♪cantare♪dalmata♪famiglila♪着物♪

ダルメシアンのアミです。相変わらずドジなアミママのブログをよろしくお願いします。

戴冠ミサを聴きに

2017年05月16日 | 音楽と着物
中学以来の友人R子さんに誘ってもらって

R子さんの友人の合唱団のコンサートに行きました。


モーツァルトの「戴冠ミサ」を聴きました。

D混でも、数年前に歌いました。

どんな曲だっけ?

出だしのKyrieを聴いて、そうそう、この曲だわ。

歌った記憶が戻りました。

出だしがカッコイイです。

終曲のAgnus Deiのソプラノソロもはっきり聞き覚えが
あります。

「フィガロの結婚」の伯爵夫人のアリアと似ているそうです。

フツウのミサ曲と同じ形式のようですが

誰の戴冠式なんだっけ?

プログラムの解説によると、レオポルド二世かフランツ二世の戴冠式の曲という説が有力なようです。

レオポルド二世もフランツ二世もどなたさん?
ですが、当時のお偉いさん(ローマ皇帝?)なんだと
思います。

ソプラノが美しい曲でした。

D混でも、来年の演奏会に選曲されるようでしたが

結局、同じモーツァルトでも「フィガロの結婚」の方になりそうです。

コンサートに着物で行くか、かなり迷いました。

土砂降りだったので。

でも、この着物、今しか着られません。


藤の花と菖蒲。

雨ゴートを着て出掛けました。

涼しかったので、良かったです。

5月のこの時期、袷だとキビシイこともありますからね、、、

長襦袢は紋紗の単衣です。ちょっと手抜き。

モーツァルトも良かったけど
ラターの「マニフィカト」が聴きごたえがありました。

以前も聴いたことがありますが美しい曲です。

でも、歌うのは難しそう。

D混では(というより私には)歯が立たないと思います。

アンコールのラターの「For the beauty of the earth」
は、とても美しい曲でこれは歌ってみたいと思いました。


さて、R子さんとのコンサートのアフターは
なぜかいつもガッツリ系なのですが
今回はかまど炊きのご飯でした。





固めのご飯が美味しかったです。

福岡のお店で、お米も福岡、明太子も美味しく
ご飯、おかわりしちゃった!!
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 炊飯器で作ったチーズケーキ ... | トップ | お着物でコンサートに »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (wakame)
2017-05-18 21:10:12
素敵な1日ですね(*^^*)
お着物でコンサートとお食事♪
いいですね~
いつもCDさんの着物姿楽しみに拝見しています。
藤の花のお着物素敵です。
wakameさんへ (♪CD♪)
2017-05-22 12:06:10
着物を着るには、暑かったり雨だったり
ちょっとタイヘンな季節になりましたが
また着る機会を持ちたいです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む