中古車のネットショップCIA

問題だらけの中古車業界の情報を表も裏も発信中!軽くしていますのでスマホからもPC版で(一番下『PC版で見る』をクリック)

悪質業者さらしの場2

2017-10-05 | チーム・車屋マイナス50%

ここでは、メディアにさらされることになった悪質業者をまとめました。
お友達・ご親戚で車を購入予定の方がいらっしゃいましたら、
ぜひここを紹介してあげてください。 悪質業者さらしの場 メイン

17/10/20 日産パオ・フィガロオーナーには、また災難か?

今月まで名前が出てなかったんですね。8業者も名前を出してください。

>大阪・池田市にある国の指定を受けた民間車検場の整備士や検査員ら3人が、不正に車検を通す見返りに、中古車販売会社などから現金あわせて20万円あまりを受け取ったとして、収賄の疑いで書類送検されました。
書類送検されたのは「空港自動車工業」の実質的な経営者で整備士の、志賀直樹被告(46)と検査員2人です。
警察によりますと、民間車検場の検査員は「みなし公務員」にあたり、3人は、ことし3月から5月にかけて、中古車販売会社などから持ち込まれた11台の車について、不正に車検を通す見返りに、あわせて20万円あまりを受け取ったとして加重収賄の疑いが持たれています。
3人は、整備や検査をしないまま、車検の基準に適合したとする、うその書類を作成したなどとして、ことし7月に逮捕・起訴されていましたが、その後の調べで報酬として現金を受け取っていたことがわかったということです。
警察の調べに対し、志賀被告は容疑を認め、「会社の売り上げを増やしたいと思った」などと供述しているということです。
警察は、これまで7年間に渡って、およそ2600台の車検を不正に通し、5000万円以上を得ていたとみて調べています。(17/10/2 NHK)

>また府警は、同社に車検を依頼した兵庫県川西市の中古車販売会社など8業者についても、贈賄などの容疑で摘発した。(産経新聞)

車を制御するコンピューターを自分が用意した別の機器にすり替えてエンジンをかけ、そのまま走り去る窃盗事件が相次いでいる。「積み替え」と呼ばれる手口で、主に被害に遭っているのはプリウスだ。
警察は、新たな自動車盗の手口とみて警戒を強めている。~(17/8/1 朝日新聞)

この手口ですね。プリウスはお気をつけて。(他のトヨタ車でも聞いた事あるけど)

一昨年から和歌山や大阪で同じ種類の車を狙って盗みを繰り返したとして、自動車整備工場を経営する男ら2人が逮捕され、警察は29日までに、8台の車の窃盗などの疑いで検察に送りました。
送検されたのは、大阪府大阪狭山市の自動車整備工場経営、中田谷康太容疑者(30)と、大阪府藤井寺市のアルバイト、君原祥太郎容疑者(25)です。
警察によりますと、中田谷容疑者はドアの鍵を工具などを使って開けた上で、車に搭載されているコンピューターなどを入れ替えて中田谷容疑者の持つ鍵でエンジンをかけられるようにして盗んだということで、被害額はあわせて1300万円近くにのぼっています。(16/6/29 NHK)

16/6/23 名義貸しは犯罪ですよ 新車輸出投資詐欺?

16/3/29 2割引、3割引以上の安さで車買ったら

再犯ですね。こうして役に立つ情報だと思うんですが、サイト運営に公的支援でもしてもらえませんか?

>中古車の走行距離を実際より短く表示してインターネットオークションで販売したとして、奈良県警組織犯罪対策2課などは21日、不正競争防止法違反などの容疑で、京都府八幡市の中古車販売業、田中茂樹(52)=大阪府枚方市=と、京都府八幡市の自動車整備業、田中秀樹(45)=枚方市=の両容疑者を逮捕した。
茂樹容疑者は「間違いない」と容疑を認め、秀樹容疑者は容疑を否認している。
逮捕容疑は、平成26年9月10日~11月19日、約9万3千キロだった中古の普通乗用車の走行距離計を1万8千キロに操作したうえ、虚偽表示してネットオークションで販売したとしている。
県警によると、車は茂樹容疑者の依頼を受けた別の中古車販売業者が、8月に中古車専門オークションで購入。
茂樹容疑者の名義に変更して出品していた。11月に富山県の製造業の男性(68)が168万2千円で落札し、秀樹容疑者は諸経費を含めた現金171万320円を代金として受け取っていた。
両容疑者名義の中古車は少なくとも100台あるといい、県警は余罪があるとみて調べている。(15/5/21 産経新聞)

05/6/10 中古車のデジタル式走行距離メーターを巻き戻して改ざんしたとして、不正競争防止法違反の罪に問われた八幡市の田中自動車販売・経営者と、共犯の自営業者に対する初公判が8日、京都地裁であった。
両被告は起訴事実を全面的に認めたとの事。
報道によると、3月8日、京都府警生活経済課は、不正競争防止法違反(誤認惹起表示)と詐欺の疑いで、京都府井出町の自営業佐藤貴顕容疑者と、京都市伏見区の派遣業村岡崇昭容疑者を逮捕したのに続き9日、メーターを改ざんしたとして東大阪市灰塚の自営業横田有司容疑者を逮捕した。
また11日には、主犯格と見られる自動車販売業の田中茂樹容疑者と秀樹容疑者(京都八幡市/田中自動車販売)を逮捕した。
調べによると佐藤容疑者らは、昨年6月下旬から7月上旬にかけ、走行距離約11万キロのデジタル式走行距離計の数字を巻き戻し約4万キロに表示、ヤフーAサイトへ「走行4万キロ、格安で販売」と虚偽の表示を出し、落札した一般ユーザーから約110万円を騙しとった疑い。
また、入札に参加し値段を吊り上げた疑いもある。

Goo-netで、星4.9(口コミ86件)です(笑)
購入者には、満点の超優良店のようですよ。(GW明け、即行削除されています)

修復歴を隠して事故車を販売したのは景品表示法違反(優良誤認)に当たるとして、消費者庁は1日、大阪府八尾市の中古車販売会社「オートアクション」に再発防止を求める措置命令を出した。
消費者庁によると、同社は平成25年1月~26年5月、事故で損傷したフレームを修理した乗用車24台を中古車情報誌に「修復歴なし」と掲載し、すべて売却していたという。
また、既に売って在庫がないのに中古車8台の広告をおとりとして情報誌に出していた。
事故車は販売価格が安いため、修復歴を隠すことで利ざやを稼ごうとしたとみられる。(15/5/1 産経新聞)

