CAOS=ひゅうまんすけぇる

アナログで、マイペースで、ゆっくりと・ゆっくりと・・・
それでいいじゃないですか、それがヒューマンスケール!

『 和本 』のおはなし

2017-05-18 | 日記・エッセイ・コラム

 「 あとにしましょ! 」

とか思っていると、忘れてしまうんですよね・・・。

ダンボールにいっぱい持ってきてくれた

メインの “ 和本 ” の写真を撮り忘れました。

 

 今月の『 豆の会 』

モノ知りの江本さんに2度めのお願い。

今回は、『 和本と和紙 』のお話をしてもらいました。

 

 江本さんコレクションの古文書の一部をご披露のあと、

レジュメを紹介すると、

1. 日本の本の歴史

2. 和本の形

3. 刷り

4. 紙

5. 分冊と合冊

6. 再生産のない和本の世界

7. 和本文化という考え方

8. 和本の知の再生産

9. 工芸品としての道

 

 以前、帯伊書店の高市さんに 和綴じ を教えてもらって、

後に『 豆の会 』で実践したこともありましたが、

和綴じ すれば、和本と言うわけではないので、

今回の幅広いお話は、

日本の歴史の中で1つの文化のカタチを持っていたんだなぁ。

と、とても興味深く聴くことが出来ました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 朝の時間 | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。