Motor Rock Life!!南方見聞録

Cannonballrush!!Vo/g,Captain,JerryのMotorRockな徒然帳。

recording #1

2017-06-19 07:07:45 | 日記
レコーディング期間のピリピリ感みたいな…

そういうのは…実はあまりなくて…

比較的ノンビリ構えて、サッ!と終わらせて、

みたいな…。そういう新鮮もぎたて!みたいなのが好きだから。

どんなことでもそうだけど、構えすぎると大体、力みすぎ、なんかみょうに気合いの空回りで終わっちゃうんだよね。

適当に、っていう最高の言葉があるじゃないか。

このさ、

適当!って、すっげーかっこいいと思わない?

適度に当たり前の…って、ある意味大正解じゃんね!

手抜き!って意味じゃ無いんだよ!


きちんとやる!的な意味なんだよね。

良いじゃん!


で、

レコーディングなんだけど、

リズム隊が完了、
いよいよギターの録音!

リアンプなんてするわけない!(笑)
シュミレーターやエフェクトも全然使わないから(笑)

ひたすら古い真空管アンプのパワーチューブに気合い入れて、

爆音でドーン!と(笑)

サラッとこなして、ライキにパスしたいね!

レコーディング期間で、実際にギター触る時間は限られてるし、毎度、毎度、それよりディレクションをしっかりすることの方が大変だから。

スタッフやエンジニアやら、チームとしてどんな作品にしたいのか?

完成したイメージをしっかり共有していることの方が大事なんだよ。

で、

それを伝えていくのは、俺の仕事だから(笑)


そっちに時間を使う事が1番重要!

メンバーにも、エンジニア、スタッフ、全員に、


新曲はこういうイメージで!

新作全体はこんな世界観!!みたいに熱く!熱く!

暑苦しいくらいに語り、伝えていく、理解してもらえれば、


細かなギターラインやベースラインを煮詰めるより遥かに、作品として素晴らしいモノが仕上がる!


1950年代からあるやり方を、ある意味、未だに貫いていたいんだよ。


売れる作品を作りたいなんて思わないし、

世の中に迎合する気は一切無い!

人様に褒められるような人生を歩むつもりも無い!


なんなら、

人間としては、とんでもないろくでなしで構わない!

それよりはるかに大事にしてきた事は、俺の中で1度もブレてない!


評価されるかされないか?

は、

世の中に作品を発表した時点で必ずなんらかの評価をうけるわけだし、

だからこそアートなんだろね。


俺は、誰かの、知っていたい、知ってる何か。になりたくはないんだよ。


誰かの、持っていたい。持ってる何か。として作品を作り続けたいのさ。


聴いた人だけが共有できる世界観を、

作り上げたい!

躍動する人生の果てなき旅のような時間の中で、BGMとして、

気持ちの中で鳴り響く賛歌として、

モーターロックは存在していたい。


人生を走れば、走るほど見えてくる過酷な現実と、走れば走るほど噛み締められる小さな幸せの数々、

走れば走るほど感じる全ての時間の積み重ねと同じスピードで。

時には押され、時には、引かれ、時には並走し。
夕陽が綺麗な時間には、一緒に立ち止まるような、

そんな魂のBGMとして、


モーターロックを貫いていきたいだけなんだ。



今夜はギター録音!!

真夜中のドライブサウンドが、
きっと言葉よりも近くに感じるように!!


自然体のままで、少しバイクに乗って風に吹かれてから、ブースに入ろう!!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« all the young dude | トップ | Shot in the sunset time. »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。