富士山麓だより

どんべえです 富士山麓の四季&随想

歯茎の治療

2008-02-26 23:10:16 | 健康
2月15日から歯茎が痛くなった。
といっても、バレンタインチョコレートの食べすぎではない。
20日には、かなり腫れてきて、23日には耳の方まで痛くなってきた。
歯医者に行こうと思ったのだが、仕事で行けなかったり、仕事の休みと歯医者の休みが重なったり、予約がいっぱいだったり。

そんなこんなで、今日ようやく歯医者に行った。

もはや歯茎から膿が出ている状態だったようだ。
器具が触れるだけでも痛かったが、高周波治療というのをしてもらって、だいぶ楽になった。

痛み止めの薬と抗生物質を出してもらって飲んだ。
夕方には腫れもずいぶん引いてきた。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 綾波レイ、全回転 | トップ | 霞む富士 »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
僕もいよいよ… (カエル)
2008-02-27 19:36:27
親知らずを抜くことになりそうです。
1日入院して、左右両方とも抜くみたい…。
まあ、まだいつやるかは、決めてないんだけど、もうすぐだと思う。
歯は、一生使うものだから、定期点検が必要なんだよね!
この年になると (maruto)
2008-02-27 22:21:40
いろんなところに支障が出るね。

一般的に、その順番は、「メ、ハ、マラ」だそうですが、「マラ」にきている気がするmarutoは、もう終わったってこと?って思っちゃいます。(苦笑)
親知らずは (どんべえ)
2008-02-27 23:06:54
20代のころに抜いた記憶があります。30代前半だったかな。
支障が出る順番は、初めて聞きました。健診で、ちょっとショックな結果が出たのですが、また紹介します。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。