gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

ヘタクソな小説

2016-10-14 20:25:49 | 日記
「ベルーガ」という病院の掲示板を読むと、小林麻央さんの治療が少しおかしいことがわかる。


●麻央さんのブログによると主治医から、
「がんの影に隠れないで」と言われたらしいが、
「こんなことを言う医者は、いない」とベルーガの医師は書いている。

私も思っていた。医師は根拠がない発言はしない。
医師はこんなポエマーみたいなことは言わない。


しかもこの主治医は麻央さんを呼び捨てし、
「まお!今日の空は何色なの?」などとわけのわからないことをほざいている。
この医者は存在しない幻の人物だと思う。



●「がんで侵された部分が臭うから、qolのため手術した 」ことについて、
「そんな治療は寿命を縮めるだけ。」とベルーガの医師はコメントしている。

●10月9日医師による掲示板の書き込み
「 ブログに公表されているようにルミナルBタイプで最初に腋窩リンパ節転移しかないなら、一般的には2年そこそこでこのような状況にはなりません。」
つまり、「進行が早すぎるのがあり得ない」ということも書かれている。



麻央さんの病状やブログには前から謎が多かった。
自分が気になったのは、

●9月のブログ記事に麻央さんが、「私は入院中でよちよち歩きしている」と書いているが、現在は、何事もなかったように外出しまくっている。
足とかに転移してるわけでもないだろうし、よちよち歩きにはならないだろう。病状の設定がブレてる。

●「がんかもしれない」と検査結果に出たときの、海老蔵の反応の薄さ。「やばいんじゃないの?」
これがリアルな反応だとしたら、この言葉にこの人の人間性が現れていると思う。



「まお!今日の空は何色なの?」という変な医師がでてきてから、このブログをヘタクソな小説にしか思えなくなった。


ブログの変なところまとめ

●ポエマーな医師が登場
●早すぎるがんの進行
●1年半の間治療しなかったこと
●高度の治療どころか寿命を縮める治療方針
●手術後、よちよち歩きが急に治ったこと




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本て怖い。 | トップ | 10月3日くらいのベルーガの医... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。