ケパとドルカス

『肝心なことは目では見えない』これは星の王子さまの友達になったきつねの言葉。

桜とモクレン、散った花びら

2017年04月21日 | 随想
桜の季節が終わった。(上田市玄蕃山公園)桜は散る時すら賞賛される。チェーホフは狂気と表現したが、見る間にはらはらと散る様は、「花吹雪」と称されて実に美しい。その花びらで埋め尽くされた水面や地面を見る時、惜しむ気持ちが高まるのはどうしょうもない。
(上田城址公園の堀を見下ろして)

下写真は上信越道の横川SAで)

しかしほぼ同時期にモクレン、その散り様は桜と違って、潔(いさぎよ)くなく
「花は見るからに堂々として美しいのに、散る時はだらしない様に見えて。」とドルカスは感じるようだ。

潔いとはこの場合、桜の散り様のことで「執着しないので、すがすがしい」と感じることのようだ。しかしモクレンは桜のように一時に散らず、花吹雪どころではない、「落ちたくない」とばかりタラタラと落下するので、どうにも「だらしない」と映るのだろう。

確かに潔いとは日本人の美学のようである。武士道ではもちろん、太平洋戦争末期、島々で日本軍が絶望的なバンザイ攻撃を繰り返したのも、散り際の見事さと通じる所があるのではないか。

ところで私は桜の潔さはもちろんわかるのだが、モクレンのしがみつきに、「だらしない」とまでは感じない人間だ。モクレンには次の様な思い出がある。

まだ家族でいたふた昔前の教員時代、春と言えば送別会、転任者歓迎会が続く懇親会のシーズンであった。(※その頃はクリスチャンであっても、まだ酒を飲んでいた)
そんな宴会が済んで、酔ってのしんどい帰り道、なぜかいつも一本のハクモクレンの木の下で一息つくことが多かった。白い花びらの下でしばらく休んで一息つき、やおら酔眼で見上げると、夜目にも鮮やかな白いモクレンの花を、私は忘れることができない。
美しさも親しさも感じないモクレンではあったが、まるで燈火の明かりのような白い花の下で「自分はいったい何をしているんだろう?」と空しく喜びの無い人生であることを痛感させられた。自宅に帰ることが、むしろ苦痛であったからだ。だからモクレンの木の下から再び歩き出す時には、さらに重い鉛入りの靴に履き替えた様な足どりであった。

今は酒は飲まないし、そのような空しさや孤独を感じることはない。心から幸せだと思う。ただ、真の神と出会うまでの私を、モクレンが思い出させてくれるのだった。



ケパ




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Facebookで | トップ | 記念日になった »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。