選ばれない庶民のブログ

真実を探すブログ

地震の話

2016-11-08 02:10:54 | 都市伝説
人工地震は、日本でも昭和から行われていた技術で、昔は「人工地震」という見出しの記事が普通に新聞にのっていた。
最近では、メディアで人工地震のことを取り扱わないので都市伝説のように思われているけど、人工地震は簡単に起こすことができるようだ。


「地下深部掘削船ちきゅう」という船の乗組員が
人工地震をのことを話している動画。
"地下深部掘削船「ちきゅう」関係者の「人工地震」発言



《大地震の震源地》
●関東大震災→ 神奈川県三浦半島沖付近→海
●阪神大震災→沖の明石海峡→海
●新潟中越地震→新潟県中越地方→陸
●東北大地震→ 仙台市の東方沖70kmの海底→海

●熊本地震→自衛隊駐屯地→陸
●鳥取地震→鳥取県中部→陸



大地震の震源地が海ばかりかと思っていたら、最近は陸で起きているようなので、「内陸では地震は起こらない不思議。」という考えは撤回する。


ところで、2004年の新潟中越地震を調べていたら、大変な事実を発見してしまった。


大地震の起こった時、震源地の地下では、毎日実験が行われていたらしい。 


(抜粋)
『2003年6月20日から、新潟県長岡市の地下約1100mにCO2を圧入する実証実験を始める。

1日約20t、約1年半かけて、合計約1万tのCO2を地中に圧入する。
実験用には、工業用に製造されたCO2を使う。

★この実験開始から1年後に新潟中越地震が発生し、そして4年後の今回、またもや大きな地震が発生した

★中越地震の震源地と、中越沖地震の本震の震源地さらに余震の震源地と、CO2貯瑠実験の場所を線で結ぶと、ほぼ一直線になる。そしてその「ど真ん中」がCO2貯瑠実験の場所である。』


→地下にco2を圧入、って怪しすぎる。
なんのための実験なのか………。その実験のせいで地震が起こったようにしか思えない。


素人の考えだけど、

海の地震→地下深部掘削船ちきゅうで起こすことができる
内陸の地震→co2圧入で起こすことができる
ということになるのか



ところで、熊本の地震の震源地が「自衛隊駐屯地」というのは非常に興味深い。
続きはまた今度調べる。











ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« メモ | トップ | 予言されていたトランプ大統領。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

都市伝説」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。