ばぁば 冷えとり大好き♡

冷えとりくつ下と天然素材の店 ”繭結” の日々を綴ります♪

からだの事をもっと知りたい

2017年03月30日 | 日記
前日に受講したフェルデンクライスメソッドのアトリエに私が忘れ物

それを届けに、そして次回のメニューについてのお話しもあったのでと、講師の鴨下さんと平手さんのお二人がおいでくださいました

お二人は骨格のことを長年学ばれておいでです

お話しが進み、私の左足のアーチの部分を横から締めてくださり、立ってみますと左足がしっかりとグラウンディング

右足は何だか浮いた感覚でした

バランスをとりましょうね・・と右足もしてくださいました

そして靴はアーチの部分の紐をしっかり締める良いと

やってみましたら、歩くと足と靴が一体となりすごく歩きやすかったのです

アーチ部分がしっかりすると、足裏から脳に刺激がきちんと届くのだそうです

血液、リンパ液の戻りが良くなり冷えなくなるそうなのです

なんでも可能なことは試してみたいばぁばです

出勤の折、靴下の枚数を少なめに しまっておいた以前の小さめ靴でからだがどんな風に感じるのかを感じてみたいと思います

頂いたこのからだをもっと知り、上手に使いこなしたいなぁ・・と改めて思いました



この記事をはてなブックマークに追加

フェルデンクライスメソッド受講

2017年03月29日 | 日記
雨は上がりましたが風が冷たい1日でした

今日も繭結に沢山の方々がお立ち寄りくださり、いつものように大きなテーブルを囲んでお話しを伺いました

あたり前ですが、毎日同じことはなくこうして店に居るだけで沢山の方にお目にかかれ、沢山のお話を伺うことができることはなんてラッキー♬

日々・・いえいえ時間毎に目の前に素敵なできごと、素敵な方、素敵なお話しを手にさせていただくことができるなんて🍃


閉店後フェルデンクライスメソッドの3回目をスタッフ、友人、お客さまも一緒に受講してきました

受講の度に未知の自分に出会える愉しさを味あわせて頂いています


最小限のエネルギーで効果があるメソッド・・
私のようなばぁばでもまだまだ可能性が開けるなんてたのしくて仕方ありません♬

一応5回で終了ですので残すは後2回

あとは教えて頂いたことを自宅でゆっくりと繰り返すといいようです


これからも講師の鴨下さん、平手さんのお話を伺いたいなぁ^_^





この記事をはてなブックマークに追加

冷えとり交流会at繭結

2017年03月27日 | 日記
シトシトと雨降る1日でした

冷えとりアドバイザーの進藤幸恵さんにお越しいただき、冷えとり交流会を開催させていただきました

雨でしたが28人もの方々が参加してくださり、中には幼子をお連れの方、高齢の方、男性の方々もです


幸恵さんより進藤義晴先生がこの冷えとりを実践、提唱されていらした経緯のおはなしからはじまり、いろいろな例題を伴ったお話を聴かせていただきました

冷えとりをこれから始めたい方、実践数ヶ月の方、長年続けておいでの方々もあり・・・冷えとりのシンプルさ、温かい心地よさとからだの変化を体感されておいでで上手に暮らしの中に取り込まれていたり、瞑眩と言われる反応に悩まれておいでの方々と様々でした


冷えとりは頭寒足熱を実践することで、自分のからだに向き合うきっかけとなり、からだが素直に反応していくことを知ることとなります

何でも人任せでなく、自分で決め実践していくことが大切だなぁと思うのです

私にとってシンプルに足元を温め、僅かながらでも変化を体感できることはたのしみでもあります

その中でもあまりこだわり過ぎることなく、柔軟な考え方ができてきますと、いろいろな症状が出てきますが冷えとりに対する考え方が愉しくなってくるように感じております

多くの方々と冷えとりに関することを共有させていただけることはひとつの体験と思っていただけるといいなぁと思っております

5月ぐらいから『繭結冷えとりひろば(仮称)』として気軽にいろいろシェアできる時間を持てたら素敵だなと考えております

もちろん、冷えとりがベースの考え方ですがその都度テーマがあってもなくても人の話を聴き、自らの想いも伝えられる場になっていけたら嬉しいです

雨の中お出かけくださいました皆さまありがとうございました

















この記事をはてなブックマークに追加

おくりもの

2017年03月25日 | 日記
最近出会った素敵なことばがあります


一文もかけずに、一生よろこばれるおくりもの

これってなんだと思われます?

