明日を信じられる時代になって欲しい。日常の活動日記

時事ネタ 京都 散策 歳時記 花見頃など

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

サウジアラビア王家=サウード家は隠れユダヤ人

2013年06月16日 22時50分25秒 | Weblog
サウジアラビア王家=サウード家は隠れユダヤ人

(Thot Diary)より

2002年、まだフセイン政権の時代だったイラクにおいて、同国の諜報機関がひとつの報告書をつくりました

●「2002 Iraqi Intel Reported Wahhabis Are of Jewish Origin」
http://p.tl/Bfrh

サウジアラビア王国は、イスラム教のワッハーブ派を国教とする政教一致国家ですが、そのワッハーブ派なる教義・教派は、英国諜報機関(英国はもちろんユダヤ国家)が捏造したものです。

このワッハーブ派、18世紀に世に登場しておりますが、オスマン帝国はもちろんワッハーブ派を弾圧していました。なぜならば、ワッハーブ派はカルトだったからです。

そしてこのワッハーブ派を奉じるサウード家が、第一次大戦後にユダヤ英国の支援を得てアラビア半島の大半を征服し、1932年に建国したのが、サウード家のアラビア王国、すなわちサウジアラビア王国です。

さらに、このサウード家、もともとはイラクのバスラ出身のユダヤ人だそうです。

●Zionist Rulers of Arabia
(SECRETS OF ZION)
http://p.tl/-lRX

サウード家がワッハーブ派を信奉している(フリ)をしているのは、ワッハーブ派が(表向き)イスラム教最強硬派の教派であり、最強硬派を偽装すれば「隠れユダヤ人」と疑われることがないからでしょう。

そして、サウジ王家(サウード家)が「隠れユダヤ人」であるならば、ユダヤシオニスト国家・アメリカとサウジアラビア王国とが蜜月関係であることは何ら不思議なく了解できます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2000年の段階で既に集計... | トップ | 【斎藤一人さん】 奇跡の話... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む