・・仕方がないです。
安いの売れないんですよ。
でも、それだから、ワル顔にして、イロイロ付けて、価格が200万を超えて(笑)儲かってるから、日本国内での生産を何とか維持してるのだと言われると仕方がない。

ぜひ政府には、超小型車実証実験なんかに毎年何億も使ってないで、Japanese kei regulationを海外に布教していただきたいです。
いいじゃん (マニュアル車フリーク)
2017-12-04 01:34:19
本文といい、コメント欄といいバカウヨが湧いてんな。文体をもっと工夫したら?表現の自由を超えてますわ。

コメントを投稿

業界情報」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事