朝寝のカプ

ネコは夜行性
そのため朝は食事の後
すぐに眠くなる
人間と同じか

赤い絲の物語

2017-07-08 04:46:43 | 日記
ネブタの制作小屋は、青森港のラッセランドに立ち並んでいる。
アオモリとしては猛暑、テントの中での作業だけにまさに熱気が漂う
小屋を抜けると、強い日差しではあるが、時折、頬を海風がやさしく触れていく

この海岸沿いに、様々な記念碑が立ち並んでいる。この記念碑の後ろの白いテント地のものが
ネブタ小屋。

記念碑の中の一つに
「赤い絲のモニュメント」というものがある。
3人の学生服姿の写真が写っている。
左が太宰治、中央が弟の礼治だ。太宰が青森中学時代のものだ。
太宰は私の学校の先輩にあたる。今は新制、青森高校だ。

この赤い絲の話は、作品集「晩年」の中に太宰が少年期を描いた「思ひ出」の中に
収録されているもので、青函連絡船を眺めながら、男女を結ぶ赤い絲について
語り合っていた因縁から、この場所に置かれているのだという。

港には今は運航することはないが、青函連絡船「八甲田丸」の姿を見ることができる
メモリアルシップとして、黄色い船体は往時の面影をわずかに残して佇んでいる
ねぶた祭りも間もなくだ。また祭りについては、明日でも書こう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 北国からの生還 | トップ | 若いねぶた師,輩出 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。