長い時間と手間とお金をかけるほど、おくりものとしては下手なのだそうです

初めは、やはり力をこめ、お金をかけ、心をこめ、不断に努力し、長い年月をかけるそうです


そのうちに短い時間で、お金をかけずに、より多くの人々に、より長く喜ばれるおくりものをすることができるようになるそうです

それは誰しもが持っているもの

これを使えるようにいつもトレーニングが必要と

そのトレーニングとは・・喜びのおくりもの遊びをすることだそうですよ

できるだけ、いろいろなおくりものを、できるだけ多くの人にまくのだそうです

☆いつもニコニコした顔を見せることも大きなおくりもの

☆はっきりした返事

☆美しい声

☆やさしい声

草花一本でも、紙一枚でも、美しい声や歌でも、静かな話し方でも、一冊の本でも・・・だれにでもふだんのときにできます・・とありました。


こう考えると身の周りに何氣ないたくさんのおくりものがありますねぇ

今日1日おくりものさがしをしてみたいです

そしておくりものをそっと届けてみたいな〜とおもうのです





ちょっと写真の向きが変ですが、今日友人が手作りしてくださったティマットをいただきました。

美味しくお茶をいただきま〜す。

この記事をはてなブックマークに追加

語りかけること大切ですねぇ・・自分自身に

2017年03月24日 | 日記
通勤途中の桜並木に一輪、二輪の桜の花を見かけたとスタッフが教えてくれました

お昼近くにお友達とおいで下さいました方がありいろいろお話ししてくださいました

最近進藤義晴先生の著書を読まれ、冷えとりを始めてから まだ間がないとおっしゃっておいででした

お友達のかたは自分には冷えは関係ないと思われれていたそうですが、最近冷えがあった!のだとわかりご一緒においで下さったそうで

お連れ下さった方は以前に大きな怪我を2度され命も危ぶまれた時期があったのだそうです

10ヶ月もの間入院なさったそうです

医師からは手術後歩行が困難になり、車イスになると告げられたそうですが、「自分自身で良くなることがわかっていましたので、リハビリをしながら良くなる!良くなる」と言い続けていらしたそうです


医師に動かさない方がいいと言われることがあっても、ベッドで、ベッドサイドでいろいろしてみたそうです・・良くなる、良くなると自分自身に言いながら

正座もできなくなることも嫌 というより正座がしたい!との思いもあり前例のないような処置もお願いしたそうです

とにかく笑顔で冗談まじりに話してくださったのです・・素敵です!

笑いが絶えませんでしたね^ ^

いろいろお話し伺わせて頂き、全てを人任せにせず自分で決め、実践されることの大切さを改めて教えていただきました

想いを諦めずにいたら 必ずや良い方向にいくのですねぇ

大変な状況にもかかわらず前向きに捉えられ、実践された結果が今なのですねぇ

たくさん素敵なお話しを伺わせていただきました

ありがとうございました。








この記事をはてなブックマークに追加

進藤義晴先生の講演録〈頭を切り換えなさい〉より

2017年03月22日 | 日記
一日中雨降りの東京でした

長野伊那谷のかり〜にゃさんとお電話ではなしておりましたら、今雪が降っていて一面真っ白 とおっしゃっていましたよ

進藤義晴先生の講演録《頭を切り換えなさい》より (平成5年)

〈私は特別な人間なのか〉
私が仕事の為に独りで車を運転して遠出し、2日も3日も飲まず食わずでいる、と聞いて、「先生は特別な人なんだ。吾々凡人には、できるわけはない」と考える人が少なくないと思いますが、こういう考えには幾つかの問題があります。

第1は「冷え取り」している体と、そうでない体は全然違う事を知らない、という事ですが、「冷え取り」している人が少数である現在では仕方のない事かもしれません。

しかし、既成概念に捉われたままでいる硬い頭でいると、健康になれません。



第2は、これまでのまちがいだらけの生活を変えるのがイヤだ、とか、変える勇気が出ない、ので、「冷え取り」に踏み切らない言い訳として、私を特別視するという事です。


私は、父がぜいたく好きな性格で・・三度三度必ずにく、魚類を食べ、野菜の少ない食事でしたので私は体の弱い子供でした。

甘い物も好きでしたから、小学3年の頃から虫歯、肩こり、背痛、鼻血で苦しみ、年に3〜4回はかぜや扁桃炎で高熱をだし、・・大食もありましたので50才を超える頃は頭の頂きが光そうになり、体重が70キロに迫り、少し動いても、動悸、息切れがしたものです。

また鼻づまりがひどくて点鼻薬が手放せず、水虫は出る、歯は次々と抜けたり欠けたりしてゆき、3日にあげず、歯痛、口内炎をくり返し・・

こんな状態でも何となか働いてこれたのは、東洋医学を自分の体に応用してきたからだと思いますが、10年程前から(この講演録は平成5年です)「冷え取り」の必要性を感じ、先ず、自分で試してみました。

そのおかげで、これまで悩んできた苦痛のすべてが、いつの間にか消えてゆき、2、3日たべなくても平気、1日8時間、眠らなくても平気な体になったのです。


ここで第3の問題、人間を特別な人と、凡人に分ける事がまちがいである事を指摘しておきたいと思います。

私のようにまちがいだらけの生活のために、水準以下の弱い体であっても、「冷え取り」で、「特別な人」と誤解される程の健康人になれるのです・・・


反省、工夫、努力して、「正しい生活」目ざして頑張るか、頑張らないか・・・

これは、他人が決める事でなく、自分が決める事です。


この記事をはてなブックマークに追加

お墓参りへ

2017年03月21日 | 日記
あたたかな春分の日でした

前日に3対の仏花を購入し、今日は3箇所掛けもちのお墓参りです

ひとりで氣ままに予定していましたので、出掛ける時間を決めておらず、急に間に合うかも〜と思い立ち急ぎ自転車にて駅へ

チケットを購入していると、駅員さんがもう電車が入ってきているかもしれません・・え〜!?そうなんですか?

と、お釣りとチケットを手に改札口を入り、階段を降りていくとタイミングよく各駅飯能行きが入ってきました

う〜ん^_^やったねぇ!

間に合って何だか嬉しい

所沢にてすぐレッドアローに乗り換え・・いい感じです

車中は本を読みながらゆっくりとです

お寺に着くと数組の方々がご家族でお墓参り・・広い敷地ですのに、不思議なことにうちのお墓の周りばかりに人が集まっていました

何だか賑やか??で嬉しくなってしまいました

ご先祖さまのお墓の周りは大きな松の枯葉、枝が沢山落ちていました

1人でゆっくりとお参りさせてもらい、いろいろ報告やらこれからもお導きくださいと話してきました

帰りの電車も数分待つのみで乗り換えもとてもスムーズ

ご先祖さまのお陰かしら〜と心地よく、次に向かうは新宿四谷


ここもゆっくりとお話しして済ませ、最終は千歳烏山へ

バス亭へ向かって歩いていますときにバスが目の前を通り過ぎ・・あらっ!これに乗りたい!と走っていましたね^_^


お彼岸でどこも沢山の方々がお参りされておいででした

あ〜楽しくいい日のお墓参りの一日でした^_^

掛けもちのお墓参りでしたがちっともバテることがありませんでしたのよ

日々の冷えとりのお蔭さまですかしらねぇ♬















早朝よりレッドアローに乗り秩父へ

観光客の方々が多いなか

この記事をはてなブックマークに追加

歳を重ねて生きること

2017年03月20日 | 日記
久々に両親の元へ

少し離れて暮らしていますので 毎日のように電話で声を聞いてはおります

姿が見えない分 大丈夫よ!の声のトーン、大きさで様子を判断

このところ頻繁に聞くことは、歩くことができなくて・・、病院に行ったら疲れて寝ていた・・、それに加え父の様子が少し変(認知がです)と

日々の仕事もあるので中々行動できませんが、時間をもらい出掛けてきました

ふたりともゆっくりながらの動きです

父は「おじいさんになっちゃったよ、こんな歩き方になって・・」と苦笑い、本当に歩幅が狭くヨチヨチと、「いろいろなことがわからなくなってきた・・」探しものをしたり、「どうしてこうなったのかな・・」と考えこんでいたり


老々介護もいいところです、92歳になる両親は2人で1人に満たないようす
お互いにできることをしながら、そして介護も受けながらの暮らしです

思考、行動がままならず
毎日が精一杯
歳を重ねるって・・見せてもらっています

母は以前大きな手術を2度受けており、背骨が曲がってきたせいで、痛みもあり、全身が辛いようです

「でも今日はいつもよりいいわ」の言葉にいっ時の安堵感

からだをさすってあげるね・・と、特に何もわかりませんが全身をさすってみました

その時にふっと感じることは「ありがとうございます」しかないんですねぇ

私の手からありがとうが伝わるといいなぁと思いながらさせてもらいました

涙がとめどなく出てきてしまうのです

今こうしてブログを書いていても涙と鼻水(花粉症もありますが^ ^)

人は1人では生きらないですものねぇ

互いに助け合える暮らし方をしていくきたいですね

これは血縁関係ばかりでなく、身の周りのご縁のある方々とです

補いあっていきたいなとおもうのです

そして今を大切に大切にしていきたいと改めて思わせてもらった時間でした

わたくしごとばかりのブログになってしまいました・・悪しからず^ ^















この記事をはてなブックマークに追加

アトリエ・ドミノのレッスン♬

2017年03月19日 | 日記
仕事の中抜けを許してもらい、お客さまのCさんとシンガーソングライターのSatokoさんと一緒に『アトリエ・ドミノ』にセルフメンテナンスのレッスンに出掛けました

前回ブログにて書かせて頂いたことに誤りがありましたのでここに訂正させていただきますね

アトリエ・ドミノの空間はご自宅ではなくプロが指導して下さる『ドミノの稽古場』です

稽古場全体が木や漆喰でつくられとてもリラックスできる場であり、うっかり者の私の表現が間違ってしまいました

アトリエ・ドミノの空間さんごめんなさいね^_^


教えて頂いたことがあります
『アトリエ』はフランス語で1:何かを作る場所(工房)だけでなく 2:実技をすること 3:そのための作業場という意味もある言葉だそうです


今回私たちの目的は 快適な日常生活のために、セルフメンテナンスの方法を知りたくて伺い教えて頂いています

常日頃しています『冷えとり』もからだとこころのメンテナンスだと思っておりますが、セルフメンテナンスの方法はまだまだ沢山ありますねぇ

知らないことが沢山あるなかで、ご縁があって私にピン!と感じたことをしてみることが大好きです

何でも試してみないとわかりませんものね

今回の『アトリエ・ドミノ』のセルフメンテナンスもそうでした

まだ途中ですが伺ってみて良かった〜!が今の私の感想です


本日はトライアルレッスンでしたが私も受講しました

全体のからだのことに加え、今日の中心となったのは鎖骨、腕、肩、肩甲骨に関することでした

自分のからだのつくり、動きに改めてびっくりしたり、感動したりです

自分が認識しているいままでのからだと違う感覚を感じましたよ

とにかくレッスンに行く度に新しい自分に会えるのが嬉しい私なのです

稽古場に入った私たちはなんとも神妙な面持ちでしたが、途中からとてもリラックスし始めあくびが出たり、各々思い思いにからだを動かしていました

先生方の雰囲気、場の雰囲気でほんとにリラックス^_^


今日もたのしい『アトリエ・ドミノ』でした♬











この記事をはてなブックマークに追加

つながっている〜!

2017年03月18日 | 日記
今日(17日)は私の休日・・のつもりでしたが、朝の半身浴中にふと☆〜!今日は行こう〜!と思い、いつもより遅い出勤となりましたが繭結へ

行けばあれこれしたい事が山盛り〜

そんな中Satokoさん(カフェフェリシダダージ主宰)より「今日いらっしゃいますか?」とのお電話におりますとお応えし、お互いに「良かった〜!」^ ^と

こういうことだったのねぇ♬
私が出勤しようと思ったのは^_^

Satokoさんが夕方おいでくださいました

カフェフェリシダダージとは
♬音楽に包まれ 心をほぐし 楽しく語り合う♬

♬人が音楽を通してつながる移動式コンサート空間♬

Satokoさんは10年程前に子宮頚がんと白血病となり治療後いまは全く薬を使わずかんかいという状態だそうです

ギター、ピアノの演奏をされながら、関西、九州方面を中心にライブ活動をされておいでです

早速繭結では5月6日(土)18:00にライブが決まりました 詳細は後ほどお知らせさせていただきます


久々にSatokoさんとおしゃべりができ嬉しかったです

たまたま初めてお買い物においでくださいましたIさんもお仲間に加わってくださいました

話が次々つながり、びっくりすることばかり・・え〜〜!こんなこともあるの〜!?とね^ ^

いつも我が子のような若い方々と接することができるのも本当に嬉しい限り

勿論同年代の方々と語り合うことも私にとって嬉しくてしかたありません

私の感覚には性別、年齢はないみたいです
今一緒にいるこの時間、空間を愉しませていただいているといった感じがします

ご縁があって出会えることですものねぇ

本当に大好きだな〜この感じ^_^


昔を思っては・・こんなに素敵な時間を頂けるなんて考えもしておりませんでした

スタッフと愉しく、嬉しく冷えとりに関わる仕事もさせて頂き本当に嬉しいのです

お蔭さまで繭結の空間が素敵にバージョンUP💓

本当にお蔭さまなのです



そうそう急なことでしたが18日の午後2時から『アトリエ・ドミノ』の体験レッスンに伺うことをSatokoさんにお伝えしましたら、即日程表を見てくださり「空いています!」となりご一緒させて頂くことになりました


『アトリエ・ドミノ』を検索いただき、もし体験レッスンにご興味がおありでしたら18日の午後1時ぐらいまでに繭結へ直接お電話くださいませ
03-5848-3917


Satokoさんも私も感覚的なので事柄にも寄りますが直ぐ決定!即行動です

これが又々愉しくてね・・なのです🍃








ちょうど初めてお買い物においでくださいましたIさんもお仲間に入ってくださり、しばらくいろいろお話ししました









この記事をはてなブックマークに追加