外患誘致の詔

政治、能書き、独り言…
殆ど自己満足

今も健在、振り込め詐欺。そしてこれからも…? 防衛しようぜ

2007-09-29 01:31:11 | 社会・政治・法律とか

振り込め詐欺は最近とにかく悪質且つ手口が巧妙化している。
何より、振り込め詐欺撲滅には「供給者」である騙される人がいなくなることが必要だ。
ある意味、騙される人がいるから振り込め詐欺は横行している。酷い言い方をすれば振り込め詐欺で騙される人は振り込め詐欺横行の手助けをしている加害者とも考えることが出来る。
あくまで、これは法律上の解釈じゃなく、振り込め詐欺の横行の要因だ。

振り込め詐欺の横行の理由は単純だ、「楽してリスクが無く儲けよう」というそれだけ。
従って、振り込め詐欺にある法律にあたかも基づいて正規に取り立てを行うかのような記述、あんなものに誑かされてはならない。
騙されないためには警戒することが必要だ。息子などを装って電話を掛けてきたり、息子さんが事故を起こして示談金が必要だと弁護士を称する人物から電話があったり、本人の携帯番号から着信があって信用してしまったり、そういったケースが多いらしい。

振り込め詐欺の厄介さは、一度振り込んでしまったらカネを取り返すことが極めて困難だと言うこと。
相手がこちらに連絡を取ってくるときに使用している携帯電話や固定電話、銀行口座はすべて他人名義で用意された物で、そこから相手を特定することは警察の力をもってしても、即座に判断することが難しいのだ。この匿名性が振り込め詐欺を容易にしている。

どうしたら騙されずに済むのだろうか?
そもそも、自分は騙されないと高をくくっている人もいるだろうが、俺も含めて誰もが騙される可能性を秘めている。今後どんどんもっともらしい手口が出てくるかも知れないからだ。

しかし、振り込め詐欺で絶対といって良いほど無いことがある。
一つに、相手は決して直接こちらと接触を試みることは無いと言うこと。それは極めて連中にとってリスクが大きいからだ。
接触すれば、人相が晒されるしいつ何時警察に通報されて逃げ場を失うかもわからない。
日本の何処にいるかわからない匿名性の高い状態を連中は好む。

まず、不動産会社、金融機関、電話会社にも多少の責任がある。他人名義の口座を容易に作れてしまうことだ。
保険証や住民票、戸籍謄(抄)本といった本人が持っていると主張しているだけのものを身分証明書として認めないことではないか?とおもうのだ。
写真付の身分証明書を提示させるべきだ。運転免許証、パスポート。これは絶大な本人特定の能力を持つ。

そもそも、写真付でない身分証明書は身分証明をしているとは言えない。
性別が一致し、年齢がほぼ同じであれば相手が本当に本人なのか、そうでないかを判断する術が無い。
不動産会社に他人名義の住民票などを提示してアパートを借り、そこに同じく他人名義の身分証明で電話を引き、そこを拠点として使い捨ての他人名義の銀行口座を使用してカネを搾取する。
ばれたら他人名義の身分証明を廃棄、とんずらしてしまえば足が着きにくい。

身分証明に写真があればそれだけでこのような他人になりすます行為が難しくなる。
そもそも、運転免許証もパスポートもそんなにたやすく偽造できる代物じゃない。特にパスポートは困難だ。
運転免許証は各都道府県公安委員会が所轄して発行しているが、最近になってようやくキャッシュカードサイズに統一されてきた。

写真無しの身分証明書が意味をなさないものにしてしまえば、振り込め詐欺は経るかも知れない。
しかし、写真無しの身分証明しか認めないと、保険証や住民票の他に身分を証明する術が無い人たちには困る問題だ。
かといって、国が戸籍法以外で国民全員の管理を行うとし、顔写真付を強要するとしたらどうだろうか?
あらゆる経路で個人を特定可能な情報が漏洩する畏れがある。顔写真付の国民管理システムは道理に反するうえ、ではそんなシステムをどこの会社が受注し、孫請けや協力会社の人間まで完全に情報保護を徹底できるだろうか?
恐らく不可能。

要するに、現状では振り込め詐欺グループが他人名義の身分証明を利用して準備をする方法を絶つことは難しい。
そうなると、騙されないように自衛する事しかなくなる。警察や国、自治体や不動産屋、金融機関や電話会社が信用におけないなら、自衛しかない。

どうやって振り込め詐欺であるかを防止すればいいか?
一つに、身内にお年寄りがいる場合、「自分が他人名義の口座にカネを振り込むように指示することは絶対にあり得ない」ということを事前に伝えておくこと。
これは相当徹底しなければならないだろう。お年寄りだけではない、親類全員に周知すべきかもしれない。
弁護士や警察を名乗ったり、手口はこれからもどんどん悪質で巧妙になってくるだろうからだ。

そして、脅しに応じないことだ。
息子さんを誘拐した、身代金を払わなければ殺す。恐らくこんなリスキーな振り込め詐欺は起こさないだろう。しかし、息子さんが携帯を紛失し、その携帯から電話をされて息子さんが紛失したことに気づかなかったとしたら、信用してしまう可能性があるかもしれない。実に危険だ…
しかし、これは振り込め詐欺を起こす連中にとってはリスクがでかすぎる。事件が思いも寄らないほど大袈裟になってしまうかも知れない。

あとはなにがしかの方法で入手した個人情報を利用し、突然に葉書などで振込みを行わなければ法的措置に出るという物。
最もリスクが低く、しかし葉書代を取り返すだけのアテを付けて送付して来るであろう方法だ。
これは単純に防げる。
身に覚えのない意味不明な葉書や手紙の要求に応じる必要は全くない。それだけのことだ。
通常、法的措置に出ると警告を促す場合には内容証明郵便を使用する。これはそれなりの出費がある上に大量に出すには大変に手間が掛かる。
しかし、いざ内容証明郵便を送りつけられると尻込みして応じてしまう人間は多いかもしれない。

