いけいけ!!ボランティアナース

日々の出来事等を書いていきます。

あけましておめでとうございます

2017-01-04 15:04:14 | いけいけ!ボランティアナース
新年のご挨拶文より

あけましておめでとうございます。

昨年は、公私ともそして国内外でも話題に事欠かなかった1年でした。

今年の一番の関心事は日本の医療福祉介護がどの様な方向に向かうのか、
そこになります。
地域包括ケアは本当に実現出来るのか?しかし実現できなければ私達の
老後はどうなるのか?日本の未来は?子孫の幸せは?
そんな不安にかられてしまいます。だからこそ地域包括ケアの実現に向け
苦しくても辛くても今頑張るしかないと考えています。

わが社はその実現の為、2012年に藤沢で小規模多機能型居宅介護『絆』を
駅前マンションの一室で開始しました。
その後、定期巡回・随時対応型訪問介護看護を2014年に藤沢、2016年4月
に鎌倉で開始し地域に根差した事業所となるべく地域密着型サービスに参入
しました。(定期巡回は藤沢で2社、鎌倉2か所しかありません)
藤沢で2014年OPENしたコミュニティカフェふらっとステーション・ふじさ
わは毎日500円ランチが35食以上売れ、60分で完売などという日も珍しく
なくなりました。
子育て支援広場キャンズにも地域のお子さんのご利用や地域のボランティア
さんによる、イベントの開催など定期的に広場らしい活動が広がると共に、
高齢者の方々との多世代交流も日々行われ、国が目指す共生社会の実現に
向けスタッフ一同努力しています。
急激に変化する医療と福祉の大改革に絶対に負けない!そう思って行動して
きた今日まで。しかし目的税であった消費税が8%から10%にならなかっ
た今、考えてきた以上の大改革がおきることは必須です。 
 自分の生活に大きな変化が起きることを各自が自覚し、その日が来ても慌
てず受け止める覚悟が大事です。
これは、我々が選んだ結果なのであり決まったことですからもう仕方ありま
せん。でも、これから先の事を、決めることはまだまだ我々に出来るのです。
未来の日本をどうするか?未来の自分の生活を想像しこうありたいと思う夢
を持ち、その夢に向かい次の世代の人々にとって、未来の日本にとって、今、
自分のすべきことを皆様と共に考え行動する私でありたいと思っています。

 『ありがとうにありがとう、困った時はお互い様』このキャンナスとナー
スケアの原点を忘れることなく、私を支えてくれる会社のスタッフ、キャン
ナスの仲間、応援してくださる方々と共に今年も私らしく前に向かって進ん
でまいりますので、どうかあたたかいご支援と厳しいご指導をお願い申し上
げます。
皆様にとって今年が素晴らしい1年でありますことをお祈り申し上げます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 高齢者住宅でのレクリエーション | トップ | 高齢者住宅での地域交流会 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

いけいけ!ボランティアナース」カテゴリの最新記事