組長ブログ

法人理事長による日々の適当なひとりごとや、利用されている皆さまのインタビュー記事です。

インタビュー 常に最悪のことを妄想する男 Part2

2016年12月26日 | ワカモノ

若者インタビュー 第4弾Part2 「常に最悪のことを妄想する男」 Pさん

インタビューアー:組長(K)

常に最悪のことを 妄想(想定)する男性(ワカモノ):(Pさん)

(Part1の続きから:前回は、「ぼっちあるある」までで話を一度終了しました。)

K:では、最悪想定にまた話を戻して、どんな最悪想定(妄想)がありますか?

P:今一番気にしている最悪想定は、電車の中での冤罪ですね。

K:どういうことですか?

P:電車でよくあるチカンですよ。何もしていないのに、「この人チカン」って腕を持たれてチカン扱いされる。または、たまたまつり革とか、何もつかんでいない時に電車が揺れて転んだり転びそうになって、女性に触ってしまい、またそこでチカン扱い。そうすると、正義感の強いイケメン・ヒーロー的な男性が「お前何してんだ!あやまれっ!」みたいに言ってきて、「俺はやっていない!」って言っても取り合ってもらえない、社会的に死ぬって感じの妄想は電車に乗るとします。

K:もう完全にストーリー出来上がってますね。

P:電車で冤罪にならないためには、もう腕を縛るとかしないとダメですね。マジで。こうなったら(チカン扱い)怖いって思っています。

K:他にはあります?

P:スマホを持っているだけで盗撮と思われてしまうんじゃないかとかですね。そうなるとやはりヒーロー的イケメンが出てきて、「お前撮ってんじゃねーよ」「おい、証拠見せろ!」とかいってスマホを取り上げられたりするんです。電車では特にスマホは見ないようにします。

K:冤罪の想定がだいぶリアルですね。

P:それに、普通に道歩いている時とか、前に人がいると、性別問わずストーカと思われているんじゃないか・・・と考えたりしてしまいます。

 外出先でトイレに行きたくなり入ると(個室)、すぐに次の人が入ってきて「ドンドンドン!」って絶対、強くドアをたたかれるのではないか・・・とか思って安心してゆっくり入るってことはまず無いです。てか、トイレは可能な限り使いません。

K:健康に悪そうですね。せめてトイレはゆっくり入りたいですよね

P:無意識的に人を傷つけてしまったり、傷つけられてしまうのではないかと考えているんだと思います。最近は何でも「あやしい」と疑ってしまう事もあります。つまり、「自分のことをおとしいれとしているのではないか?」とか、「相手が自分に対して恨みを持っているんじゃないか?」とか思ったり。

それに、恥をかいたりすることも怖いですね。

K:もう少し具体的にお願いできますか?

P:例えば、サポステでやったような始めてのボードゲームで「ルールが分からなくて恥をかくんじゃないか」とか、何かやろうとしても「失敗するんじゃないか」って思っています。

K:失敗したり、恥をかいたりということを妄想してみると、どんな周りの反応が妄想されますか?

P:まぁ、絶対に笑われるし、「なんだコイツ」とか、「ださっ」「何言ってんだコイツ」「そんな事も知らねーのかよ」「ぷぷっ」みたいな。

K:失敗は許されないんですね。うまくやらないといけないと思っている。完璧主義っぽい所、ありそうですね。

P:そうですね。基本的な妄想は最悪想定ですからね。親が「バイトやってみたら」とか言ってくるけど、自分の最悪想定としては、職場でちょっと怖そうなおじさんから、「お前はダメだ」「まったく、使えねーな」「やめちまえ」みたいなことを言われるって思っているから、実際バイトは怖くてできないです。

K:基本的に最悪想定の妄想って事ですけど、いい妄想(ポジティブな)もしますか?