通常受け取ることのない特殊な郵便物だからだ。
書留郵便で、配達証明が付いて、配達員から「内容証明郵便である」ことを告げられる。
ちなみに、法的措置に出るとまで明記しても、それ以上明記することはほとんど無い。
何故なら内容証明郵便は正規の利用の場合「最終手段」だからだ。
これで応じなければ訴えを起こされても文句が言えない状況を意味する。それに恐れおののいて振り込んでしまうケースがある。

身に覚えがないのであれば、びた一文支払う必要はないし、仮に訴状が届いたとしても臆することなく出廷すればいい。
証拠不十分で相手は敗訴する。
それに、虚偽の訴えは「訴権の濫用」で罪になり、リスクが高いので実際に訴えを起こされることはまず考えられない。
ましてや、他人を称して出廷するなどそれこそ刑事罰で裁かれるリスクが大きすぎる。

要するに、騙されないためには事前に息子さんなどと、どういった際に振込みが発生しうるか、または決して発生しないということをしっかり話し合っておく、これだろう。
そもそも、他人名義の口座への入金などあり得ないことを断言しておかなければならない。
しかし、息子さんが交通事故を起こして警察で事情聴取中であり、被害者は示談金を要求しているなどとなると、どうであろうか?
引っかかる可能性があるかもしれない。
弁護士を称して弁護士の職務となる行為を履行した場合、弁護士法違反だがそれくらいの企ては十分想定しうる。

であれば、弁護士を称した人間の素性を確認することだ。
一体何処の法律事務所の弁護士で、何処の弁護士会に所属しているか、これを確認、そしてそのような法律事務所が実在し、且つ弁護士会にそのような弁護士がいて、法律事務所に連絡してそのような事を現在扱っているかを確認する。
実在する弁護士を称する可能性もありうる。
実に厄介なパターンだ。振り込め詐欺グループがなりすますべき弁護士本人が出払っていることを確認してから行われると難しい…
名指しで相談に応じて欲しいなどの口実でスケジュールを聞き出すくらいは出来るからだ。

こうなったら、弁護士であれば誰もが知っていることを確かめてはどうだろうか?
弁護士であることを確認する方法は幾つかあるが、一つに弁護士であることを確認する為であることを伝えた上で、法律論や六法のうちの何条に何という記載があるかを確認する。
弁護士を称することは簡単だが、弁護士の職務を遂行する能力まで称することはまず出来ない。
法律論、幾つかの条文を確認して質問してしまえばそれでいい。それを明確に答えられなければ弁護士でないと判断して良い。ただし、判例のほとんど無い死んだ条文は弁護士が本当に忘れているかも知れないので、一般的な物を幾つか質問すべきだろう。

条文は暗記で克服できるので、法律論が良いと思われる。
法律論はいくつもの考え方が存在し、司法試験に合格できるほど熟知することは極めて困難だからだ。
例えば、「結果無価値論とクリーンハンズの原則について述べてくれ」と言うだけでも十分な確認能力を有する。
もちろん、自分が答えを知っていなければならないから、それを勉強しておかねばならない。せいぜい2つの法律論に特化して覚えておけばいい。

警察官が振込みを要求することはあり得ない。被害者が直接電話してくるという設定、これはあり得るかも知れない。
しかし、示談に応じる必要はない。警察を仲介しなければ交通事故などは後々トラブルになる可能性があるというのは定説だ。

暴力団に拉致・監禁されて、命乞いをしている、しかもそれが本人の声にそっくりだとしたら?
本人と親類しか知り得ない質問をすることだ。パニックにならないことだ。
答えられたら、本人の可能性が高い。
答えられなくても、「殺される」など連呼してこちらをパニックに陥らせようと目論むかもしれない。
この類は最も厄介かもしれない。
人間の心理を突いた方法で、パニックになった人間は論理的思考を失い、感情的に行動してしまうからだ。

本人に連絡し、連絡が付けば嘘であることを見抜けるが、たまたま本人に電話が通じなければこれは困ったことだ…
心理的な方法を突いた予測外の方法、この対抗策は俺には考えが浮かばない。
誰か良い方法を知っていないだろうか?

 

コメント (20)   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ゼロの使い魔 ~双月の騎士~ 最終回 続き…

2007-09-25 22:34:20 | ゼロの使い魔

ってことで、これの続きです。
gooブログってば、10000文字までしか書けない!
htmlのタグやらで字数が増えてしまうからそれもカウントされてるんだろうな…
そんなら、エンコード形式をUTF-8にしてくれないかな…




(こっちはOPだよ)

じゃぁ、乾杯!

乾杯!(二人)

OPで出てくるシーンは、忠実に行われました、めでたしめでたし。

前作、第一弾のOPでシエスタが伝説のセーラー服を纏って「(くるっ)おまたせ~!」のシーンがあったけど本編で無くて裏切られた感があったけど、今回はちゃんとあった!
終わりとしては非常に良い終わり方だったなぁ!


で、結婚式ってどうやるんだ?

え?え、えっと、よくわかんないけど、誓いの…

キスか?

うぇぇぇ!?

どわぁ~ぐほぉ

もう!なんであんたはそうなのよ!!!

最後の最後までデリカシーが無いんだから!

サイト君、君はちょっとエロ過ぎるんじゃないか?
いや、高校時代を思い出してみる…

そういや俺はブラスバンド部だった。が、俺は工業高校にいて女子生徒はインテリア科にかろうじているだけ。俺のいた電気科にはナント、一人も女子生徒がいない!
そんな俺は、中学時代もブラスバンド部だったので、ブラスバンド部に入り、KKちゃんという女の子と出会う。
ちょっと癖毛で後ろで三つ編みにしてる女の子でトロンボーンを吹いていた。この子が好きで、しょっちゅうちょっかい出してたよ。
俺はトランペット吹いてたんだけど、朝顔(らっぱの広がった部分)でスカートの中を反射させて覗いたり、直接スカートめくったりして、よく叩かれてたw

あー、あの頃が懐かしい。
そーんなKKちゃんも結婚して今じゃ人妻だ。w
どうでもいい話だけど。

手を取り合って誓いの言葉を言えばいいのよ

うーん、気合の入ったルイズさんの図、下から舐めるようにパンアップでございます。
いかん、表現が少々オヤジだったな。

ルイズ…

ん?

