画像は主に3DCGです。

3DCGの制作課程や配布アイテムの取説等。
たまにCGと無関係な記事もあったり。
自分のためのメモ的なブログ。

POSER用【Qipao&ChinaHair】

2014-06-11 | ダウンロード
★シルエットクイズ★チュウ吉くんはどちらでしょうか?
正解は一番下にあります&まだチュウ吉くんをご存知ない方も記事を読んでいくと答えがわかります♪
※この干支クイズ…じゃなくて、絵とクイズはタイトルとは無関係です(^_^;)
~~~~~
では、本題…チャイナ服(Qipao)とお団子ヘアー(ChinaHair)ができました~。
チャイナ服はモミモミくんに着用して使用。服の肩にボーンが入っているので、腕が肩にめり込む場合、服の肩を上下して調整してください。
でもこの肩のボーンを上下にしか動かないように設定しているので、腕を上げて前に出すと結局めり込むと思います。←肩の前後の調整が難しかったので諦めました。
  
腰部(hip)には裾揺れ用モーフ(前後左右、前左右半分ずつ)があります。
結局POSERpro2014で「モーフの分割」という項目がどこにあるのかわかりませんでした。POSER8ではモーフの右端の三角(設定)の中にあったのに…いずこへ?

黒字に白抜きのドラゴン柄なので拡散反射のところで好きな色に変えてください。釦と縁取り部分の色は「piping」というマテリアルで変更出来ます。

今回はマテリアルファイルは付いていません。
~~~~~
ChinaHairを付けるには耳を非表示にする必要があるので、今回ポーズファイルでCR2を操作するというMATポーズを付けてみました。
耳を消すためだけのポーズファイルと、耳消し+マテリアル変更をするポーズファイルの2種です。モミモミくん本体に対して使ってください。

これは…耳をかじられたドラ○もん状態ですね(・_・;)

↓髪型は前髪有りと無しの2種。

ヘアーコンテンツとして登録しているので、モミモミくんを選択した状態でロードすれば頭にペアレントされます。
~~~~~
★補足情報★
1.服のUVはこんな状態になっています↓

背中心が左右に切れているのが厄介ですが…同梱していないおまけテクスチャ↓

使い回し&低解像度ですが、こんな感じで作ってくださいという見本ということで…これをコピペでお持ち帰りいただいても構いません。

2.POSER10もしくはPOSERpro2014の場合は髪型、チャイナ服共にサブディビジョンサーフェイス使えます。使わなくても許せる程度にはしているのですが、適用すれば若干滑らかになります。しかし服のほうは既に釦が細かいのでレベル2以上にはしないほうが良いです。

レンダリング時のスムースポリゴンは使っても使わなくても大差ありません。

3.三次さん家のNEWキャラ(リメイクキャラ)のチュウ吉くんについて

Readmeには表情の「各モーフは共用は出来ません」とあるのですが、Smile+SurprisedやSurprised+Angryで目が点(上下)になったり、Smile+Surprised+Angryで白目になったりします(^^)

画像右端のSurprised以上に驚かせたいときに使えそうです♪
↓こちらはチュウ吉くんをいただいて直ぐにレンダリングした画像。artistsideのアルバムにも置いています。

この組み合わせで見ているとモミモミくんにも小判を持たせたくなりました。縁起物のチュウ吉くん達につられて招き猫っぽく見えました。

4.ふと気付いたposer2014の日本語版の怪奇現象。
rEarを「後ろ」って訳してやがるのです。何故だ?
CR2ファイルもrEarって書いてあるのに。私が何か弄ってしまったのかと思ってMOMIMOMIくんを再インストールしてみたが…やはり右耳は「後ろ」と訳す…何故?

POSER8では右耳って訳してくれます。もちろんlEarは左耳と訳されます。
rEarは…え?!もしかしてRear?!
だから「後ろ」って訳すのか?そんな和訳してくれなくても良いんだけどなぁ…(・_・;)
~~~~~
ではではQipao&ChinaHairのダウンロード&大きな画像はartistsideからどうぞ。
※今回のファイルにはラーメンは含まれておりません。
Shadeで立体視レンダリングもしたのですが、投稿時に使える画像容量が1MB迄なので、それはartistsideのアルバムのほうに置いておきます。

あとホームページが全然更新できていません(する予定が立たないのです)が、すみませんm(_ _)m
Dawnさんの絵が出来たら取り掛かろうと思っていたのですが、Dawnさんの髪も作ってみたところ納得いかないまま収集付かなくなったのでやる気が失せました。
~~~~~
★Special thanks★
三次様ご提供↓
・モミモミくん
・モミモミプリティーパンツ(はる様作)
・コタツさん
・チュウ吉くん
以上、三次のマスコット動物園より
↓クイズの答え~(^_^;)バレバレですね。


ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Qipao | トップ | 更新履歴(?) »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お茶目なこのシルエットは、 (sannzi)
2014-06-11 20:01:24
なんんとモミチュウでしたか、ミッキー○ウスかと(*^。^*)
シルエットにしてもチュウ吉君がしっかりネズミに見えるので、ちょっと嬉しかったです。

チャイナドレスの肩のボーンは気が付きませんでした、すみません。
細やかな心使いを感じます。

「モーフの分割」ですが、私のPro2014英語版では、Split Morphとして付いています?
試しにモミモミの目で試したところ、しっかりウインクが出来ました。
日本語版を持っていないので、ちょっと対処法がわかりませんでした(+_+)

やっぱりお団子ヘヤーカワイイですね。
耳消しポーズもとても親切だと思います。

チャイナドレスの柄描き変えも面白そうですね、チャレンジしてみたいです。
サンプルもセンスを感じさせてお見事です。
リアルでもテキスタイル作成が、お好きなのではないでしょうか。
私はそのセンスが無いので時たま作るとき、とても苦労します。

チュウ吉君の目はモーフの組み合わせで千変万化しますね(^・^)
楽しんでいただいて良かったです。
それにしても何故干支にネズミはいても猫がいないのか不思議ですね。
どちらかと言うと昔は米を食い荒らして困ったネズミだったと思うのですが?

私の方はここ数日思わぬ雑用が入って、さっぱり進めませんでした。
早く激カワ中華モミモミを楽しみたいのですが、それに絵にしてブログでご紹介しなければ・・・
それではartistsideで正規版をいただいてきます(^・^)
sannziさんへ (tweety)
2014-06-13 08:55:04
おはようございます♪
シルエットで判断できるというのはマスコットととして重要なポイント且つ優れたマスコットデザインの証だと聞いたことがありますが、三次さんのマスコット達は皆すぐに誰かわかってしまうのでシルエット「クイズ」にはなりませんでしたね(^0^;)
猫が干支に入らなかった理由は諸説あるようですが、改めて理由を考えてみるのも面白いですね(^^)

服に肩のボーンを追加したのは腕の影響範囲での調整がむずかしそうだったので…でもこれこそモーフのほうが良かったのかなと思ったりもしました。
そしてやはり「モーフの分割」は日本語版では見当たりません。しかもShadeを経由すると頂点順序が狂ったりするので、POSER8起動してモーフの分割だけしている状態です(T_T)

テクスチャーを新たに作ろうとすると意外と時間掛かりますよね。お花を散りばめたり、コタツさん柄にするというのも思いついたのですが、取り急ぎ過去作の龍になりました。是非オリジナル柄に差し替えて遊んでいただければと思います(^^)
私が作りたくて勝手に作っているだけなので、紹介のほうはどうぞお気になさらずに制作を楽しんでいただければ幸いです(^^)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。