朝寝のカプ

ネコは夜行性
そのため朝は食事の後
すぐに眠くなる
人間と同じか

変わる陸奥国分寺界隈

2017-05-12 05:36:20 | 日記
仙台市内には歴史のたたずまいを想像させる場所がいくつかある
その一つ、散歩コースにもなっているが、陸奥国分寺周辺を歩いてみた

しばらく行ってないうちに、変わった建物が今、建設中だ
奈良時代を思わせる、朱色が使われ、道路沿いからも大変に目立つ。
細長い回廊とその奥には展示や解説スペースと思われる建物がある

陸奥国分寺は現在、正面の玄関とでもいえる仁王門と鐘つき堂そして
薬師堂が残っている。
参道に残る礎石はごつごつとして歩きにくいが
雰囲気のある風情だ

朝早くから寺のお坊さんが箒を持ち参道を掃除していた中々絵になる風景で
写真を撮ろうと思ったが、忘れてしまった
初夏近い季節、ゆっくりと周辺を歩いてみるのも一興か
奈良の時代に思いをはせて・・・
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日常茶飯事ではない日々 | トップ | 支倉常長の謎 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。