俺はお前が好きだ。

なっ…んん…

俺はお前に会えて良かった…

わ…私も…

変な使い魔で、最初は「何よコイツ」って思ったけど…

今は、あんたで良かったって思ってる…

ルイズ…

サイトのストレートな表現がいいね。
俺、初めて彼女が出来たとき、彼女になって欲しいって告白したときのこと思い出すと…
今じゃあり得ないくらい心臓ばくばくして緊張したよなー。
もう、後戻りできないような支離滅裂で言葉に詰まってる状態、相手に好きだと伝えようとしているのはその時点でバレバレw
今思い出しても、あのときの気持ちは新鮮で純粋で良かったなぁ

サイトはまぁ、一度ヴァリエール家に戻ったときにいじけてるルイズが裏庭の小舟で一人いるところに迎えに行って「『好き好き』攻撃」を食らわしてるという前歴があるんだったなぁ


これね。↑

今まで色々ありがとう…

私も、私もサイトのことが…

(好き…)

エクレールダムールの花がサイトとルイズの誓約を理解したのか、光を放って反応する。
いつも素直になれないルイズ、これから7万の軍勢にちゃんと使えるかどうかも定かではない虚無の魔法だけを頼りに殿軍を勤めるべく、死にゆく前だからこそ素直な気持ちになれたのか?

サイトの入れた眠り薬が効き、声にならない声で「好き」とつぶやき、意識を失うルイズ。

意識を失い、崩れるように倒れ込んでいくルイズを支えて抱きしめるサイト。
このまま二度とルイズに会えないで死ぬであろう事を考えるときっと、涙が止まらずに溢れてきたのだろう。
みんな逃げてしまい、静まりかえった街中の教会の中にサイトのすすり泣きがこだまする…

俺ならまだ高校生じゃ、死の怖さとルイズと二度と会えないつらさで更に号泣だな…
というか、任務放棄でルイズと愛の逃避行か?w

どうせ行くなら、シエスタさん…もいいかと…
両手に花のサイト、モテまくりだ。いや、両手に花どころか、ルイズ、シエスタ、キュルケ、タバサ(…愛されてるというよりは慕われてる?)、アンリエッタお姫様、ジェシカ、ティファニア(妖精さん、但し『魅惑の妖精亭』に非ず)…。

なんでそんなモテんだよ!
ルイズとロバ・アル・カリイエに零戦で愛の逃避行を兼ねて、元の世界に戻る手がかり探しの旅ってのもいいかもね!
原作でそういう展開ってのもいいね~

やぁ、サイト君

ジュリオ!?お前、こんなところで何してるんだ?

僕は情報通なんでね…

殿軍の任務を引き受けたと聞いて、探してた

勝手に逃げないように…か?

違うよ、勝手に逃げろって言う為さ

姫様も大事だが、僕にとっては美しいルイズのほうが

もっと気になるんでね…

そうか…

それじゃあ丁度いい、ルイズを頼む

ああ、いいとも

それで君は?…

ちょっくら、7万の敵とやらに会ってくる…

ほぉ?

一つ聞いてもいいかな?

君にとって名誉の為に死ぬのは、馬鹿らしい事では

無かったのかい?

名誉の為じゃない、ルイズに『好きだ』って

言っちまったからだ

ここで行かなかったら『好き』って言った言葉が嘘に

なる様な気がするんだ…

僕も君に好きって言いたくなったよ

お前に言われたって嬉しくねぇよ

じゃあな、ルイズを頼んだぞ…

サイト、かっこよすぎだぞ。
死を前にそんなこと言えねえぞ、きっと俺には!いや、絶対にw

しっかし、ジュリオってアニメでは一体何のために現れたんだ!?
これじゃアニメだけ見てたら最初から最後まで謎の人物でおしまいじゃないのか?とにかく、ロマリアから来た神官であるということ以外何もわからんじゃないか。
しかも、妙にアンリエッタ女王と密だし、王室と一体どんな関係あるんだろうって気になってしまうだろうに。

ま、ジュリオがある意味、ここで本来の活躍の場が出来たようなものだろうか?
「ゼロの使い魔~双月の騎士~」の1~12話の配分、少々アンバランスに思えてきた。どうせなら、アルビオン軍との戦いにもっと時間を割いて欲しかったぞ。

アニエスが過去の仇討ちをすべく、魔法学院の地下の書庫に行く話、あれ要らないだろ?しかも、「インディ・ジョーンズ最後の聖戦」で出てくる、最後の試練にそっくりな場面だし…

サイトのかっこよさは、原作のほうが上をいくなぁ。
なにせ、殿軍をルイズに代わって引き受けた事は学院の連中やなんかが知るのはずっと後だし、アンリエッタ女王がマザリーニ枢機卿に促され、戦死者名簿に目を通す中、また敵軍の将軍から聞いた話からサイトであったことが分かるんだし…
そうして、とんでもない歴史に名を残すような手柄をあげたサイトは、アンリエッタ女王からシュヴァリエの称号を授与されて平民から貴族になり、ひいては水精霊近衛騎士隊の副隊長になるんだからさ。

今日はあなたがご主人様にゃん

うむ、猫ルイズ萌え~
18世紀ヨーロッパで猫コスプレあり得ないだろw
貴族がメイドの格好、伝説のセーラー服、バニーガール(シエスタさん)…
趣味丸出しな変態さが素晴らしい!


例によって10000文字制限により、続く…(TBD)
前のやつはこれ

 

コメント   トラックバック (3)
この記事をはてなブックマークに追加

ゼロの使い魔 ~双月の騎士~ 最終回

2007-09-25 09:39:39 | ゼロの使い魔

ゼロの使い魔終わっちゃったよ、寂しいね~
第三弾やってくんないかな?
原作とはまた違ったアレンジだったけど、結果として全体を通すといい出来映えだったんじゃないかなーと。
しかし、第三弾を作るとなると、いくつかの矛盾点をクリアしなきゃだね。コルベールが死んじゃったこととか、結局シェフィールドはどうしたの?とかね。
最後にちらっとティファニア(妖精さん)が出てきたのが良かったo(^^)o


第一弾と同様、最終回はOP/EDともに効果音入りw

胸も女王のアンリエッタ女王、国民とアルビオン王国の国民を見捨てることなく最後の船で出ると、ホントに素晴らしい!