P:えーほとんど無いなぁ。あー・・でも、俺、オンラインとかネットのゲームが好きでよくやるんですが、ガチャをやるときには当たることしか考えないってのはあるかも。初めてやったときに、超レアで、かなり課金している人でさえ出ないアイテムが軽く出たことから、いけるかもって思って、わりとポジティブな感じで考えているかもしれません。

K:結果はどうですか?

P:当たりませんね。あれ(最初の引き)があっておいしい汁を最初に吸ってしまったことから始まっているので、いわゆるギャンブルにはまるパターンに陥ってしまっていたかもしれません。

K:けっこう課金していますか?

P:今はほとんどガチャはやってはいません。やっぱり結果がついてこないから。でも、ガチャを引くときには、変わらずポジティブ妄想で、レアアイテムとかそういうのをゲットしていることを妄想していますね。

K:ポジティブな妄想している時ってけっこう幸せですよね。分かります。私もしますよ。

何か他に最近の出来事とか妄想とかありますか?

P:この間、道を歩いていた時に小学生に「こんにちは」って挨拶されたんだけど、子どもが挨拶するのは、不審者に対してだって聞いたことがあったから、俺は不審者に見られてるんだなと思いました。たぶん、不審者じゃなかったら挨拶されなかったはずだし。知り合いでもないのに挨拶するのっておかしいし。

K:子供が不審者に挨拶するって初めて知ったんだけど、どういう理由か知っています?

P:聞いたところによると、声をかけると、不審者がどきっとするから効果があるって話らしい。

K:なるほど。一理ありそうですね。で、挨拶された時、Pさんはどう反応したんですか?

P:挨拶返しましたよ。普通に。でも、絶対に自分からは挨拶しない。こっちから挨拶したら完全に不審者になって、通報されると思っているし。え、顔を覚えられたりして学校中に広まるかもしれない。学校で不審者注意的なプリントに自分の顔写真が載っているとか。プリント部分はまぁ冗談ですけどね(笑)

K:妄想炸裂ですね。

P:ストーカーとかチカンとかの話しましたけど、やっぱり男は不利だと思う。「絶対的に女の方が有利」女性や子供が「助けて」とか「この人チカン」とか言ったらもうそれだけで誰もがその人の味方になって、自分の場合はエンド、冤罪。おわり。

K:そこ、自分の場合だけなんですね。

P:俺はすぐに他人と比較して、自分はダメだと思い込ませてしまう。だけど、うぬぼれるよりマシだと思ってる。自分は一番じゃないんだと常に思っているし、常に自分より上に人がいる。

K:何か具体例とかありますか?

P:例えばオンラインゲームとかやってて、どんだけ上手く自分が出来て勝ったとしても、「たまたまだ」「相手が弱すぎた」「チームの力で、俺じゃない」「「そもそも俺がいなくても勝てた」という思いでになります。たとえ自分がすごく頑張ったとしても、そう思ってしまう。自分の手柄だと思えることはないです。

K:自分の頑張りは自分で認めたりしないんですね。

P:人と比較する自分が常にいるから、うぬぼれるなって言い聞かせているみたいです。人との比較が好きなんだろうな。

K:まだまだ妄想聞きたいんですが、そろそろ時間や文字数の関係で最後の質問になります。これからどんな風になりたいかを教えていただけますか?

P:そうですねぇ・・・・常に最悪な妄想をする男って言われるぐらいだから、もう少しポジティブになりたいですね。

K:なるほど。個人的には、この妄想はPさんの魅力の一つとも思ってはいます。では、写真撮影をしますね。

P:(撮った写真を見せると)なんか手が太く映ってるから、「こいつデブだ」って読者に思われる・・・。

K:またまた、出ましたね。いやいや大丈夫、魅力的な手ですよ。今日はどうもありがとうございました。

P:いやいや、ありがとうございました。ってゆうか、これインタビュー失敗じゃないかなぁぁ・・・・・・・・

 以上で、インタビューは終了となります。

長文、読んでいただきありがとうございました。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« インタビュー 常に最悪のこ... | トップ | ワカモノインタビュー読んでね »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL