RAKUDA通信 海外添乗員の最新旅情報! 

アジアを中心に世界の国々へご案内!㈱キャラバントラベルのスタッフによるブログ。コメント、ご質問歓迎!

黒水城(カラホト)に行って参りました。

2008年10月10日 14時27分23秒 | 添乗報告
東京支店の指田です。
9/28日から中国の内モンゴル自治区と寧夏回族自治区に西夏王国の遺跡と胡楊樹の黄葉を見に行って参りました。
西夏王国はチベット系タングート族の李元昊が1038年に興した国で新疆から北京の東西商路とモンゴルから河西回廊の南北商路を押さえ、中継貿易で栄え、また独自の文字西夏文字を作った文化的な国ですが蒼き狼・チンギスハーンに1227年滅ばされました。
井上靖の小説「敦煌」にも登場しました。
  
河西回廊の南側に聳える祁連山脈(前漢時代にこの地域を支配した匈奴の言葉で雪山の意)の氷河から端を発した黒水河(エチナ河)ははるか先・ゴビ砂漠の真っ只中にあるカラホトまで流れます。ここは上流地区で悠々と水が流れていました。
 
甘粛省から内モンゴル自治区に入るとたくさんのラクダに出会います。古来よりラクダは「砂漠の舟」と称されているシルクロードの交易に欠かせない動物です。内モンゴル自治区は中国でもラクダの放牧数は一番みたいです。

周りはあたり一面のゴビ砂漠。人の気配、生物の気配も無い。本当に何も無い。
 
エチナで私達を向かえてくれたのは胡葉樹。胡葉樹は「立って千年、枯れて千年、倒れて千年」でこの世に3千年姿を残す木として知られています。ちょうど、黄金色に黄葉し始めたところです。
 
カラホトに到着。砂嵐でした。夕陽の時間に合わせていきましたが綺麗な夕陽は見られませんでした。
ヘディンによると都城は北壁445m、南壁425m、東壁405m、西壁357mの不規則な四辺形の城壁で囲まれており・・・仏塔、回教寺院、墳墓址も発見された。チンギスハーンはこの城を落とす時にここを流れる黒水河の流れを堰き止め、流れを変え城に水を流さないようにしました。西夏王国の当時を偲ばせる物に敦煌莫高窟の第409窟に描かれた西夏王の壁があります。また、ロシアのコズロフは20世紀初頭カラホトから「勝三世明王曼茶羅図」と「阿弥陀来迎図」を発見しロシアに持ち帰りました。今は、サンクトペテルブルクのエルミタージュ美術館にあります。
カラホト自体は西夏王国の都ではなく、軍事上、経済上重要な要塞で黒水鎮燕軍と呼ばれていました。

エチナから丸一日走り阿拉善左旗(バインホト)に行きました。前日に降った雨で賀蘭山の山頂は雪が積もっていました。

内蒙古自治区のハミ瓜は美味しいですよ。旅行中は何個食べたかなー。
 
内蒙古自治区とかつての西夏王国の都があった銀川のある寧夏回族自治区の境です。ここに明代の長城も残されています。

銀川郊外の西夏王陵。これは一番大きい3号陵で李元昊の墓と言われています。
10日間の旅も無事終わりました。有難うございました。
クリックして、こちらも応援して下さい。




ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« バングラディッシュ | トップ | 読書の秋 おススメ本 »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
連絡 (有貴)
2008-11-09 12:38:58
会社案内
寧夏招商国際旅遊有限公司は,中国招商国際旅遊管理公司も資本を参加する国際旅行社です。創業以来,全従業員の努力によって、いま寧夏観光業界では主な企業に成長を遂げました。2002年,国家旅遊局に批准され、中国公民海外観光業も経営しております。
弊社は中国旅行社協会に加盟しており、寧夏旅行社協会副長も兼務しております。国際の主な観光会社、国内観光業界の関係業者と緊密的な協力関係を結んでおります。国際旅遊センター、海外旅遊センター、国内旅遊センター、ビジネス会議展示センター、チケット手配センターを経営する部門を設けております。観光に関する手配が順調にでき、各分野の日本語、英語の通訳、翻訳も得意です。
国際旅遊中心のスタッフは, 専用列車日本ツアーを順調に、中日高校生登山団もスムーズに手配しました。90年代から2005年まで、寧夏政府関係部門に頼まれ,何回もチャーター機の島根県から100人以上の政府訪問団、県民交流団、文化交流団、芸能交流団、植樹団の手配、通訳、ガイドも大成功しました。遼寧省調兵山地方鉄道、河南省平頂山鉄道、四川省嘉陽(芭石)鉄道、甘粛省の白銀鉄道、窯街~建設坪鉄道の蒸気機関車撮影ツァーのご案内も得意で,英語国からの特殊ツァー、シリーズツァーの手配も順調でした。
1992年から最初「幻の西夏王国.カラホト(黒水城)」コースを開拓し,今までずっと順調に手配、案内しており,2007年からまた西寧~チベットへ行く「天空の列車」ツァーを順調に手配、案内しております。寧夏、内蒙古の阿拉善(アラシャン)左旗の沙漠緑化植樹ツァーの手配も得意です。
今,日中平和観光(株)と契約、全日本中国旅行(株)、サポートツァー(株)、21世紀(株)等の観光会社と協力する旅行社です。
中国西部大開発が盛んに発展し、国民の観光の意欲が強くなって、観光業に関する施設も段々改善するこの時代,寧夏招商国際旅遊有限公司は,強い実力、より良い効率重視のサービス、信用第一を重視し、お客様に良いサービスを提供いたします。
中国観光、寧夏観光に少しでも関心がございましたら、電話はもちろん、メール、ファックスなどでご連絡をいただければと思います。スタッフ一同、心よりお待ちしております。
弊社との連絡方法:住所:銀川市南薫西街370号(寧夏対外経済貿易ビル1F)
FAX:86-951-4120886 or 5013110 TEL:86-951-4111886 4100301
副社長兼国際センター長:有貴  携帯電話:86-13909508798
メール:dengyg@hotmail.com(MSN可)
http://www.seikatravel.com/jp
skype: dengyougui QQ:786078406
白銀SL撮影に関する情報 (有貴)
2008-11-09 12:44:19
白銀SL撮影に関する情報
中国ではSL撮影できる場所が段々少なくなって来ています,河南省の平頂山では「上遊」型車が既に停止、走行しているのは半分DL、半分「建設」型車だけ、これでも2008年末まで、年末になると全部DLになるそうです。
白銀では,「「建設」型車が数年前に既に廃棄、「上遊」型車がまた走行しています。年中撮影ができますが,冬のほうが煙が多く撮影によりいいです。鉄道の従業員の話によりますと,白銀のSLは少なくともまた2年か3年ぐらい走行するでするでしょう。
 ここでは,四川省の芭石ほど綺麗な自然景色がなく、草もあんまり生えてない石山ですが,鉄道は石山の麓にあり,坂も、カーブも多く撮影に理想的な処です。撮影場所が大体6つあります。市内位置する始発の臨時駅、六㌔、三冶錬、深部等ですが,三冶錬~深部までは坂、カーブが多く鉄道側の山からからでも真正面の山からでも,素晴らしい写真が撮れます。
 通常、北京、上海、広州、青島などの都市から航空便にて蘭州空港に到着後,専用車にて高速を2時間30分かかって白銀へ。
  ホテル:より安いのは電鑫賓舘(三つ星)ですが,よりいいのは白銀賓館です,もちろん,約6千~9000円ぐらい高くい四つ星(或いは四つ星相当)のもあります。どちでも山中の撮影地までの距離は約25㌔です。

担当者:有貴 携帯電話:86-13909508798
Tel:86-951-4111886 / 4100301  Fax:86-951-4120886 / 5013110
メール:dengyg@hotmail.com (MSN可) Skype:dengyougui
ホームページ:http://www.seikatravel.com/jp
QQ:786078406

カラホトコースについて (有貴)
2008-11-09 12:47:59
「幻の西夏王国.銀川.カラホト(黒水城)」コースについて
近年来,北京.上海.西安などの都市を経由して,寧夏回族自治区の首府である銀川の西郊外、賀蘭山の東麓に位置する「中国のピラミッド」と呼ばれる西夏王陵、「古代遊牧民の史記」と称される賀蘭山岩画などを1日間見学して,760㌔のアスファルトを黒水城(カラホト)へのツァーがどんどん増えてきています。下記に,このコースの道状況とホテル様子を紹介しまして,ご参考となればと思います。
一  道状況
通常,銀川~烏力吉まで380㌔,バスで約5時間30分かかります。ここでは武装警察辺防(国境線)検察站(検査ステーション)が設けてあります。中国大陸国民でも身分証で通りますが,他のお客様なら通過許可証が絶対必要です。此処でお客様が昼食を取る時,ガイドが事前取った外国人許可書を持って,辺境検察ステーションで登録します。烏力吉~額済納旗までは380㌔の狭いアスファルトで,約5時間30分かかります。
2007年9月末までは,額済納旗~黒水城(カラホト)への道は砂利道でした,,四輪駆動車ではなければ通れませんでした。特に毎年10月15日から,そこへ行く途中の黒水河の水が多いと,なかなか通りにくかったです。
昨年(2007年)の10月末に額済納旗~黒水城への道はアスファルトと黒水河橋が完成しましてバスでも観光でき,便利になりました。けど,万が一大雨が降ったら,2、5塔へのはやはり四輪駆動車ではなければ行かれません。
額済納旗(エチナ)~酒泉への道は,中国大陸人なら,酒泉衛星発射基地へのアスファルトが通れますが,中国大陸以外のお客様がこの道を通ってはいけません,360㌔中の260㌔が道とは言えないほどすごく悪砂利道で,11時間ほどかかり,お客様が大変疲れます,だから,2006年から,部分のツァーがカラホトの見学後,またバスにて銀川に戻ります。

二 ホテル状況
銀川と阿拉善(アラシャン)では,ホテルは問題は無いです,額済納では、一番良いホテルは額済納飯店(3星)です,通常なら大丈夫ですが,9月25日から10月上旬行われる毎年の胡楊林祭り期間には,良いホテルは急に政府に徴用され,ほかの3星相当か2星相当のホテルに手配することが多い。
以上の情報は寧夏招商国際旅遊有限公司 国際センターより提供致します。
また何かの情報が需要なら,ご連絡ください。
担当者:有貴 携帯電話:86-13909508798
Tel:86-951-4111886 / 4100301  Fax:86-951-4120886 / 5013110
メール:dengyg@hotmail.com (MSN可) Skype:dengyougui
ホームページ:http://www.seikatravel.com/jp
QQ:786078406

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。