原作では、軍上層部により殿軍を申しつけられるんだけど、アニメではマザリーニ枢機卿からアンリエッタ女王に秘密裏に殿軍を申しつけられるルイズ。

だけど、命令じゃなくて、任意。貴族であるルイズが任意とはいえ、虚無の力をアテにされ、断れる由もなく名誉のために引き受けてしまう。
貴族とは悲しいね。

「武士道」って言葉があるように、「騎士道」って言葉もあるんだよね。確か、アニメでは前作、第一弾で「土塊のフーケ」を倒したサイトの手柄によって、ルイズがシュヴァリエの称号を授与されているから、忘れ去られてるけどルイズはシュヴァリエの筈。
ところで、シュヴァリエの称号を持つ領地を持った貴族のフルネームって?

ルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエール

Louise Françoise le Blanc de la Vallière

「ラ」は"The"に相当して、「ヴァリエール」はファミリーネームで且つ領地名。
「ド」は"Of"に相当して、サイトが原作版で7万の軍勢を混乱させて退却の時間を稼ぐ殿軍をルイズの代わりにした手柄で、アンリエッタ女王よりシュヴァリエの称号を授与されて、「サイト・シュヴァリエ・ド・ヒラガ」になったんだよね。

ルイズの略称は「ルイズ・ド・ラ・ヴァリエール」だから、
英訳だと Louise of the Vallièreってとこ?
フルネームの英訳だと Louise Françoise the White of the Vallièreなのなの?
一体どこに「シュヴァリエ」は入るんだろう?

ルイズ・フランソワーズ・シュヴァリエ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエール

Louise Françoise Chevalier le Blanc de la Vallière

???それとも、

ルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・シュヴァリエ・ド・ラ・ヴァリエール

Louise Françoise le Blanc Chevalier de la Vallière

???

まぁいいや。主題から著しく脱線したw

デルフリンガーが、視聴者のためにわざわざ解説してくれてるけど、殿軍(しんがり)ってのは時間稼ぎのために最後まで居残る名誉的な死の任務。
逆が先駆、魁 (さきがけ)で、最前線に進軍させるために穴を開けるやっぱり命懸けの任務。
うーん、お家の為に死して手柄をたてるなど、今の御時世では考えられない思想だ。
だけど、カッコイイね。俺にはとても無理だけど。

メイドも、妖精亭のみんなも殺されるかもしれない…

辱められるかもしれない…

うん、悲しいけど、時代背景的に敗戦したら、女子供は辱められることは間違いなくて、それって悲しいよね?

しししし、シエスタが、まだ処女だけど大胆なシエスタがサイト以外の下賎な輩に辱められるなんて、俺耐えられません、マジで!
妖精亭って、リアルに想像すると…やはりキャバクラなんだろうか?えー、そんなのやだなぁ
ヴィスチェに身を包んだ女の子達だし、うーん、やっぱ風俗寸前ってことで、やっぱりパブってとこでしょうか?

アニメだと萌えが強くて、あまり直接的にエロに結びつかなくて…

…俺が誰より守りたいのは!…

サイト…

ルイズ…

あんたは逃げて、サイト。私に付き合って死ぬことはないわ…

なんだって!?おい!ルイズ!…

ルイズは第一弾の「使い魔召喚の儀式」で、異世界の住民つまりは日本人の高校生だったサイト、平賀才人を召喚してしまう。最初、イヤでしょうがなかった平民の使い魔サイト。
使い魔としてではなく、ルイズという一人の大好きな女の子の為に命懸けで守って貰ってきたことで、次第にルイズはサイトに恋心を抱いていく…
そして、今ではサイトは大好きなのに、大好きなサイトのため、祖国を守るために殿軍に向かおうとしている。
マザリーニ枢機卿より秘密裏に依頼され、名誉だけでなく、サイトや祖国を守るためにルイズは死を選んで、否、そうせざるを無くなってしまい、虚無の力でみんなを守ろうとするルイズ。サイトと永遠の別れになる寂しさから涙を流すルイズ、悲しいよ…(ノ_・。

ね?そうしなさい…

…だって、あんたはこの世界の人間じゃないもん…

おい、おまえ…本気で言ってんのか??…

ルイズ…

…わかった、もういい、もう止めない!

サイト?…

乾杯しよう!…

え?

俺の世界では、こういうとき乾杯して別れるんだ…

シエスタから、ルイズに危険なことをさせられそうになったらルイズに飲ませて寝ている隙に逃げてと渡された眠り薬を思い出したサイト、ルイズの名誉を傷つけず、そして大好きなルイズを死なせないためにルイズを眠らせることに…
大好きな女の子のために死を遂げる…
アニメだし、フィクションだけど、平和ぼけしてしまった今の日本人に出来るんだろうか?俺に出来るんだろうか?
まず、無理。何とか生きる術を探してしまうんだろう。

世間から非国民、弱虫、どう嘲られようと這い蹲ってでも生きてやる!きっと、俺なんかそんなもんだろうな…
だけど、日本も第二次大戦(大東亜戦争)中に国家と軍部による洗脳、治安維持法と治安維持特別警察によって国民の自由を著しく奪い、戦争で死ぬことは天皇陛下のため、お国のために死ぬと言うことでこの上ない名誉なことであると洗脳していったんだよね…
まして、すでに赤紙(召集令状)が来て大事な息子を戦地にやっている人からすれば、抜け駆けは許せない、生きて帰ってきて欲しいという親の気持ちとは裏腹に赤紙が来たことを集落を上げてお祝いしたんだから。

9・11アメリカ同時多発テロ以来、日本の「神風特別攻撃隊」通称、特攻隊はイスラム原理主義の自爆テロと重ねられ、狂気と見なされてしまっている。
だけど、サイトが取った行動のように、特攻隊でこれから敵艦などに体当たり攻撃をするにあたり、同志と「別れの盃」を交わす場はよく写真で見たことがある。
俺の実家にも、死んだ爺ちゃんが戦友と名を連ねた日の丸の旗がある。恐らく、そこに記された名前の人の多くは戦死してしまったんだろう。

さて、ルイズは一方でサイトがあっさりとルイズが殿軍を申しつかることを快諾したかのように感じて、名誉の死を馬鹿馬鹿しいと否定し、猛反対することを予想していただけに少し困惑してしまう。
きっと、ルイズは本当は一人で死にたくない、サイトと一緒に生きたいとおもってただろうし、何が何でも行くのを止めて欲しかっただろう。
だけど、名誉のために死を選んだルイズは自分が決して引き下がることはないし、サイトにこうもあっさりと快諾されてしまって引くに引けなかったところもあったかもしれない。
だけど、そんなサイトの気持ちを素直に受入れ、別れの盃は結婚の誓いの杯へと変わる…

ねぇ、サイト…

『今生の別れ』に一つだけお願いがあるの…

なんだ??

