チューリップ



春の代表的な花、といえば、子供の頃から ” チューリップ ” 。

子供の頃、家の庭にもチューリップがなんとなく ( この、なんとなく、っていう

感じでしたねー、時期が来たら自然に芽が出て気付いたら咲いている、ちょっと

まばらな感じ・・・ ) 咲いていましたっけ。赤、黄色、白、混じり赤黄色くらいかな。

昔のチューリップって大抵その3色だったような・・・。

今は中間色の素敵な色合いのチューリップがたくさん増えましたね。

花びらのかたちもいろいろ、種類が増えて、チューリップって意外とセクシーな

花だったんだなあ、と認識を改めさせられました。

そんな中で、いざ自分で選ぶのは、白。

その時の小銭入れの中身に合わせて、買える本数を、白のみで。

濃いめのグリーンの葉と、スッキリと伸びた茎の先には、オフホワイトの柔らかな白い

花びらが寄り添う卵形の蕾が一番いいな、と思うんです。

でも、たまーに違うときもあり、

写真のこのときは、3月の始め頃、まだまだ寒いなかで、この淡いピンクに心奪われ、

スーパーのお花コーナーで、3本入りの包みをひとつ買いました ( 小銭入れの中身相当 )。

家に帰ってさっそく生けてみると、、、、

家に、ほんのりと淡いピンク色の春がやってきたみたいで、

たった3本のチューリップなんだけど、その姿は、春の導き手としての誇りに満ちていて、

それは立派だったのでした。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 蕗の薹 ふた口でパク... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。