ケパとドルカス

『肝心なことは目では見えない』これは星の王子さまの友達になったきつねの言葉。

最大最上のプレゼント

2017年06月15日 | 感謝
ある朝一人、早天で祈っていて示されることがあった。「神様に仕えて、その報いって、私は何をいただいたのだろうか?」と。否定的にではなく、恵みを忘れないために。

すると、ただ一つのことしか思い出すことがなかった。「永遠のいのち」。これほどの素晴らしい神からのプレゼントはない。「私は永遠のいのちをいただいている、これで完全で充分なのだ」と。たとえ明日命を召されたとしても、またたとえ無一文になって、路上生活の末、飢えと寒さで死んだとしても、悔いどころかこれで充分なのだ、と。

聖書のラザロの話を思い出した。ラザロは今で言う路上生活者で、金持ちの家の前にあわれみにはあずかれなかった。全身のできもので覆われた彼は金持ちの家の門前に置かれ、あわれみを受けることなく、死ぬまで忌避され続けたのだ。ただ犬だけが彼のおできをなめてくれて、慰めてくれたのだ。人間的にはまことにあわれな生涯に見えたかも知れない。
ところが、である。この世での成功者である金持ちもまた死んで、ハデスに下ってみると、そこは炎の中、熱く苦しいところであった。目を上げてみると越えられぬ淵の遙か向こうに、アブラハムのふところ(つまり天国よようなところ)に抱かれたあのラザロが見えたのである。

この後まだ話が続くが、要は神を信じた者は天に迎えられ、神を信じなかった者は永遠の苦しみに遭うという明快な話である。
神を信じるとは神を主とし、神の生き証人になるということであり、己の欲望を追求することではない。路上生活者になると言うのは、決して証にはならないので、たとえこの世で報われなかったとしてもの極論である。

人は必ず死ぬ。本当の勝負はたとえこの世で報われなかったとしても、せいぜい数十年かしかいきられないのである。しかしその後は永遠である。ならば永遠の命があるかどうかが、1番のポイントではないだろうか。
私は平安である。なぜならイエス・キリストが、わたしの罪を完全に肩代わりして下さったからでもある。
ハレルヤ!!!



ケパ
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 初めての‥‥ | トップ | 水郷(潮来・佐原) »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。