これが最後だからな、何でも聞いてやるよ。

けっしたいの…

んぉ?何がしたいって??

だから…

だから、結婚したいの!!!

のわぁ!

結婚!?

何故か、サイトって色々知ってるんだよね、高校生にしては。
実は優等生なのか!?
今生の別れなんて、なかなかシブい言葉を使うし。

ルイズにお願いをされ、まさか結婚したいと言われるとは予想だにしていないサイト、想像を超えるお願いに焦りまくるw
そりゃ焦るわな。
ってか、ルイズみたいな子に結婚したいなんて言われたら、みんなときめいちゃうよね。

ルイズ~、カワユス~って叫びたくなるじゃん!
関係ないけどさ、22日にアキバに行ったわけさ。そしたら、そこら中にルイズの抱き枕カバーが売ってるわけ。
魅惑の妖精ヴィスチェを纏ってパンチラしちゃって顔を赤らめてるルイズさんとか、ネグリジェ姿で誘ってるような顔つきのルイズさんや、「おいおい、これって買うのはいいとして、二次元を抱いちゃうんですか?しかし、それもやぶさかじゃないかもしれん。」とか思ってしまう俺。
それにしても、「結婚したいの」が声が小さくて、

したいの…」って聞こえるんですがw
え゛~~!?い、いいんですか??ルイズさん、

俺しちゃいますよ」とかなっちゃうでしょw
くぎゅ(釘宮理恵)嬢の声で「したいの」なんて…。在りし日の「ゼロの使い魔~双月の騎士~」で、くぎゅ嬢が喘いじゃっている声で興奮した男子諸君も多かろう。
それはさておき、

エロの使い魔」にしては、何故か今回はそうならなかったけど。

くか勘違いしないで、けけけ結婚もしないで死ぬのが嫌なだけよ!

あん、あんたが相手じゃ、しょうがないけど…

この際だから我慢してあげるわ…

と、とにかく、生きてきた証に責めて結婚くらいしたいだけなの!

照れ屋でプライドの高いルイズは、結婚もしないで死ぬのが嫌だと、あたかも相手は誰でもいいかのような言いぐさ。
本音はサイトと結婚したい!
サイト、お前羨ましいぞ!と思う俺は普通の筈だ。

にしても、くぎゅ嬢のルイズが言葉に詰まる表現、非常に素晴らしい!
と、とても活字で表現することは出来ない。

俺は声優さんマニアじゃないんだけど、くぎゅ嬢はルイズの声の一撃で、俺、瞬殺セラレマシタ

なんだよ、それ?

エクレールダムールの花。

エクレールダムール?どういう意味だ?

んっ、いいい、いいのよ、意味なんて…。はい!

る、ルイズ、これ…?

「エクレール」ってのはフランス語読みのエクレア(Éclair)のことらしい。
残りはなんだろ??
きっと、フランス語なんだろな。ゼロの使い魔の時代設定や舞台設定が17世紀あたりのフランスだし。
そうそう、ルイズ・ド・ラ・ヴァリエールもフランス革命の頃の実在の人物で、「ベルサイユのばら」でも出てくるとのこと。

そんな能書きはいいとして、とにかくこの花はルイズとサイトの絆ともなる花なんだね。
ルイズもやっぱり女の子、そんなとこが可愛いね!
原作には登場しないけど、これはこれでいい!

これできっと、私とサイトの間に確かな絆が出来る…

ただの主人と使い魔じゃなくて…

効いてくれよ…

ルイズ

え?

用意できたぞ

うん!

ルイズは、エクレールダムールの花?それとも結婚式?それによってサイトとの絆が出来ることを責めて死にゆく前に実感できることを幸せに感じる。
死を悟って覚悟し、これからサイトとの絆を作る式を挙げるべく始祖ブリミル像?それとも聖マリア像??に祈りを捧げるルイズ。
そんなルイズに気づかれぬよう、サイトはシエスタから渡された眠り薬をルイズの口にするワインに盛る。
正直、サイトカッコイイ!
好きな子の為に代わりに死ねるか?普通は無理だな!

アニメだから、こんな時代で結婚は一生だから、誓いは意味があるんだろう。
死んだらやっぱり生きている自分の幸せを優先し、そして死んだ人が最も望むことは生きている人の幸せであるとして、言い方を悪くすれば「鞍替え」するよなぁ…
かくいうアンリエッタ女王も思い人であったウェールズ皇太子が死に、他の人を愛することを誓約したんだから。

こんな純粋な時代、いいよなぁ
もちろん、戦争はいやだけどさ。


…続きを書こうとしたら、ナント、gooブログは10000文字まで!
チキショー!しょうがないので、続く…

続きはここをクリックしてね!

 

コメント (9)   トラックバック (19)
この記事をはてなブックマークに追加

何でも「メイドさん」使えばいいってもんじゃないんじゃね?