メリットはなく?あるに決まってんだろ。(言い訳、変わってるじゃないか。)
自社在庫を、手広く、こっそり自前オークションやってたんだから。

>大阪ダイハツ販売」(本社・大阪市)について、中古車販売を対象に2カ月の業務停止処分を出していたことが分かった。
新車販売は可能。大阪ダイハツ販売は昨年に3回、「古物市場主」の許可を府公安委から得ていないのに、業者向けの中古車オークションを開いたとされる。
府警は今年1月、当時の社長ら4人と法人としての同社を古物営業法違反(無許可営業)の疑いで書類送検し、大阪区検はいずれも不起訴処分(起訴猶予)にした。(15/7 毎日新聞)
>古物営業法違反の疑いで書類送検されたのは、大阪市福島区の大阪ダイハツ販売と社長ら4人です。
大阪ダイハツ販売は去年、府の公安委員会の許可を得ずに中古車のオークションを開催した疑いが持たれています。
警察によりますと、大阪ダイハツ販売は去年までの7年間、無許可でオークションを開催。
およそ1万台が取り引きされ、1億2000万円ほどの売り上げがあったとみられます。
取り調べに対し、社長らは容疑を認め、「許可が必要だと知らなかった」と説明しているということです。
許可を取らないことによるメリットはなく、警察は法律の認識不足だったとみています。(1/19 共同)
>警察によると、大阪ダイハツ販売などは2007年から、30府県の中古車販売会社250社ほどにオークションへの参加を呼びかけ、出品料や成約料など合わせて2億円近くを売り上げていたとみられています。
大阪ダイハツ販売は、「社としては許可が必要だと認識していて、豊中の中古車営業部が許可を取っていると思っていた」とコメントしています。(14/8/28 ABC)
>大阪府警などの合同捜査本部は23日、不正車検の見返りに現金を受け取ったとして、加重収賄などの疑いで兵庫県芦屋市の自動車修理業、大喜千寛容疑者(55)=同罪などで起訴=を追送検した。
また贈賄などの疑いで奈良県生駒市の自動車整備会社の社長(57)と従業員(49)を書類送検した。
府警交通捜査課によると、大喜容疑者は国土交通省から指定を受けた自動車検査員で、みなし公務員。
平成22年1月から昨年10月ごろまでの間、計6153台についてペーパー車検や手抜き車検を繰り返し、計約7300万円の利益を得ていた。
大喜容疑者は「売り上げが激減したため不正を繰り返した」と容疑を認めている。(15/1/23 産経新聞)

>ペーパー車検を請け負っていたとして大阪の自動車整備会社の社長が虚偽有印公文書作成などの疑いで逮捕されました。
整備が難しいクラシックカーと呼ばれる古いタイプの車を専門に扱っており、警察は客の要望に応えるために不正を繰り返していたとみて調べています。
逮捕されたのは大阪・都島区のブリティッシュモータースの社長、澤田拓治容疑者です。~(14/11/20 NHK)

>大阪府警などの合同捜査本部は20日、必要な検査をせずに車検証発行の手続きをしたとして虚偽有印公文書作成・同行使などの疑いで、大喜千寛容疑者=兵庫県芦屋市、沢田拓治容疑者ら5人を再逮捕した。
いずれも部品不足などで修理が難しいクラシックカーを扱っていたという。
逮捕容疑は9~10月、1954年のジャガーなど、外国製の車4台について、保安基準に適合するか検査せず、虚偽の適合証を大阪運輸支局などに申請、車検証を発行させた疑い。
沢田容疑者は「検査によく引っ掛かるため、大喜容疑者にペーパー車検を依頼した」と供述。
大喜容疑者は「経営が厳しく、書類だけで車検を通せば金になった」と話している。
5人は同容疑で10~11月に逮捕され、大阪地検は20日、いずれも処分保留とした。(産経新聞)

>法定の検査をせずに車検を通したとして、大阪府警交通捜査課は30日、虚偽有印公文書作成・同行使などの疑いで、「オオキモータース」社長大喜千寛容疑者と自動車整備士の男2人を逮捕した。
府警によると、大喜容疑者は大阪府のほか、滋賀、奈良、兵庫の各県で自動車修理工場を営んでおり、近畿一円から客を集めて毎月約100台の車検を受け入れていた。
正規の検査では基準に適合しない外国製車を多く受け入れ、ほぼ全てで点検の手抜きや、書類作成だけの不正車検をしていたとみられる。
逮捕容疑は今年9~10月、乗用車とRVの3台について、保安基準に適合するか検査せず、虚偽の適合証を大阪運輸支局などに申請、車検証を発行させた疑い。
大喜容疑者は「弁護士と話をしたい」と認否を留保している。(10/30 スポニチ)

