CAOS=ひゅうまんすけぇる

アナログで、マイペースで、ゆっくりと・ゆっくりと・・・
それでいいじゃないですか、それがヒューマンスケール!

『 日本書紀歌謡 』

2016-10-12 | 日記・エッセイ・コラム

 建物や風景は随分練習したけど、

人物を撮る練習していなかった ・ ・ ・ 。

 

 黒田街子さんの教室のパッチワークキルト展のイベント、

『 日本書紀歌謡レクチャー&コンサート 』 に出掛けました。

10日月曜日のことです。

 

 聖徳太子の [ 17条憲法 ] が面白かったです。

“ 臣 ” この字を “ たみ ” とは読まないですよね。

( PCでも “ たみ ” と打ってこれは変換できません。 )

[ 17条憲法 ] では、“ 臣 ” も “ 民 ” も出て来て、

どちらも “ たみ ” と読ませているらしいです。

 

 帝からみた “ たみ ” は役人なので “ 臣 ”

役人からみた “ たみ ”“ 民 ” だそうです。

帝と民が、当たり前ですけど直接はつながらないんですね。

 

 って、これはレクチャーの中で出てきた話ではなくて、

紀美野町奥佐々に移動した打ち上げで質問したんですけど!

 

 去年は、打ち上げだけで帰る予定だったのが

急遽お泊りでしたが、

ことしは 「 パジャマを持ってどうぞ! 」 と言われていたので、

お言葉に甘えて!

 

 解りにくいけど朝日です。

朝ごはんもシッカリいただいて、

そして、山の幸たち!

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 地域を見直す取り組み | トップ | 小説 「 有田川 」 の世界 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。