2007-09-21 14:51:57 | アニメ・萌え

メイドタクシーなんてのもあるらしいってテレビでやってた。
もちろんお触り禁止だと(笑

メイド喫茶までは分かるけど、メイドさんに運転して貰いながら色々話を楽しむのか?
普通自動車二種免許を取得して営業ナンバーでメイドさんがタクシーを運転。なんか複雑な気がw

「メイドなんとか」ってどこまで出てくるんだろう?
メイド美容室、メイドエステ、メイドフットケアとかあるが、すでに資格職にまで進出しているし。
まぁ、調理師免許が必要な飲食店、これは自然だな。
風営法の届け出が必要な風俗店、エロとメイドを結びつけるのはたくさんいるから、まぁこれも自然だ。

「メイドなんとか」っていっても、メイドさんと会話とかが楽しめなきゃ意味無いから、そういう職種だよな。
「メイド弁護士」… 別に違法じゃあない。でも、メイドさんであることを謳い文句に宣伝すると違法になるが…
メイドさんによる法律相談ってな。案外イケるかもしれんな。
事務的に相談に乗られるよりも、親身に聞いてくれそうだ…
しかし、刑事事件を扱うとか、そもそも揉め事扱うのにメイドさんじゃ不謹慎だよな…w

「メイド塾」、「メイド英会話」…
そのうち出てきたりして?
メイドさんが東大目指して勉強を教えてくれる… っつうか、勉強が頭に入らねぇよ!w

やっぱ、飲食店だよな。一番身近にメイドさんいてずっと見てられるのは。
「メイド警備」。メイドさんと侮って強盗に入ったら、実は警備のための訓練をみっちり受けていて返り討ち。これは意外にいけるかもしれん。
油断を与えてとっつかまえるみたいな。
っていうか、メイド警備って誰が恩恵受けるんだ?
メイドさんと話が出来なきゃ意味ない!だめか。

 

コメント (9)
この記事をはてなブックマークに追加

詐欺の横行 振り込め詐欺の悪質・巧妙化

2007-09-21 14:38:44 | 社会・政治・法律とか

もはや、振り込め詐欺は他人事ではなくなったように思える。
なにせ、組織化してマニュアルを作成し、相手をパニック状態に陥らせて冷静な判断を出来ない状態にして、カネを不当に搾取するのだから。

人間はコンピュータのように常に安定した量の作業をこなしたり、そういうものではない。喜怒哀楽があり、ときにそれが仇となる。
心理学的な方法を用いて相手をパニック状態に陥らせ、普通に考えれば明らかに不自然なことを冷静に判断させないように追い込む。
そもそも、よほどの人間でなければ、「警察」、「裁判」、「弁護士」、「暴力団」こんな言葉を聞いてしまい、自分の息子だと錯覚してしまえば慌てて当然だ。

もはや、「俺は振り込め詐欺なんかに引っかからない」などと高をくくっていられないように思う。
しかし、防衛策がないのか?
そんなことはない。
暴行事件などよりある意味悪質だ。匿名性が高い不当に入手した他人名義の銀行口座や携帯電話を使い、入金されてしまいさえすればもうそれらの口座や携帯は捨ててしまう。

であるから、そうそう簡単には足が着かない。
しかし、パニックに陥ってしまわないように予備知識を学んで防衛することは出来る。
よくあるパターン、弁護士を名乗る者からの電話。「あなたの息子さんは交通事故を起こし、現在警察で取調中です。被害者は示談金を支払えばこの事を無かったことにすると話している」など。
原則として、刑事事件には示談は存在しない。もちろん、警察で当事者同士で事実上の示談を行うことはよくあるが、その際に弁護士が何故存在するのだろうか?
仮に存在していても、本人でない人間が電話してくるとし、何故突然振込みを迫るだろうか?

仮に事実だとしても、本人に折り返しの電話をしてみる必要がある。
それで真偽ははっきりするだろう。たったこれだけの事で殆どの振り込め詐欺は未然に防げる可能性が高い。
息子からの電話だと錯覚し、しかも表示された電話番号が息子のものだとする、これは確実に息子からの電話だろうか?それも確実だと断言できるわけがない。
不当に入手した息子の電話番号を、欧米のコールバックサービスを利用し、発信番号を偽装しているかも知れない。

しかし、それでもこちらからかけ直してみれば相手が本当の息子かどうかははっきりと分かる。所詮発信番号を偽装しただけで、本来の番号に発信すれば息子の電話に繋がる。

もし、携帯を紛失して悪用されたとする。
携帯を紛失して気づかない間に悪用される可能性はある。これは相当危険なパターンになるかも知れない。
本人の携帯電話であり、身代金を支払うような電話で振込み詐欺を行われたら、かなりの確率で騙されかねない。
本人の声を聞かない限り、決して支払いに応じないことだ。
身代金誘拐が事実だとした場合、島国日本で成功したという話を俺は聞いたことがない。

身代金誘拐など、カネの受け渡しが最もリスクが高くなる。
本当に息子が誘拐されていようが、それが虚偽であろうが、警察に届け出て本人に連絡が取れない状態となれば、電話網は監視体制に入る。
そんなリスキーな状態になって入金されたカネを引き出すだろうか?
恐らく、あったとしてもマネーロンダリングを行うだろう。
時間差で警察の捜査が及ぶ前に現金が引き出せてしまえばいいのだ。
振込みされた瞬間に別の口座に振替え、すぐさま姿を消してしまえばいい。

心配すべきは、こうした悪質且つ巧妙な手段を行使した振り込め詐欺が組織的に横行することだ。
諸事情に詳しい人間、つまりはプロ集団による振り込め詐欺は発生したら被害は甚大で、もちろんリスクを加味して行動しているからそう簡単に捕まらない。

俺もインターネットによる振替や振込みは利用する。
家にいながらにして、または携帯で外出中にも家賃の振込みなどが行えて非常に便利だ。
便利故に使い方を悪用すれば驚異となる部分もある。
ネットワークの暗号レベルが高いかどうか、そんなことよりも結局は人間同士の騙しあいが最後は決め手となる。ソーシャルエンジニアリングというやつだ。

詐欺罪は刑が軽すぎる。
やはり刑法全般として量刑を見直すべきだと俺は思う。

 

コメント (9)
この記事をはてなブックマークに追加

山口県光市母子殺害事件 元少年の飽くなき攻防?

