歯内療法歯科で偉い目に合いました…抜髄しなくてよかった小さな虫歯が歯科に行く事で4年半も噛めない現実

歯科での医療事故、医療ミスにあい、やりきれない気持ちではじめました。

やっぱり歯を残したい…

2017-07-31 09:22:09 | 手術に至るまで
先生に入れ歯と言われ、帰ってから家族に報告した。
インプラントにしようと思うと伝えると

👤「えっ?インプラントって大変やねんで。
  骨にチタン埋め込む手術するって聞いたけど」
🙍「う、うそぉ~」
👤「前にインプラントかブリッジか迷ってて、先生にインプラントは
  色々トラブルがあるから、もうしていませんって言われたって話したよ。
  メンテナンスにずっといかなあかんから、行けるうちはいいけど
  年いったら大変みたいだし、いざ外そうとしたら
  骨が巻きついてて、大手術らしいで」
(あくまでも、この時の主治医の意見を、私に伝えたので、インプラントに対して
これが正確な情報であるかは、不明です。)

そうだった。確か怪我をして前歯が折れて、その時の先生が
歯をうまいこと入れてくれたけど、もって5年と言われブリッジにしたのだ。

その時に、前歯で自費だったので、費用的には、あんまり変わらないし
インプラントにするか、ブリッジにするか悩んで、そう話を聞いてブリッジにしたのを思いだした。

ひぇ~そうなったら、私に残された道は、歯を抜けば入れ歯しかない。
ここは、抜歯を慎重に考えなければまずい
この年で、入れ歯って悲しすぎるし、恥ずかしいと思い
この時は、入れ歯を受け入れられなかったのです。
(入れ歯の方、ごめんなさい。今は、もう覚悟しています。)

そして、悩んだ末、歯科へ電話をしました。

🙍「すみません、どうしても抜歯の覚悟ができません。
  以前は7回位洗浄してからと伺っていたので、抜かない方向で
  最初の先生がおっしゃったように洗浄だけでも
  試してからでは駄目ですか?
  最初おっしゃった先生も抜歯の方が良いとお考えなんでしょうか?」
と伝えると、最初の先生に代わってくれました。

会話の内容は、はっきり覚えていませんが、もう一人の先生に
凄く気を使われている感じで、先生のご意見は伺えず

👽「そしたら、次回の時は抜歯しないでおくから!」
と言われました。

でも、結局は抜歯という結論だったので、この時の私は、まだ決断できず
この歯科へは行けませんでした。もちろん、きちんとお断りの電話は、しました。
次回へ




『闘病』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« い、入れ歯!? | トップ | 根の治療専門歯科へ① »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

手術に至るまで」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。