matta

街の散歩…ひとりごと

桂離宮 「紅葉の馬場」「御腰掛」

2016年12月10日 | 歴史
Leica SL/24-90Vario Elmarit SL Asph.

御幸道を右に折れなおも
霰こぼしの直線の道がつづき
「紅葉の馬場」と呼ばれる。
この先は池の汀で行き止まり。
左に折れ飛び石をたどって
茅葺寄棟の松琴亭の待合所「御腰掛」へ。
御腰掛けにむかって蘇鉄山。

(不覚なり手ぶれ)


「御腰掛」の屋根裏の下は吹き放し。


「御腰掛」の前から
切石と自然石をよせてつくった
「延段」がのび先端に石灯籠。
その先を左に折れる。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 桂離宮 車寄 京錆壁(きょう... | トップ | 桂離宮 「州浜」「天橋立」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

歴史」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。