★☆ 愛しき時間(とき) ☆★

2007年に乳がんと肺がんを克復しました。
現在はACTH単独欠損症(特定疾患),糖尿病の闘病中です☆

柴田トヨ著「百歳」

2011年09月19日 | 好きな言葉・詩


「被災者の皆様に」

あぁ なんという ことでしょう
テレビを見ながら
唯(ただ) 手をあわすばかりです

皆様の心の中は
今も余震がきて
傷痕(きずあと)がさらに
深くなっていると思います
その傷痕に 薬を塗ってあげたい
人間誰しもの気持です
私も出来ることは 
ないだろうか? 考えます
もうすぐ百歳になる私
天国に行く日も 近いでしょう
その時は 陽射しとなり
そよ風になって
皆様を応援します

これから 辛い日々が 続くでしょうが
朝はかならず やってきます
くじけないで!

~柴田トヨ「百歳」~






柴田トヨさんの第二詩集が出版されました。
昨日、本屋さんで偶然見つけ、
「お待ちしていました☆」と
さっそく購入して、
読ませていただきました♪

最初の詩集「くじけないで」は、
2010年5月にご紹介しています

今年6月に百歳を迎えられた柴田トヨさん☆
お元気そうで、とてもうれしいです。

今回の詩集も、「くじけないで」の詩集と同じく、
とても温かく、前向きな言葉ばかり。
生きる希望がわいてきます。


「おめでとう、百歳の詩集!」
~詩人 新川和江~

トヨさんの詩の魅力は、風にも光にも、
若い枝のように心をしなわせ、そよがせているところです。
涙の味を知っている人の人生観から生まれた機知が、
ことに結びの部分にさりげなく仕組まれていて、
私どもの心を、やわらかく揉みほぐしてくださるところです。


これからも どうぞ おからだをお大切に・・・。

次の詩集も楽しみにしていますね。






『本』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 前の記事へ | TOP | 急性緑内障発作(137日目... »
最近の画像もっと見る

Related Topics