2007-09-21 14:15:01 | 社会・政治・法律とか

一身、二審ともに無期懲役の判決を受けた元少年、最高裁で二審判決の量刑は正義に反するとの判事により述べられ、差し戻し審理となったのはもう数ヶ月前のことだろうか。

そもそも、この事件は強姦殺人事件であり、明白であるのは姦淫目的での身勝手な行為により被害者殺害を行っている。
従って、殺人罪は逃れられるはずがないのだが、弁護団は死刑反対派で固められ、しまいには殺意の否定によって殺人罪を回避しようという本来の裁判の目的でない事をもはや濫用とも言える手段で行ってきた。

加害者少年が心神喪失状態ないし、心神耗弱状態である。または精神疾患の状態にあったとして傷害致死に持って行こうというつもりであったわけだ。
もちろん、被告の弁護権は当然守られなければならないが、酌量の機会を得るための弁護ではない。加害者少年は悪賢い、ドラえもんが本当に押し入れにいると思ったであるだの、死者への冒涜行為とも取れる姦淫すれば生き返ると思っただの、首を絞めたのではなく、首が絞まって窒息死してしまったというおかしな供述をしている。
精神疾患の状態にあることをアピールし、裁きを逃れようと目論んでいることが容易にうかがえる。

このような被告に酌量の余地があろうか?
幼い子供の命を奪い、母親を姦淫して殺害し、極刑が妥当であると言うことはおおよそ有識者の中でも同じでは無かろうか?
果敢に忍耐強く8年にもわたる裁判を戦い抜いている本村さん、あの人は何て気丈なのだろうか?
すべての裁判を傍聴し、傍聴の都度被告の心ない身勝手な供述に苛立ちと怒りを覚えたに違いない。

驚くべきは、被告は検察官に対して食ってかかる始末だ。自分のした事を棚上げして。自分の立場を分かっていないはずはない、あいつは知能犯だ。
あのような奴を娑婆に放ってはならない。税金で飯を食わせる必要もない。
国民誰もが極刑を望むはずだ。
そもそも、法律とは何のためにあるのだろうか?
国の秩序を守ると共に、国民が安心して暮らすために必要なものではないのか?

被告の更正と、社会の秩序の安定、被害者感情の配慮、どちらが大事だろうか?
もちろん、刑法の基本原則は被害者を守ることではない。
故に判事は保身的な判決を下すことは少なくないだろう。しかし、世論の反応とは国民の総意であり、国民の総意が憲法の基本原則の筈だ。
であるならば、国民の総意に基づいたジャッジが行われるべきだ。

到底国民のための法律とは思えない常識や倫理を逸脱した条文は今も尚多くある。
たとえ法曹界の有識者が審議して出来た法律であろうとも、有識者が倫理観に希薄で現実性を加味していない法案を作っていたのでは何のための法律なのだろうか?
新司法試験制度、これは結果として弁護士になる敷居を下げることになっているようだが、法科大学修了が受験条件であれば、偏向的にならないであろうか?

ふと思う。
弁護士とは法律論や判例ばかりに詳しくても意味がない。
人間なのだから、もっと人間らしい事務的ではない対応が必要なはずだ。
法律など、時に絵に描いた餅となる。いや、寧ろ殆どの場合そうだ。
給料の未払い、身内でのもめ事、いじめ、侮辱や名誉棄損といったもので一市民が訴訟を起こすことはどれだけあるだろうか?
民事に至っては、殆どは泣き寝入りだろう。刑事も親告罪に至っては同じだ。
訴訟大国アメリカのように、ちょっとした子供の喧嘩程度でいちいち訴えられては本末転倒だが、そのさじ加減をもっと国民心情を汲み取ったものとして欲しいものだ。

泣き寝入りはすべきではない、もちろんハンムラビ法典のような「やられたらやり返す」これが良いと絶賛するわけではない。だが、罪を犯した者は相応の償いをしなければならない、当然のことだ。人を殺めたことは償うことは出来ない。人の死をせめてもの償いとするのが極刑であると俺は考える。
泣き寝入りは被害者を増やすことにも繋がる。
日本の司法制度は敷居が高い。民事で争うにも弁護士費用も馬鹿にならない。
しかし、少額訴訟などの方法もある。泣き寝入りすることなく積極的に利用するべきだ。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ゼロの使い魔第12巻 早く読みてぇ!

2007-09-14 06:59:02 | ゼロの使い魔

原作だから、カテゴライズが不適切か?
いつの間にか、ゼロの使い魔12巻出てるらしいじゃないか!
ってなワケで、Amazonで注文したわけだけど、どうもレビューが酷評だ。ヤマグチ氏、どうやら趣味に走りすぎたか?w

あながち俺はヤマグチ氏の趣味は悪くなかろうと思うぞ。
そもそも、異世界に召喚されて貴族の女の子とラブコメなのに、貴族の子、つまりはルイズだな。

ルイズが猫耳付けるコスプレとか、メイドの格好するとか、

伝説のセーラー服をシエスタも併せて着るとか、おおよそあり得ない妄想が素晴らしいw
あまりに妄想が凄いから、俺はサイトに自分を重ね合わせて羨ましかったぞ。
そもそも、サイトはモテまくりだ。

アンリエッタお姫様、上流貴族ヴァリエール家の三女ルイズ、魔法学院でメイドをしてるシエスタ、ハーフエルフのティファニア、とにかくモテモテじゃないか。

しかも、シエスタは「触りたいなら言ってくれれば私拒みません」みたいな事まで言ってるしさ。
妄想ワールド繰り広げると、

こんちくしょー、そんなこと言ったら、あんなしたり、こんなしたり、はぁはぁ」とか考えるわなw

ヤマグチ氏の凄いところ、それはルイズのツンデレ具合のバランス。俺がサイトなら、一途に思ってくれるシエスタ!といきたいところだが、ルイズも捨てがたい所を持ってたりするわけだ。あー凄い!ルイズ、シエスタに甲乙付けられない。
だけど、妄想凄すぎです、ヤマグチ氏は何者だ?