>うその書類で、車検に合格したことにする、いわゆる「ペーパー車検」をしたとして、大阪の自動車整備会社の社長ら3人が、虚偽有印公文書作成などの疑いで逮捕されました。
警察は、この会社が、月に約100件の不正を繰り返していたとみて調べています。~ 調べに対し、大喜容疑者は認否を保留し、ほかの2人は、「社長の指示でやった」などと容疑を認めているということです。(NHK)
Autoclub アウトクラブ カーコンビニ倶楽部6店舗など
>インターネットオークションでの走行距離改ざん車の販売事件で、大阪府警生活経済課などは20日、中古車販売会社社長、谷川光朗(61)(兵庫県芦屋市浜町)と従業員、広島敏幸(28)(堺市西区)の両容疑者を詐欺と不正競争防止法違反(誤認惹起じゃっき)の両容疑で再逮捕した。
発表によると、2人は共謀し、6~8月、約12万~19万キロ走行していた中古の軽乗用車2台の走行距離メーターを、専用機器を使って約5万~7万キロに改ざんしてオークションに出品。
三重県と大東市の男性にそれぞれ約24万円で販売した疑い。
谷川容疑者は「詐欺ではない」などと容疑を否認。広島容疑者は認めている。
1~8月に390台を販売しており、被害者は36都府県に広がっているという。(14/10/21 読売新聞)

>中古の軽乗用車の走行距離計を改竄し、車検を通して転売したとして、大阪府警生活経済課は29日、詐欺と不正競争防止法違反(誤認惹起)の容疑で、大阪市住之江区平林南の自動車販売会社「C&C.inc」社長、谷川光朗(みつあき)容疑者ら3人を逮捕した。
府警によると、同社や従業員らは今年1~7月、中古軽乗用車約300台の走行距離計を前回の車検時よりも少ない数値に改竄して車検に出した疑いがあり、いずれも軽自動車検査協会から車検証を交付されていた。
「メーターが壊れていた」などと説明し、審査を通過していたという。
逮捕容疑は1~2月、中古軽乗用車の走行距離計を16万5千キロから5万8千キロに特殊な機械を使って改竄し、インターネットのオークションサイトに出品、落札した沖縄県の30代の男性会社員から約53万円をだまし取ったとしている。(9/29 産経新聞)
>車同士が接触する事故が起きたと偽り保険金をだまし取ったとして、大阪府警が自動車教習所の元教官中村剛千(よしゆき)被告(38)(起訴)(大阪府四條畷市)と元教習生ら計4人を詐欺容疑で逮捕していたことが、捜査関係者への取材でわかった。
中村被告は教習所の教え子を「当たり役」にして、自分のベンツが損傷したとする2件の事故をでっち上げ、詐取した保険金を山分けにしていたという。
中村被告以外の逮捕者は、西山允史被告(起訴)、李由美容疑者の元教習生2人と、自動車修理業山本英樹被告(44)(同)。
捜査関係者によると、中村被告らは共謀し、2011年5月、東大阪市の路上で、西山被告が乗った車に接触されたとする架空の事故を損害保険会社に申告。
山本被告が傷を修復したと偽り、修理費105万円を詐取した疑い。
さらに、12年7月、同府八尾市のコンビニ店駐車場で李容疑者の車に接触されたと偽り、同様に修理費63万円をだまし取った疑い。
4人とも容疑を認めている。(14/7/28 読売新聞)

