RAKUDA通信 海外&国内 添乗員の最新旅情報! 

こだわりの旅で世界の国々へご案内!㈱キャラバントラベルのスタッフによるブログ。コメント、ご質問歓迎!

ルーマニア・ブルガリアの旅へ行ってきました!Part 3

2017年06月14日 09時30分31秒 | 添乗報告
現在もなお人々が暮らす中世的城塞都市であり、「ルーマニアの宝石」とも称えられる美しい街並み。
トランシルヴァニア・ザクセン人の850年に及ぶ歴史と文化の例証として、1999年にユネスコの世界遺産に登録。
今日は世界遺産シギショアラ歴史地区をご紹介します。

駐車場でバスを降り、歩いて小高い丘の上に広がる歴史地区へ石畳の坂道を登ります。

坂を登りきると、シギショアラの街並みが一望できます。

歴史地区のシンボルでもある時計塔です。通常は外観のみの見学ですが、今回は中に入って見学しました。

階段で時計塔の最上階まで登ります。かなり狭いので、人が多いと通り過ぎる時に難儀しそうです。


途中、展示室が幾つかありました。ひと目で古いものと分かります。歴史を感じますね。


最上階へ登ると、時計のカラクリ人形、時計の内部構造も見られます。確か、17世紀の代物です。


時計塔最上階からの眺めです。







東京まで8,890㎞。この方向なんですね。飛行機がない時代は想像もつかない程遠くに感じられたことでしょう。

観光客が少ない路地にて1枚。寂しげな雰囲気がなんとも言えません。

定番のドラキュラ伯爵の生家です。レストランになっており、昼食はこちらでドラキュラメニューをいただきました。

最後に時計塔と街並みのショットです。さようなら、シギショアラ。


では、本日はここまで。また次回をお楽しみに。

山根




いつもご覧いただきありがとうございます!


ブログランキング、ここをクリックして応援してくれると嬉しいです!お願いします。



人気ブログランキング

新企画も続々登場!魅力的なツアーが満載です!こちらへも是非お立ち寄り下さい。





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ルーマニア・ブルガリアの旅... | トップ | ベトナム中部へ行ってきまし... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。