第1371話 忘年会幹事

2016年11月06日 02時58分27秒 | 働く・「職業婦人」

忘年会幹事に任命された。

やるからには本気で、を旨とする。

 

まずは、日程調整から。

幹事になると立場逆転、参加者の誰よりも弱くなる自分の都合。

参加者はたとえ予定がなくとも この日は飲みたくないな日がNGデーとなり、

参加者が多くなればなるほど、この日は行ってもいいよ日が限られる。

みなさんの「予定確保」を迅速に・・・

 

忘年会特集、個室確約、5,000円以下・・・

さまざまな角度から情報検索を繰り返し、口コミチェック。

忘年会、歓送迎会の過去店チェック。 今年の流れを読む。

何を重視するかで 変わってくるお店選び。

今年は周りを気にせず、親睦を深めるため 雰囲気(個室空間)重視。

場所も大事・・・大いに悩む。

 

案内状の作成。

みなさん、さっと目がいく会費の数字。

例年より値上げを行うと味に対する評価が厳しくなるので

料金据え置き。

忘年会に期待を持っていただけるよう A4サイズに楽しさを盛り込み、

完成。 今週は忘年会開催の告知から始まる。 反応が楽しみ。

都合に関しては非力だが、進行に関しては絶大な権力を握る幹事を楽しむ。

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第1370話 新しい手帳 | トップ | 第1372話 アイアムアヒ... »

コメントを投稿

働く・「職業婦人」」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。