>架空の交通事故で保険金をだまし取ったとして、大阪府警が詐欺容疑で、計8人を逮捕していたことが28日、府警への取材で分かった。
中村容疑者の逮捕容疑は平成24年3月、男女3人と共謀し、大阪府豊中市で事故に遭ったと保険会社に届け出て、車の修理費など保険金計約80万円をだまし取ったとしている。
府警によると、8人のうち中村容疑者ら6人は既に起訴されており、1人は起訴猶予処分になっている。(産経新聞)
人口減少時代なのです。自動車離れではない。 の八戸ノ里ドライビングスクールですね。
必要な点検をせずに不正改造車の車検を通したとして道路運送車両法違反で起訴された和歌山市の自動車整備会社社長・滝本正次被告(61)(公判中)が、「これまで1000台程度、無点検のまま車検をしたよう装った」などと供述していることが捜査関係者への取材でわかった。
和歌山県警は23日にも、新たな容疑で滝本被告と同社役員ら計3人を和歌山地検に書類送検する方針。
捜査関係者によると、3人は共謀し、1月下旬、顧客から依頼されたクレーン車1台の点検をしないまま虚偽内容の保安基準適合証を作成し、近畿運輸局和歌山運輸支局に提出した疑い。
滝本被告は、別のトラック2台の検査分について起訴されており、検察側は今月17日に和歌山地裁で行われた初公判で「遅くとも1997年頃から、顧客の依頼に応じて不正車検を行っていた」などと主張した。(14/4/23 読売新聞) オートピットタキモト自動車
ダンプカーや大型トラックの車検を不正に通したとして、逮捕・起訴された奈良市の民間車検場の社長ら5人が車検を通す見返りに9万円を受け取ったとして贈収賄の疑いで追送検されました。
奈良市上深川町にある民間車検場の社長と自動車検査員はことし9月に全く検査を行わずにダンプカーと大型トラックの車検を通したとして客の男3人とともに道路運送車両法違反などの疑いで先月から今月にかけて逮捕され25日起訴されました。
民間車検場の社長や検査員は「みなし公務員」にあたり、客の男3人から車検を通した見返りに受け取った代金あわせて9万円は賄賂にあたるとして5人は贈収賄の疑いで25日、追送検されました。
調べに対して5人はいずれも容疑を認め、社長は「金もうけのためにやった」と供述しているということです。
警察は社長らが6年前からおよそ570台の車検を不正に通し、およそ2400万円を受け取っていたとみて調べています。(13/12/29 NHK)
車などを担保に不当に高い金利で貸し付けたとして、大阪府警生活経済課は15日までに、貸金業法違反(無登録営業)と出資法違反(超高金利)の疑いで、自称自動車販売業、小林英紀容疑者(39)=大阪市西区=、京都市の中古車販売業者「プロス」経営の山田幸治容疑者(45)=京都市=ら4人を逮捕した。
貸付総額は10億円に上る見込み。
東京、大阪、京都、兵庫の4都府県などで自営業者らに貸していた。
小林容疑者らは借り主から担保として車や手形、不動産を受け取っていた。
返済ができなかった場合、車は名義を変えて販売されていた。(13/5/15 産経新聞)
>中古車の走行距離を約10分の1に改ざんして販売したとして、大阪府警生活安全特捜隊などは8日までに、詐欺と不正競争防止法違反の疑いで、オズファクトリー(貝塚市)経営岡本仁孝容疑者ら3人を逮捕した。
岡本容疑者は否認、残る2人は認めている。
調べでは、岡本容疑者らは3月、約16万キロ走行した軽自動車の走行距離を、約1.6万キロに改ざん。
インターネットのオークションに「専門知識のない素人です」などと個人を装って出品し、静岡県熱海市の男性に約45万円で販売するなどした疑い。(07/7/15 時事通信社)

