信じれば真実、疑えば妄想…

季節は巡り、繰り返しと積み重ねの日々に、
小さな希望と少しの刺激で、
今を楽しく、これからも楽しく

妄想劇場一考編 ・『時代の核心・時の深層』

2016年10月19日 | 妄想劇場

妄想劇場一考編  
 
信じれば真実、疑えば妄想…… 

時は絶えず流れ、今、微笑む花も、明日には枯れる
 

Mituo

 

目的地にまっすぐ行く   
道はない   
だけど、いつも目の前には   
道がある


 


『時代の核心・時の深層』  

過去に起きていることから、
  浮かび上がってくる真実もある。・・・・



女性は、たった2枚の写真で伝えた!!
  「これがパニック障害なの」


パニック障害とはどういうものか。実際に経験したことがなければ、
完全に理解するのは難しいだろう。
それをわかってもらいたいと、イギリス人のアンバー・スミスさんが
Facebookに投稿したのが「不安とうつを抱える生活」を
表現した2枚の写真だ。

一枚目は自分を良く見せた自撮り、
2枚目はパニック障害に襲われた直後の写真だ。
キャプションにはこう書かれている


下:ソーシャルメディアで世界に見せている私。
着飾って、メイクをして、加工しています。「ノーマル」な私です。

B13_2

上:今夜、パニック障害がでた直後に撮りました。
ほとんどの人が知らないもう一人の「ノーマル」な私です。

アメリカでは、成人の4人に1人が心の病を抱えていると
言われている。
それにも関わらず、今でもメンタルヘルスの問題に対して
偏見があることに憤りを感じる、とスミスさんは綴った。

「多くの人たちがメンタルヘルスの問題についてほとんど
知っていないし、批判的です。
そのことに本当にがっかりさせられてきました。

私は長年にわたって、不安障害やうつと闘っています。
でも今でも『きっと乗り越えられるよ』とか、
『薬なんか飲まなくていいのに。明るくしていればどうにかなるよ』
『まだ若いのに、心の病になるなんて』と
声をかけてくる人たちがいます」

スミスさんの投稿は3万5000人以上の人にシェアされている。
そして、コメント欄には多くの励ましのメッセージが
書き込まれている。

「100%、あなたを支持します。
心の病だと診断されたとき、なんて精神が弱いんだと
自分を恥じました。
でも今ならわかります。弱かったのではなく、
思っていたほど強くないときがあっただけだって。
もう恥ずかしいだなんて思いません」。

他にも多くの人たちが、自分の経験を投稿してくれた
スミスさんに感謝している。
スミスさんが写真を投稿した理由の一つは、
苦しんでいる他の人たちを励ますためだった。
「もっと多くの人に理解してもらえれば、苦しむ人たちが
一人でも減るでしょう」と、彼女は書いている。・・・



B21



10年ぶりの母との再会

<iframe src="https://www.youtube.com/embed/JcBl4XIjwxc" frameborder="0" width="420" height="315"> </iframe>


家族が揃った!10年ぶりの母との再会に思わず涙。
その絆に感動せずにいられない・・・

赤ちゃんが生まれたら遠く離れた家族にも会ってもらいたいと
誰もが思うのではないでしょうか。
マサチューセッツに住むジェフリーさんと奥さんのシャノンさんに
待望の第一子誕生。
しかし、家族に会ってもらいたくても、ジェフリーさんの弟の
アクセルさんは南フロリダに住んでおり、
母親のマデリーンさんは、中央アフリカのガボン共和国の首都
リーヴルヴィルに住んでいます。
時間も経済的にも余裕がなく会うこともないまま、
Skype等で連絡を取り合っていたのですが、
奥さんのシャノンさんから思わぬサプライズが・・・

シャノンさんから連絡をもらった弟さんとお母さん。
ジェフリーさんに内緒でこの日、遠く離れた場所から
会いに来ました。
まさか、弟と母親が待ってると思わないジェフリーさんの
驚くこと間違いありません。家族の心温まる話です。

まさか、まさかの弟が!
ジェフリーさん、弟のアクセルさんを見た瞬間、持ってた荷物を
思わず落としてしまう程!動揺がが伝わってきますそして…
喜びのハグ。ガッチリとハグ。
もちろん弟さんだけではなく、更なるサプライズ!

そうお母さんが隠れているのです!
ジェフリーさん弟さんに再会でき満面の笑み!
この直後、お母さんと10年ぶりの再会がかなうのです。
お母さんもとても嬉しそう。
ジェフリーさん更なる動揺が期待されるのですが…

この10年間、飛行機で24時間以上もかかるアメリカと
アフリカの距離や、経済的な事情、ビザの問題などもあり
愛する息子ジェフリーさんに会えなかったマデリーンさん。

しかし、マデリーンさんにとって初孫の誕生。この機会に是非、
家族が集まることができればと、
弟のアクセルさんと奥さんのジャノンさんはマデリーンさんの
ビザを取得。
マデリーンさんは無事ジェフリーさんを訪れることができたのです。

ジェフリーさんあまりの驚きに走り出すと床に倒れ込み
泣き崩れました。
10年以上母親と会えない寂しさを心の奥にしまっていたのでしょう。
母親の姿を見た瞬間、これまでの思いがジェフリーさんの中で
溢れ出し、声にならないほど泣き崩れたのです。

喜びや驚き、様々な気持ちが涙になって溢れたジェフリーさん。
この姿を見たお母さんも感極まって涙していました。

ジャノンさんと結婚し、家族を持ったジェフリーさんが
一番優先してきたのは大切なパートナー。
自分の寂しさを隠していたのです。・・・

シャノンさんが言うには、大工として懸命に働き、
優しく忍耐強く、子煩悩で家族思いの素敵なパートナーだと
ジェフリーさんを絶賛。

Author :ハフポストUS版




歌は心の走馬灯、歌は世につれ、世は歌につれ、  
人生、絵模様、万華鏡…
 

・・・地獄花・・・  

<iframe src="https://www.youtube.com/embed/AQrWO9uL_Xs" frameborder="0" width="420" height="315"> </iframe>



昨日という日は歴史、今日という日はプレゼント  
明日という日はミステリー
 

 

P R    
   
   
カビの生えない・きれいなお風呂    
   
 
お風呂物語     
   
 
入れてもらえば気持ちは良いが、    
  どこか気兼ねなもらい風呂

  Diy

『お風呂物語』が選ばれる理由がここにあります。
 
 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 信じれば真実、疑えば妄想・... | トップ | 歴史・履歴への訪問証・どっ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL