ばぁば 冷えとり大好き♡

冷えとりくつ下と天然素材の店 ”繭結” の日々を綴ります♪

何だかわくわくがとまりません・・♬

2018年02月23日 | 日記
一日中肌寒い東京でした

先日来お約束させて頂いておりました幼稚園に伺い、M園長先生にお目にかかってまいりました

園児のお母さまが毎朝園長先生に会いたくて子どもを送っていきますと話して下さった方なのです

園長先生はこの園にいらして6年になられるそうです

子どもたちが可愛いくて仕方ないというお氣持がお話しの中にたくさん感じられた素敵な方でした

今日伺わせて頂きましたのは以前「冷えとり」の話を幼稚園でどうでしょうか?・・と素敵なお話しを父兄の方から頂きましたので園長先生にお目にかかりに参りました

幼稚園に足を運ぶなんて何十年振りでしょうか

入り口を入るとセキセイインコのいる大きなケージ、ベビーバスのなかに亀さん、7段飾りのお雛様
・・園舎の中をご案内くださいました

可愛らしいイスがたくさん、制作物も飾られていました


当日私がお伝えさせて頂く内容を大まかにお話しさせて頂き、「初めてのことですので時間配分やらわからないことがたくさんです」とお伝えしますと「時間は大丈夫です、そのまま自然体でどうぞ・・」の優しいお言葉を頂きいつもの繭結のような氣持で伺わせて頂けることが嬉しいです

構えなくていいのはすっごく楽ちんです

この先どうなっていくのでしょうか・・こんなこと、あんなことお伝えしたいなたぁとなんだかわくわくが湧き上がりとまらないばぁばなのです






この記事をはてなブックマークに追加

自分の中にある力

2018年02月22日 | 日記
開店時間前より初めてご来店下さった方がありました、お世話になった方へのプレゼントにタオルを探しにみえましたが残念ながらお役に立つことができませんでした

ぐるりと店内を見まわしてくださり、温かなくつ下をプレゼントに決められ、それに加えてご自身のくつ下も購入なさいました

このくつ下が暮らしの中で「冷えとり」につながりご自身のからだの変化に興味を持ってくださると嬉しいなぁと思うのです


私たちのからだは常に小さな変化をしていますよね

あまりに小さな変化で受け止められずに当たり前に過ごしているようにも思います

私たちが感覚的にわからなくとも確実に変化

難しいことはわかりませんが、意識の仕方、考え方だって変化の連続なのですよねぇ

何だかふっと思うのは目の前に帯状のもの

この一本の帯状の上を滑ってみたり、走ったり、歩いてみたり、寄り道したり、氣にいったところではゆっくり座ってみたり、時にはあまりに急ぎすぎて帯状のところから落ちそうになったり・・

私のイメージでは一本のロープではありません、これではあまりに怖すぎて一歩も動けないですもの

私が勝手に想像しているこの帯状の巾は好きな巾です
好きなように決めていいなぁと勝手に決めています、色も模様もね( ◠‿◠ )

何だかわからないことを書いているかもしれません・・

こうして当たり前に過ごしている日常はとっても大切で自分でしか感じらない時間です

今目の前にある時間?は過ぎればもどりません

時間はいのちの時間ですものねぇ

与えられた?選んだ?時間を前に進むのみ

私が自分で決めていきます、わたしが決めていいと思っています

コーディネーターは私なのです

頼りになる私がいること忘れてはいません

自分で考え、自分で行動します

困った時にはお力借りたく人にいろいろ聴きつつ 最終は自分で決める力を持っていると思っています

人に依存ばかりしていると自分の力や可能性の芽が埋め込まれたまま 大切な命の時間をやり過ごすことになってしまうように思えます

困ったり、悩んだりするのも自分が決めたこと

ですからよし!と決めて前に進めるよう行動することも自分で決められる!と自分の中にある力を思い出すことかなぁなんて思います

体内に埋め込まれたままの力や可能性の芽を優しく掘り起こし、育ててみましょうよ・・春ですし🌷

何だか言葉足らずでごめんなさい

そうそうからだの「冷え」を取っていくとたくさんの氣づきの芽にも出会えます♬
出会うことができたばぁばなのです、これからも楽しみなのです

今日も素敵な佳い日です

















この記事をはてなブックマークに追加

初めて投稿

2018年02月21日 | 日記

通勤途中の梅の花です 香りもいいですねぇ

唐突に2月25日(日)に冷えとりお茶会を開催しますと初めてフェイスブックに投稿

周りにだれも居ず、聞くに聞けず・・文を書いたのはいいのですが この印を押したらどうなるのかしら??これは??とアナログな私はしばらく画面を見つつ自問自答の時間

わからないので、ハラハラ氣分

こうしていても伝わらないから と思い切って?シェアを押してみました、何だかできたのか、できなかったのか・・しばらく画面とにらめっこ

以前愉しいこころの冷えとりワークショップをして下さった増子さん(看護師さんであり、オルゴン療法施術をされておいでです)からのコメントを頂きました

わぁ届いたんだぁ とちょっぴり安堵です


看護師さんの菱本さん、桐山さん、からだや心についてを良くご存じのプロの方々からのコメントも頂きました

次はまだ未定ですがご参加いただけましたら、是非いろいろなお話しを伺わせていただきたいなぁといまから楽しみに思っております

冷えとりお茶会で素敵なご縁が麻の葉模様のように、そして冷えとりが繋がっていくといいなぁと想像してはひとりうっとりしているばぁばなのです

まだ数名定員人数に余裕がございます、ご一緒に麻の葉模様をつくりましょう、つくっていきませんか?

お気軽にお問い合わせくださいませ
お待ちいたしております







この記事をはてなブックマークに追加

母が見せてくれていること

2018年02月20日 | 日記

店舗前 シャラの木の小ちゃな芽です

母がいのちの日を迎えてひと月以上過ぎています

その間仕事、家庭のこともあり何だかよく覚えていないのですが時間ってこんなにも早く過ぎてしまうのですねぇ

父が「これからどうしたらよいのか・・」と不安のようでよく電話がかかってきています


母の遺した言葉に「お父さんを困らせないでね・・」ともありましたのでできるだけ父の氣持に添いたいと思いながらいます


父は1日中自分の時間を持っていますので好きな時間に電話がかかってきます
あら〜〜!!今なの・・と家事、出勤準備中で〜す・・思うときもありますが、これから先こうしてかかわれる時間がどのぐらいかしら?と思うと水鳥のように水面下では水掻き足で早泳ぎ?^_^、でも話しことばはゆっくりと みたいな事をしている時があり可笑しくなってしまうことがあります

今日は休業日でしたので、早朝から姉妹と一緒に父の元へ

これからの事などを話し合い、なん度も父が「迷惑かけたね、今夜はゆっくりと眠れる・・ありがとうございました」と私たちに頭を下げ安堵の表情をみせてくれました
父がこんな風にして・・とおもうと涙があふれます

父はこのひと月体調が優れませんでしたが、少しだけ回復してくると同時に不安なことがあれこれと出てきていたようですが少し解決したようでした

こちらもあ〜よかった〜と嬉しくほっとした時間です

それに加え以前は日常生活でわからなくなってしまうことがあれこれあったのですが、今は頭がとても整理されており話すことがしっかりとしています、これもありがたく嬉しいことです

人って自分にとって必要!と思われることは絶対!にできるんだなぁと見せてもらっています

周りは人生のお手本がいっぱいだなぁと過去も未来も考えず、今・いま・今と目の前のことと共に過ごしている氣楽なばぁばがいるのでした♬

今・いま・今は疲れが残らないのです( ◠‿◠ )










この記事をはてなブックマークに追加

春めいて

2018年02月18日 | 日記

繭結店舗近くで見つけた白蓮の可愛らしい蕾

日々中々散歩をする時間がとれませんので、銀行や郵便局へ出向く折、周りをキョロキョロしながら歩いています

この時期 花壇の花や可愛らしい木の芽を見つけるとなんだかわくわく嬉しくなってきます

植物さんたちは冬の間に溜めたエネルギーを春だよ〜!と一氣に放ちますねぇ

私たちのからだも冬の間に溜めたものを出して調えますね

当たり前にしてくれるからだって凄くないですか〜?

季節の変わり目になると次の季節に良いようにからだがしてくれるのです

私たちのからだは素晴らしく、そして不思議に思えて仕方ありません

この備わっている力を止めない様にする事が大切ですね〜

もし、食べ過ぎ、飲みすぎ、あれが嫌、これが嫌と自分本意の暮らし方をしていたなら ちょっと立ち止まり振り返ってみましょ

素敵な春を迎えられますようにです

自分のことを知っているようで案外知らないですものねぇ

人はしてくれません、自分のことは自分でしながら前に進みます

そんな舵取りができるなんて愉しくなりませんか?

自分の道です、自分で開いて進むのですよね
自分で決めるのですから失敗なんてありません

素直な氣持ですればいいだけのようですもの

もうすぐ春です どんな自分色になるのでしょうかしら〜

今からわくわくしているばぁばなのです


この記事をはてなブックマークに追加

ふっ と感じることを行動に・・

2018年02月17日 | 日記
2月も後半に入り なんとなく春を感じることができる東京です

いつも頭寒足熱の冷えとりスタイルで行動しておりますので、真冬でも顔や手先が冷たく感じることもありますが、本体の身体が冷えて仕方ないという事がなく日々の暮らしが楽なのです

人から真冬なのにそんな薄着で寒そう・・、もっとちゃんと着たら・・、そんなにくつ下履いていいの〜?などなどいろいろな声が聞こえたことがありましたが、私の中でふっ と感じたことをしているので周りの声は氣になりませんでした

ふっ と感じることは中から湧き出る強い思いのような氣がするのです

ですから私はふっ と感じた『冷えとり』をはじめたのだと思います

からだが氣持が本当に心地よくって私は私のしたいようにしてきました

とにかくこころの中が弾んでくるのです、今も続いております( ◠‿◠ )

これってすっごく大事にしたい私の中の氣持なのです


頭をあれこれ捻り考えることも大切なこともあるのかもしれませんが、私には無縁な氣がします
私にはできないことのようです^ ^

自分で自分を信じ するべきことをしたら後はお任せです

自分のできることを精一杯したら後はお任せ・・いいでしょう この感覚♬ 愉しくなっちゃいます

仕事であれ、家庭のこと いろいろなことに通じるように思えます


進藤義晴先生が教えて下さる『冷えとり』は壮大な想いを持ってということでなく、自分の普段の生活の間違いを正しなさいよ、地味に平凡にと教えてくださいます

この小さなことの継続が積み重ねられ思ったこともないようなしあわせとなり、そして壮大な想いにつながるような氣がしてなりません

『冷えとり』って素晴らしいなぁといつも嬉しくて仕方ないばぁばなのです




この記事をはてなブックマークに追加

『冷えとり』に取り組むと自然治癒力が強まる

2018年02月16日 | 日記
『冷えとり 繭結』は進藤義晴先生より学ばせて頂いています、『冷えとり』をご縁のある方々にお伝えさせて頂いています

『冷えとり』ということばが少しづつですが知られてきたように思います

『冷えとり』の言葉を聞かれたり、本をご覧になって心の声がこれだ!!と響いた方々はどんどん求めていきますからご自分なりにいろいろ工夫されながら、あれ?これでいいのかしら? うん?わからない などなどいろいろなことにぶつかりはじめます

これがいいのですねぇ、すっごく

聴いて、知って、行動し考えていくことが冷えとりの第一歩だと思います

先ずは素直な氣持で向き合うことが大切だなぁと思いますが『冷えとり』をやるもやらずも自分で決めればいいのですものね

今ではこうして『冷えとり』に携わらせて頂いている私ですが『冷えとり』のことばを聴いても私の中にキャッチするアンテナが立っておらず、2、3年聞き流しておりました

今にして思えばもったいない時間を過ごしたかも 〜なんてね^_^

まぁ、まぁいいでしょ
人には時期というものがあるんですものねぇ

『冷えとり』に出会ったら5本くつ下履いているから、半身浴をしているからと一部分をしただけで『冷えとり』の効果を期待するのではなく、総合的に『冷えとり』に真剣に取り組まれると私たちに備わっている自然治癒力が強まり、めんげんが始まります

☆くつ下の重ね履きをする

☆半身浴、足湯をする

☆食べ物をよく噛んで食べ、食べ過ぎない

☆衣類は肌に近いところは絹、木綿など天然繊維にする

☆上半身は薄着にし、下半身は厚く着る

☆自分本意の生き方をしない

これらを総合的にして、はじめて『冷え』がとれ、からだから老廃物(毒)を出すことができます

いろいろしないとならないように見えますが、先ずはできることからはじめてください
日々の暮らしの中でできることばかりです

『冷えとり』は自分をいちばん頼りとしてできることです

物の見方、考え方が変わり どっしりとからだや心に自信がつき、日々の暮らしが内面から愉しくなってきます

自分を信じてみましょうね

毎日愉しみながら暮らしているばぁばなのです











この記事をはてなブックマークに追加

ピアフとその男たちを観て聴いてきました

2018年02月15日 | 日記


昼間の朗読会で一緒でした友人と予定に無かったたけれど・・このながれで行ってみよう〜!と串間保さんの出演される『ピアフとその男たち』のシャンソンを聴きに市ヶ谷駅まで出かけてみました

時間がたっぷりありましたので、先ずは場所確認をしてからお腹を満たしましょうと 猪八戒という飲茶のお店へ

食べながら 命のこと、指だんのこと、入院している子どもたちにかかわるホスピタルジャパンのことなどなどいっぱい聴いたり、おしゃべりしたり
心もお腹も充たされました( ◠‿◠ )


さぁて行きましたよ、劇空間えとわ〜る
ここはシャンソン研究所と看板にあり、壁にたくさんのシャンソン歌手の方々の公演予定が貼られていました

ふたりして知らなかったけれどこういう所があるのねぇ・・と少し並んでチケットを購入しました

中は小さな劇場みたい・・正面にグランドピアノ、客席は50席ぐらいだったかしら

男性も女性も年齢は50代以上の方々が多かったような

みなさんワインやお茶を頂きながら開演を待つ穏やかな空間でした

いよいよ開演です

串間保さん、ピアフ役のりへいさん、ピアノ演奏のとしまさんで『ピアフとその男たち』がはじまりました

生でシャンソンを聴くのは初めてでした

フランス語で細かな内容は皆目わかりませんでしたが、からだ全体で聴かせていただきました

愛の賛歌を聴いているうちに涙がね 滲んできていました

言葉はわからなくても唄っている方の姿、声で伝わるものがあるんだなぁと感じます

歌って音にのせた心のあり様ですねぇうまく表現できませんが、・・お芝居も、絵画も、本も・・

終演後みなさんのお顔が「良かったですねぇ」のことばと笑顔でした

朗読会とシャンソンとす〜ごく充たされた氣持で帰宅した友人とばぁばなのでした

この記事をはてなブックマークに追加

愛・・

2018年02月14日 | 日記


串間保さんの企画された池袋えんがわカフェ第1回「お母さんぼく星になったよ」の絵本作家・ひかり詠み人白潟美栄子さんの朗読会に行ってきました

集われた中には初めての方、お久しぶりの方々と素敵な方々に出会うことかができ、とてもあたたかな空間での心地よい時間でした

白潟美栄子さんは現在大雪の石川県からおいでになられましたが夜中に目が覚めると外の様子をご覧になっていたそうです
石川県の空は晴れていてこうして来れましたとおっしゃっておいででした

皆んなが輪のようになって朗読会の始まりです

白潟さんの18歳のひとり息子さんの翔弥さんが亡くなる前夜にいつもより沢山のありがとうの言葉と共に澄んだ目でお母さんに「明日僕死ぬよ」との言葉を残し突然翌朝亡くなられたそうです

大切で愛しい息子さんを亡くされた後、生きる気力も失せてしまった中、翔弥さんから降り注がれる沢山のメッセージと共に描いたこともないとおっしゃっておいででしたが、鉛筆画を描かれ絵本になさったそうです

翔弥さんが亡くなられた翌年に3.11の東北大震災があり、美栄子さんは「お母さん僕星になったよ」の本と共に何度も東北を訪れては大切な方を亡くされた方々に絵本の朗読を届けておいでだそうですわ

美栄子さんはいつもいつも「だいじょうぶ、大丈夫」のことばを翔弥さんにかけていたそうですが、今は翔弥さんがお母さんの美栄子さんに「だいじょうぶ、大丈夫」とメッセージを送ってくださるそうなのです

大切な方を亡くされた経験のある方は姿は見えなくとも受けとる事のできるこのメッセージの感覚を味わっておいでなのではないでしょうか・・

美栄子さんの優しくてあたたかさを感じるお声ではじまりましたが題名、絵本の見開きにある「お母さん」の声になんとも深く優しい愛を感じ、最後まで目を閉じて聴かせて頂きました

涙がじわじわ染み出し止まらなかったばぁばなのでした

まだ日にちは未定ですが繭結にての朗読会のお約束をさせていただきました

その折にはぜひお出かけくださいませ


この記事をはてなブックマークに追加

繭結の場が喜んでいます♬

2018年02月11日 | 日記
いつも素敵な方々がうれしい氣持、キラキラの氣持、愉しい氣持、せつない氣持などなどいろいろな氣持を置いていってくださるので、繭結の場は沢山のことが学べるととっても喜んでいるようです

今日も素敵な方々がお立ち寄りくださいました

午前中は講師田中久美さんの『キミ子式』のワークショップ
今日はペン画でした

講師の描かれたペン画です

月一回の開催です、次回は3月10日(土)時間と内容は後日お知らせさせていただきます

絵が苦手と思われている方どうぞ、どうぞお問い合わせください、物の見方が変わってきて面白い発見があります♬


ごごには小さなお子さんを連れて以前イベント会費を払い忘れたのでとわざわざお持ち下さったSさん(私はすっかり忘れておりました^_^)

そのSさんと1時間ぐらいいろいろなおしゃべりができました、お互いの想いがす〜っと交流してとても心地よい時間でした・・忘れものにも意味があったようですねぇ( ◠‿◠ )

その後に何と!俳優の串間保さんがひょっこりおいでくださいました

串間さんが企画された『えんがわの会』の朗読会に申し込みをさせて頂いていましたのでわざわざお知らせを持ってお出かけくださいました



私は2年前位に鴻巣のあゆみさんの企画された会にて串間保さんのひとり芝居『木挽きのほほえみ』を拝見しファンになりました・・と言いましてもまだ拝見したのはその時のみでした

今回に繋がるきっかけはロスにお住まいの雲さん、ベビーマッサージやホスピタルジャパンなど子どもたちにかかわる活動をされておいでの岩井真知子さんからもいただきました


いろいろお話ししている中で思いがけず 串間さんが歌いましょうか?と『木挽きのほほえみ』を少し聴かせてくださいました・・ええ〜っここでですか〜!ととっても嬉しかったです


これも思いがけず帰りぎわに冷えとりくつ下セットを持ってくださり・・写真をパチリ

初めてお話をさせていただきましたがいろいろな方々が共通していることにびっくりしたり、愉しく氣持のよい時間を頂きました


今日も沢山の氣持を頂いて嬉しい繭結の場とばぁばなのでした








この記事をはてなブックマークに追加