C'est la vie !

人生とは傷跡を集めるためのもの。

イマジンの2人

2017-05-05 20:21:15 | Diary

ARABAKIに行かれた同志さんのブログを見ていたら、なんかハッとなった。

『イマジン』を民生くんとこーじさんで歌ったのは、あえて広島の二人であることに意味があるんじゃないか?って。

ホントだ...

よく考えたら、こーじさんはピースナイターであの曲を歌ったんだった。

 

 

吉川晃司 イマジン独唱 平和記念日 ピースナイター2013 201300806 広島×阪神

 

 

 

来月CSでARABAKIの放送があるんだよね。

高校生の時にめっちゃハマっていた民生が、いまめっちゃハマっているこーじさんと二人で歌う姿も見れるのかな?

これが見れるんだったら、フジテレビNEXT?加入しないと。

 

 

いやいやいや、なんか不思議な感じだわ。

高校生の時に、めっ...ちゃユニコーン好きだったんだもん。

何が好きかといえば、メロディーが大好きだった。だから、3rdアルバムまではホントよく聴いていた。一番聴いたのは2ndの『PANIC ATTACK』で、これぞカセットテープが擦り切れるくらいの勢いで聴いていた。

だから、こーじさんが『J-SIDE STATION』で広島時代の民生のことを

”彼は当時ギタリストだった。なのにデビューしたらボーカリストになっていて”

みたいに話していてびっくりしたわ~

Σ(・ω・ノ)ノ!

そうなんだ。あの声が好きだったんだよなー(あ、民生のことです)

歌われている曲の主人公はあんましカッコよくないんだ。

ちょっと垢ぬけてない感じで。その泥臭さに共感するものがあって当時は一生懸命聴いていたんかもしれないな...

 

 

だけどメジャーになったら失速してしまった。

若いときの疾走感ある曲たちが好きだったから、ぱったり聴かなくなってしまった。

あんなに急激に変わらなくてもいいのに...って感じだったな。 

 

 

 

自分が40歳になった時にびっくりすることが起こった。

若いときにチャラそうで高飛車そうに感じていた吉川晃司が、髪の毛が白くなって、全然失速せずにカッコイイおじさんになっていた。

あれは感動した。

 

まだまだ、走りたいじゃない。歩くのはもうちょっと先でいい。でも、私はまだ走れるんだろうか?

って思っていた時に

四十を超えても走ってる姿をこーじさんに見せつけられた。

COMPLEXの再結成ライブの映像は本当に感動した。

カッコよすぎた。

あれを見て自分も、まだ走れそうな気がして? いや…まだ歩くな。と言われた気がして今に至る。

ファンになってからなんか楽しいんだよ。

何が楽しいのかはわからないけど考えただけで楽しい。

30代に感じなかった楽しさがこの40代にはある。バカな話だけど。

 

なんか、ふっとこんなことを思った、こどもの日であった   また酔っぱらってるけどw

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと検索してみたら若かりし日の民生がでてきた。高校時代に見てない動画だわ。

あぁ、17歳の私に見せてやりたいw

 

ユニコーン Pink Prisoner

 

UNICORN-I'M A LOSER  NEW KIDS ON THE ROCKS 88

 

SUGAR BOY UNICORN

 

UNICORN/she said

 

『Maybe Blue』はあえて外す。ユニコーンは近所にやってきた『服部』ツアーにいった。けど、本当は1st~2ndアルバムの曲を歌ってる上記のようなライブを見たかったーーーー

 

いや~やばいわ。これぞ曲を聴いた途端に当時の自分が蘇るのパターンだ。

懐かしすぎる…

『Sugar Boy』なんて、いまだに『恋をとめないで』の再生回数を上回ってるだろう?くらい聴いた。この曲はやっぱしCDの音がダントツに好きだな

 

 

 

 

ここらへんはVHSのビデオ買って、擦り切れるくらい見たなw

 

UNICORN ヒステリー・ミステリー

 

 

 

  

 

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 箕面へ行ってきた | トップ | 『逆光』 »