さあ!ドアを開けよう♪ 女性軍師は今日もゆく。

企業研修講師&大学非常勤講師の日々徒然。
~ 貌言視聴思(ぼうげんしちょうし)~

本の話 『発達障害のわたしのこころの声』 星野あゆみ著

2017年04月21日 15時40分47秒 | 
発達障害のわたしのこころの声 (ヒューマンケアブックス)
クリエーター情報なし
学研プラス


※本の画像をクリックすると、アマゾンのページに行けるように、リンクしてあります。


大学や、その他の機会を得て、発達障害については、
全般的に、また特にこどものケースについて学んでいますが、
なかなか、発達障害をお持ちの大人が働いたり生活するうえでの
具体的な困りごとやコミュニケーションの取り方を
学ぶ機会がないので、この本を選んでみました。

学校には、1割以上の発達障害児がいるということですので、
大人の社会にも、同程度いらっしゃるはずなんですよね。
会社にもきっと同じくらいの割合で、いらっしゃるし、
お客様にも、10人におひとりはいらっしゃるということになるわけです。

かなりの割合ですので、コミュニケーションを専門にしている以上、
知識をもっておかねば、というのが、学ぶきっかけでした。

いろいろな本を読んでいますが、
この本は、発達障害をお持ちで、しかも、高学歴で大学を卒業し、
企業でしっかりと働き、結婚もなさっている方が、それでも個性的で困るという
自分のことを、セキララに書いていらっしゃるので、とっても具体的で臨場感があります。


とくに、怒りの専門家でもある私にとって、興味深かったのは、
イライラするときや、怒りを感じることを、
具体的な場面で、どんな気持ち、また、考え方をするかを書いてくださっているところ。

本文の合間に、ときどき、出てくるマンガになっている部分だけを
少しだけ紹介すると、こんな感じ(^^)。↓



大人になると、子ども時代よりも、経験が増えて、こんなときはどうすればいいかを
身につけていっていらっしゃるので、困ることも減っているそうです。

でも、この本を読んで思ったのは、
たしかにちょっと偏りもあるし、極端なところもあるけれど、
障害の診断を受けていない人でも、多かれ少なかれ、
似ているところや近いところ、同じように感じたり思うところがたくさんあるなぁということ。

世の中の人が皆、発達障害をお持ちだと思って、
「察してほしい」とか、「わかるはず」などと勝手に思わずに
丁寧に、言葉にしたコミュニケーションを取ると
職場で、またはお客様対応で、ご近所付き合いでも、ママ友でも、
コミュニケーションがうまくいきそうな気がします。

いろいろな意味で、大変勉強になりました。

『本』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ペンギンは、ペンギン。 | トップ | 『血圧を測るだけ!で長生き... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。