灼眼のシャナを読んでみようと思うわけよ。くぎゅ(釘宮理恵さん)つながり。ひとまず読んでみようかな。まぁハマるんだろうな。
10月だっけ?11月だっけ?テレビ放送で続編やるんだよなぁ?確か。
そっちも控えてることだし!
ちょっとハマるのがワンテンポ遅いのにはワケがある。

チェックしてないから。
そもそもライトノベルとかの類に今まで手を出したことがないからどういうタイミングでアニメ化されるのかもよくわからんわけさ。
でも、最近は闇雲に録画してみて気に入ったら見てみるようにした。
おかげで450GBのHDDは常に飽和状態だ。500GBのHDDを追加したが、そっちはまだフォーマットしてない。
もはや、HDDからデータをDVDに焼くのが追いつかない!というか、MPEG2のままでいいか?っておもえてきた。

アニメ放送中のゼロの使い魔も10話が放送されて、残りは確かあと2話?ホントにそれで終わり??
悲しいぞ、俺。
OPで出てくる、ルイズが殿軍(しんがり)を勤める時の乾杯シーンはどうなるんだ??
これね。

結局、サイトは帰るのか?それともトリステインに残ってあとは視聴者のご想像にお任せか?まぁそうなのかな。あー第三弾もやってよ!
利益出るでしょ?ファンいっぱいいるしさ。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

結局アテは前総理の小泉氏?

2007-09-14 05:52:40 | 社会・政治・法律とか

そりゃぁ小泉さんからすりゃメイワクな話だよなぁ
あの人はちゃんと引き際を弁えてた。
俺は格差社会を助長した点では疑問はあっても、北朝鮮に実質乗り込んで一時帰国させるとした拉致被害者をそのまま日本に連れ帰り、国家を上げて拉致被害者を守った。
国民を守ったという点で俺は歴史的快挙と評価したいし、歴代総理大臣としては歴史に名を残して良い人物であると思う。

しかし、安倍晋三があまりに不甲斐なく、中途半端なことを繰り返してこのザマ、その後に小泉さん「宜しくお願いします」とか言われてもそりゃ迷惑な話だ。
まぁ、本人はやらないようだが、良くも悪くも、本人にとっても日本にとってももう小泉さんは為すべき事をやったんだから、もういいだろう。

さて、今日から公示か?
どうなるんだか。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新司法試験

2007-09-14 05:29:59 | 社会・政治・法律とか

新司法試験の合格発表がされたなぁ
旧司法試験を受けたことのある俺としては、新司法試験はビミョー。合格率の高さに驚いたが、それが新司法試験のねらいでもあるし、弁護士をもっと増やしてアメリカのようにもっと弁護士を一般的なものにすべきだろうと思う。
しっかし、新司法試験では合格率は40%越え!法務省の予測では80%だったっていうんだから、どんな試験内容なのか興味はある。

法科大学院修了者が受験資格者だから、よく調べてないけど、残念ながらもう俺には新司法試験の受験資格無いんだが…じゃないか?
ってことは、もう司法試験は諦めるしか無いわけか。
司法試験の合格率は数%だから、難易度はだいぶ違うがそれはどうなんだろうか?
まぁ、試験なんてのは実務では何の役にも立たないのはごく当たり前のことだし、弁護士なり、検事なりやがては判事なり、合格者は自分の目指すべき道を歩めばいいんだろうけど。

慶大で試験問題の策定に携わった教授が酷似した問題を生徒に配布したらしいけど、旧司法試験を知る限り、事前に問題を知ったところでどうせ合格なんか出来ないわけよ、そんな甘いもんじゃぁないしさw

でも、合格者がちょっと羨ましいぞ。
ヒマワリに公平を表す天秤のバッチ… 付けたかったなぁ(泣
見た目のかっこよさなら、行政書士だろうか?w
責めて司法書士に挑戦したいけど、仕事しながら勉強するのは無理だよなぁ…

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

モラハラ=モラルハラスメント

2007-09-14 01:37:23 | 差別:人種・信条・性別・国籍など

モラルハラスメント、これはモラルに反するハラスメント=迷惑行為のことなわけだが、要するにセクハラとかパワハラとかそういうのを総称して包括してモラルハラスメントという。

セクハラ:なんちゃらハラスメントの火付け役とでもいうか?一番最初に俺が聞いて、そして日本人の男性の性へのモラルの低さを知ることになり、自分でもそうした言動や行為にならないように心がけてるわけで。今も、セクハラに苦しむ女性は多いだろうなぁ。
しかし、ハラスメント=迷惑行為だから、犯罪かどうかというと、実にビミョーだ。女性を不快にするけど、名誉棄損でも侮辱でもない発言もあったりするし、女性に触れるのはセクハラではなく、すでに犯罪だし。

パワハラ:自分の職責を無用に行使して部下を怖じ気づかせたりする行為などだが、何処までがパワハラでなく、どこからがパワハラじゃないのか、こりゃ難しい。セクハラよりも難しいかも知れない。
受け取る側に重きを置けば本人がそれで落ち込んで仕事をびくびくしながらやるうちに出社拒否するようになったりすりゃパワハラだけど、言う側が本人のため、仕事のためを思って叱咤激励してるのであれば、それは受け止める側の問題ということにもなるし、どっちともいえそうだ。

アカハラ:学校、とりわけ大学における迷惑行為らしいが、俺は実態をよく知らん。

迷惑行為って括りがビミョーだよなぁ。
グレーゾーンだけど犯罪じゃないみたいな。
「疑わしきは罰せず」みたいなさ。
そもそも、痴漢行為は都道府県の迷惑防止条例違反で逮捕に至る。痴漢行為って、強制猥褻でいいんじゃないのか?
だけど、冤罪、これは怖い!怖すぎる!マジで怖い!電車乗れないよ、ホント。
男女を完全に分けるしか無いよな、これって極論からすれば…

痴漢行為が男性という性別への連帯責任であると見なされても仕方ないけど、みんながやってることじゃなく、一部の不徳な盛り馬鹿がやってるわけで、それで無関係な人が逮捕されたんじゃひとたまり無い。冤罪と分かっても社会的地位に重大なダメージ負うよな。

で、結局何言いたいだよ、てめぇは!?
って、言われると、要するに、老若男女関係なくモラルが低下してしまってるって思うと言うことだ。
かくいう俺自身、モラルに反する思想があるのかもしれん。
誰が正しいモラルを持ち備えているか、それを教育してくれる人も教育できる人もいなくなってしまったのかもしれん。
って思ったわけだ。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加