>大阪府警生活安全特捜隊と松原署は8日までに、中古軽自動車の走行距離メーターを実際より少なく改ざんし販売したとして、詐欺容疑などで大阪府貝塚市の中古車販売店経営岡本仁孝容疑者(30)ら3人を逮捕した。
岡本容疑者らは昨年8月からの1年間で、メーターを改ざんした軽自動車を少なくとも23台ネット販売し、約350万円を売り上げていたといい、特捜隊は余罪を追及する。
岡本容疑者は「従業員が勝手にやった」と容疑を否認している。(スポーツ報知)
07/5/9 「15分車検」とホームページで宣伝し、手抜き車検を繰り返していたとして、大阪府警は9日、大阪府八尾市タツミモータースの経営者龍見昇(43)、従業員の白澤貞夫と早川和良の3容疑者を虚偽有印公文書作成・同行使と道路運送車両法違反(不正証明)容疑で逮捕した。
通常の10分の1以下の時間で車検を終えたことにしていたという。
車検業務を代行する「みなし公務員」の立場を悪用し、手抜き車検をする見返りに中古車販売業者から現金を受け取ったとして、大阪府警は22日、3人を加重収賄の疑いで追送検したと発表した。
同社は、車検の手間を省きたい約110の業者から昨年1年間で3千台近い車検を請け負い、約2400万円を売り上げていたという。
調べでは、昨年9月~今年5月、中古車販売業者(同府松原市)所有の外車18台について、規定の整備をせずに保安基準適合証を作成し、大阪運輸支局に提出。
その見返りとして1台につき現金8千円、計14万4千円を販売業者の社長(46)から受け取った疑い。
通常、車検の所要時間は2時間前後で、費用は1万5千円かかるという。
府警は同時に、この社長も贈賄容疑で書類送検した。(07/6/22 朝日新聞)
奈良県警捜査二課などは4日、「車を持ち込まずに車検ができる」と持ち掛け、車検をせずに保安基準適合証を作成する「ペーパー車検」の見返りに金を受け取ったとして、加重収賄などの疑いで奈良県五條市、「五条自動車整備工場」の経営者、東林信宏容疑者(34)を逮捕した。
東林容疑者は05/1~06/9にかけ、京都府や和歌山県の三人の建材業者から頼まれたダンプカー24台について、車検をせずに保安基準適合証を作成し運輸局に提出、見返りに計129万円を受け取った疑い。
5年ほど前から、あわせて330台ほどの車検を不正に通したと話しているという。(07/1/4 読売新聞)
01/4/2 公正取引委員会(公取委)は、大阪の中古車販売店「カータウン」がメーターを改ざんして中古車雑誌に掲載させたとして不当景品類及び不当表示防止法違反で排除命令を出したことが明らかになった。
公取委の調べでは、同社は『カーセンサー[関西版]』や、『Goo[関西版]』などの中古車情報誌に走行距離を改ざんた商品25台を掲載していたという。
走行距離はひどいものは10万kmも少ないものと取り替えていた。

Defi(旧Zion) キーワード毛皮、デート商法

元気カンパニーの『オーダーグループ』
業者販売は出来ない訳アリ車輌ばかりのニセ広告。公取から何度も注意。

ジャンル:
購入
コメント (54)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 悪質業者さらしの場9 日産特設 | トップ | 『980円の中古車を買ってみた... »
最近の画像もっと見る

54 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (C4)
2006-09-24 17:40:03
初めまして、C.I.A.様。私、C4と申します。

ペーパー車検とはなんというふざけた野郎かと思いますが、そもそも車検という存在に疑問を感じる時もあります。車検を義務としているのは日本くらいですし、



以前月刊販売台数でカローラがキューブと数十台差で勝ったというのを雑誌で見たことがあるのですが、あれももしかしたらキューブの方が1位だったのでは?と思ってしまいます。



