だいちゃん と うみ



夏になると決まって本棚から取り出し、ページをめくる一冊の絵本。

初めて手にした時から、その後、何度も何度も、開くたびに必ず

「 ほぅ。 」 と、小さく深くため息をつかざるを得ない一冊。

太田 大八・作 『 だいちゃん と うみ 』 です。



 だいちゃんは、なつやすみに いとこの

こうちゃんの うちに あそびに きました。

 よくあさ はやく、だいちゃんと こうちゃんは、

みそづけと たくわんを いれた てぼを もって、

うみへ くだる みちを かけおりていきました。



こうして始まる だいちゃんといとこ達の、ある夏の一日を描いた作品です。

表紙の絵、裏表紙の絵だけですら、もう私はグッときてしまうのですが、

まずは表紙を開き、見返しを開き、扉。

その扉絵から、この夏の叙情詩のごとき作品が静かにはじまっています。


だいちゃん、こうちゃん達が住んでいるこの海沿いの土地の、

真夏の一日の、光の変化の描き方が本当に素晴らしいのです。

まだまだ暗い、深夜を少し越えた頃 ( 扉絵 )から始まって、

薄墨色になってきた空が徐々に明るくなってゆき、

間もなく快晴の朝を迎え、

そしてどんどん日は高くなり、

真夏の太陽の日差しです。

最高潮の時刻の光は、足を浸している浅瀬の海水で表されています。

浜辺で足を浸すと小さな魚が寄ってくる、その透明で美しい海水を、

真上から照りつけている太陽の光を通して。

自分の足のまわりを泳ぐ小魚と遊ぶだいちゃんの視線になって、読者である私達も

知らず知らずに、いつか過ごした夏を重ね合わせ、キラキラのあの日差しを

思い出します。

次のページは、穏やかで雄大な地平線に沈む夕日。

海の一日を満喫したこどもたちと、夕日と夕焼け色に染まる空と海との最後のひと

ときのシーンです。

それから、最後のページに向かっての、暮れていく空の精妙なトーンダウン、

そして、そして、私の胸を鷲づかみにして止まない行灯のシーン。

夜明け前、早朝、午前中、正午頃、昼下がり、夕方、薄暮、夜。

刻々と変化してゆく夏時間の一瞬の見事な切り取り方に、切なく懐かしい

気持ちでいっぱいになります。

黄色い光のエジソン球が灯る、なごやかな夕餉の場面でお話しは終わります。

さり気なく説明される道具や生き物の挿絵もとても楽しく興味深いのです。


この絵本は、昨年8月に97歳で亡くなった絵本作家・太田大八氏の子供の頃の

思い出を描いたものだそうです。

太田大八さんは、長崎県に生まれ、10歳で東京に移ったということなので、

この物語の ” だいちゃん ” 、絵から見てだいたい7歳~8歳くらいかな、と

して、90年前の日本です。

いとこのこうちゃんは、まだ丈の短い夏着物に麦わら帽子ですし

近代的なもの、燃やせないもの、は何一つ登場しません。

子供達がまだ明けやらぬ早朝から夕暮れまで遊んで、遊んで、家に着いて

とっぷりと暗くなってももまだ遊んで、夕ご飯で呼ばれて、やっと家に入り、

みんなで食卓を囲む、ただそれだけを描いているのですが、

ただそれだけ、の子供時代がこの90年間に消滅してしまったことに、

90年前の日本の暮らしの豊かさ、美しさに、ほとんど哀しみにに似た

感情を抱いてしまうのは私だけではないと思います。


後ろ見返しに地図が載っています。

九州の大村湾というところは、穏やかで静かな海なのでしょうね。

これぞ日本の夏の情緒、

絵本を閉じて「 ほぉ 」 とため息一つ、静かな余韻が続くのです。









『 だいちゃん と うみ 』
太田大八さく・え / 福音館書店 / ISBN4-8340-1098-8 C8795



































































コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )
« 福田元美 真夏... 日替わり »
 
コメント
 
 
 
みそづけとたくわん (そらまめ)
2017-08-01 12:29:10
表紙、瞬間でグッときました。。みぞづけとたくわんにもグッ。
読みたいな。。
さっそく図書館で探して読みますネ。

人魚姫も読みましたーーーー!とっても素敵でした。。
 
 
 
そらまめさまへ (PQどき)
2017-08-01 13:15:27
こんにちは!

ふふふ、今回のこの絵本を紹介する分を書きながら、

そらまめちゃんもきっと好きだよなあ、、とまた思って

いましたよ、予想的中!

「 みそづけ と たくあん 」 は、食べるために持っ

て行くんじゃないのです。では、何のため? それは

読んでのお楽しみ~ ぜひ探してみてください。

私の ” お気に入りの夏の絵本 ” 筆頭の一冊です。
 
 
 
そらまめさまへ (PQどき)
2017-08-01 13:18:47
分 じゃなくて、文 だわよっ!!

急いで打って気付かなかった・・・
 
 
 
こんにちは (うみちゃん)
2017-08-16 21:38:15
今日は。海美ちゃんです。
お久しぶりです。どきさん。
いまパスキューが気になって調べたら
楽しそうな感じだったのでコメントしました
いま福岡にいます。
なつかしいなぁ
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。