CAOS=ひゅうまんすけぇる

アナログで、マイペースで、ゆっくりと・ゆっくりと・・・
それでいいじゃないですか、それがヒューマンスケール!

ロマンチックな気もするけど・・・

2017-04-05 | 日記・エッセイ・コラム

 紀伊半島の南端からモノを流したら、

黒潮に乗って東の方、なんなら北にふった方向に

流れていくだろうと思うのですが・・・。

 まず南には向かいませんよね。

 

 有名らしいですが、私は知りませんでした。

『 観音菩薩が住む

 南方の浄土=補陀落世界 』

と信じて、

熊野那智の海岸から、棺のような船( ? )

で生きたまま海原に出る信仰があったのだそうです。

 

 人が入ったら外から釘を打ち付けて出られなくしたり、

船底に穴を開けて栓をしておいて、

沖に出たら自分で抜いて沈む仕組みになったのがあったのだとか。

 

 後には、広い地域に広まった信仰らしいので、

ある限定された場所で信じられていたことではないようですが、

現代の常識で理解するのは難しいですね。

 

 著者が実験的に3隻の模型を那智湾から海に流してみたら、

1隻は、伊豆半島沖の新島、

1隻は、すぐ近くの古座川町に流れ着いたのだそうです。

残りの1隻が見つからなかったということで、

補陀落世界にたどり着いたのかもしれない。

と、あとがき には書かれていました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 活用しながらまもる | トップ | 知らなかった訳ではないのに »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。