C4さま、コメントありがとうございます。 (C.I.A.)
2006-09-24 18:50:55
車検制度は、どうなのでしょう。

業界に入ってから、日本では必要だと思うことが多くなりました。



「壊れないものだ。」と思っている人が多いのです。



逆に言うと、「壊れたら車屋が悪い、メーカーが悪い。」と思う人が多いのです。



諸外国ですと、買ってからは自己責任、壊れたら自分で直す、というのが常識ですが、日本はそういう文化ではないようです。



なので、強制的にプロが車の健康診断をするというのは、日本では必要なのではと思ってしまいます。





あと、トヨタネタですね。



業界内ではカローラ1位では、ないのです。

だって、カローラってセダンもワゴンもハッチバックも全部ですから。

しかも数字のために、関連企業の営業車としてどんどん乗り換えさせています。

環境を売りにしているメーカーにあるまじき行為ですが、まぁそんなものです。



また、気軽にコメントしてください。
車庫飛ばし (B)
2007-01-11 00:13:13
はじめまして。
実は僕の勤務してる某輸入車ディーラーは“車庫飛ばし”を以前からしているのですが…
大阪トヨタと同様、社員や取引業者などに販売したように見せかけて販売台数を水増し、そして輸入元の会社からインセンティブ(金額は知りませんが○百万、○千万という単位らしいです)をもらっています。
このような不正は許されるものではないと思います。やはり警察に報告するべきでしょうか?その場合内部告発したことは会社に知られることは絶対ないのでしょうか…?
アドバイスをいただけるとうれしいです。
Bさま、コメントありがとうございます。 (C.I.A.)
2007-01-11 10:52:16
ぜひ行動してください。
公益通報者保護法というあなたを守ってくれる法律も今年度から施行になっていますし。

警察、メディア(マガジンXとか飛びつきそう)、そしてインセンティブについて不正な処理が(ポッケに入れる等)あれば国税局、に連絡してみてください。

実名なのか匿名なのかなど、色々な方法があるようです。


Bさまの勇気ある行動で、業界が浄化されます。

頑張ってください。
ありがとうございます (B)
2007-01-11 23:07:46
そうですよね!これはイケナイことなんですよねっ!!

実は1ヶ月ほど前に勇気を出し読○新聞社に電話して内部告発をしてみたのですが、『車庫飛ばしって何?』とか『警察が動いてないならココに電話されてもねぇ』と冷たく対応されてしまいました。確かトヨタの件はこの新聞社の記事だったような気がしたのですがね…

今月中にも警察に届けてみようと思います。
もし報道などされたらぜひブログにUPしてくださいね。
ミヤビコーポレーションについて (tomx2cat)
2007-01-11 23:10:17
こんど、ミヤビコーポレーション(thirty)で中古車を購入予定なのですが、修復歴有りで、車体価格128万、乗りだし150万で。どうでしょう?不安になってきましたが?
素晴らしい (C.I.A.)
2007-01-12 10:40:09
もう行動されているのですね。Bさまのような方がいらっしゃる会社ならきっと潰れることはなく浄化されるでしょう。

新聞社は部署が細かく分かれてますからね。
(大阪トヨタの記事を書いた人と指定すればよかったかもしれません。)

とにかく、直接的に消費者に被害があるのではないですが、犯罪です。

頑張ってください。
tomx2catさま、コメントありがとうございます。 (C.I.A.)
2007-01-12 10:48:00
ん~、どうでしょう。この会社については、結構メールで相談をいただいてますが・・・。

車種も年式も一般的な相場に対してどうなのかが分かりませんので何とも。
ありがとうございます (tomx2cat)
2007-01-12 22:33:10
不安になったので、電話で購入の返事をしただけだったので、キャンセルの電話をしたら、キャンセル料金30%と言われました。H16年式アテンザワゴン23Z赤、修復歴有り。車体価格128万、乗り出し価格150万です。キャンセル料金も払えないので、一応購入する予定です。また、分からないことがありましたら、教えてください。全くの素人なので。
tomx2catさま、ちょっと、ちょっと、ちょっと (C.I.A.)
2007-01-13 00:46:17
コメント欄で会話するのはどうかと思いますが、急を要しますのでしょうがない。

そんな一方的な事を言うやからに従う必要は全くないですし、そんなことをいう車屋から買う必要があるとは思いませんが。

キャンセル料30%とは、全くふざけてます。
契約書に判を押す際に事前に言われていたのならともかく、おそらく電話で「キャンセルしたい」と言ってから出てきたことでしょ?
何の法的拘束力もない脅しです。


tomx2catさまが契約書に判子押す前に、見てくださいね。

コメントを投稿

チーム・車屋マイナス50%」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。