CAOS=ひゅうまんすけぇる

アナログで、マイペースで、ゆっくりと・ゆっくりと・・・
それでいいじゃないですか、それがヒューマンスケール!

小説 「 有田川 」 の世界

2016-10-13 | 日記・エッセイ・コラム

 6年前には手に取って読むことが出来たのに、

今日は、かわいそうにガラスケースに閉じ込められていました。

有田市図書館で借りた有吉佐和子のサイン本!

表紙はボロボロだったけど。

講談社の第2版ですね。

 写真は、これを借りたときに撮っておいたものです。

最近は、市立図書館の 『 有田川 』 は、

もっときれいなのに代わっているという話を聞きました。

 

 今日出掛けた

『 小説 「 有田川 」 の世界 』

上手な展示

    ・ ・ ・ではなかったけど、

こういうのはドンドン企画して、

もっともっと広く宣伝してほしいですね。

 

 先日の 『 豆の会 』 でも、

『 わいがや娘 』 の人達にブラックシアターで

「 小説 有田川 の内容もして欲しい 」 とお願いしました。

( そのときは、こんな展示があるって知らなかったんですよねぇ )

主人公の千代は生涯で3度水害を経験しています。

私たちは昭和28年の水害の話だけしか知りませんが、

有田川は

それくらい水害の多い川だったんだろうと思います。

今は、ダムと高くした堤で

大水を何とか押さえこめているけど。

 

 ちょっと気になったのがこの葉書、

これは、図録から写真撮りました。

上野山さんにお礼を言っています。

どちらの上野山さんかは知らんけど ・ ・ ・ 。

 

 会場の文化福祉会館4階って初めて行ったけど、

『 あさが来た 』 の記念品が展示されていました。

台本も。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『 日本書紀歌謡 』 | トップ | 婿を見るなら千田祭り »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。