朝寝のカプ

ネコは夜行性
そのため朝は食事の後
すぐに眠くなる
人間と同じか

義経逃避行

2016-10-20 06:43:00 | 日記
京の都から源義経は妻とともに北を目指した。
源家の九男で九郎と呼ばれていた。頼朝と母の違う弟となる。
一の谷の闘いなどで武勲を上げた義経、
その勢いを恐れたのか、頼朝は次第に義経が疎ましくなる。

頼朝に従順な姿勢を見せれば逃避行もなかったかもしれないが、
義経にはその情勢が見えなかったのかもしれない。

逃避行は日本海側を北上したという説や、
宮城、山形県境付近を北上したという説もある。
かつて、宮城県の作並で話を聞いたことがあるが、
その土地にはこの辺りを通って平泉方向に向かったという話を聞いたことがある。
同行したのは郷御前(さとごぜん)お腹に子供を抱えての逃避行だったと伝説に残っています。
道中、出産、平泉への道のりを急ぎます。

途中、義経一行が向かっているとの知らせを受け、
藤原氏は150騎の武者を派遣、警護しながら平泉に向かったと伝えれています。
源氏の御曹司として厚遇された義経、
しかし泰衡の代になって鎌倉からの圧力は日増しにまし、
ついに攻め滅ぼされるや自刃に追い込まれる運命となったわけです。

判官びいきならぬ、悲劇の武将として描かれる義経、
今、平泉の義経堂にその像が飾られています。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 学校がなくなった | トップ | 朝の連ドラにケイト 出演 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。