ひろポンの“わたしにも作れますぅ”

60’sオヤジのブログへようこそ。模型、モータースポーツ、イラストなどクルマと乗り物を中心に、気ままに書いていきます。

Hooters Thunderbird ‘Alan Kulwicki’ : Monogram  :1

2017-08-13 | その他のクルマ模型 : Other Car Models
お盆休み、皆様いかがお過ごしでしょうか?(^^)

パッとしないお天気なので昨日1日サンダーバードのデカールを貼りました。
カルトグラフ製のこのデカール、 POWER SLIDEというメーカーなんですが
初めて知りました。
NASCARデカールを出しているメーカーのようです。
若干ホワイトが透けるのですが、あまり気にならない程度です。



で、調子よく貼っているうちにリヤのHootersの文字が収まらないことに気がつきました。
下半分のオレンジはぐるっと一回りするように同じラインでマスクして、リヤバンパーの塗り分けも
間違いないはず。

キットのデカールにくらべてここに貼るロゴがかなり大きい。
スポイラーの付く段差と塗り分けラインの幅に収まりません(汗)
なんだ、間違ってんじゃん!とバンパーの塗り分け部を若干下げるために
手持ちのホワイトデカルを細長く切って貼り、その上に文字を貼りました。

実際、実車もリヤバンパーの塗り分けが1段下がっている画像もあったので
それで良いと勝手に判断したのが間違い。

ほぼ貼り終えてお茶飲んで、小一時間ほどしてからリヤスポイラーを試しに
当てがってみて...........。

ああああ!間違ってる!




スポイラーの付く所の下に実車にはない変な段差があります。
パーティングラインではなく明らかな出っ張り。
実際良く判らないのでそのまま塗装してしまいましたが、何を間違ったのか
この段差をスポイラーの接着部と勘違いしていました。
当然文字が収まる訳はありません...........(汗)
見ているようで何も見ていないという実に大ボケをかましておりました。

さてどうしよう...........。
軟化剤塗ってしっかり食いついているし...........。

スペアがあるとかもう使わないので剥がしてしまうのは良いとして
このようにあまり見かけないデカールは、剥がして再使用するしかありません。

まだ完全乾燥していないので、思い切って剥がすことに。
ただロゴ全体を剥がすのはリスクがあるので、まずは文字と文字の間に
カッターナイフで切れ目をいれます。
次に短く切ったセロテープを1文字づつ密着させてゆっくり剥がしてみました。

セロテープにデカールが食いついて剥がせたので、こんどはテープからデカールを
傷めないように剥がしましょう。

テープをお湯に浸けてみましたがしっかり食いついて剥がれません。
テープの糊を溶かすには...........というわけでエナメルシンナーの中に浸けて
面相筆でデカールとテープの隙間から少しづつ毛先を侵入させながら
ゆっくり剥がして行くと、きれいに剥がせました。



左のプラ板の上にあるのが救出されたデカール。

お湯と洗剤でシンナーを洗い、改めてデカールを張り直してほぼOK。
切れてしまった所はあとでタッチアップします。

962のほうもデカールを張り終えたので、ともにお盆休みの明けたあとでクリア吹きに進みます。





『ミニカー・模型』 ジャンルのランキング
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Porsche 962C : Hooters... | トップ |  PORSCHE 962C : Revell... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
進んでますね! (世田谷模型車庫)
2017-08-14 21:51:15
ひろポンさん 今晩は。

夏休みの工作?進んでますね!
1度に2台は凄い。しかし1度貼ったデカールをセロテープで剝がすって、すごい技と集中力だと感心してます。
私は何だかんだとウデウデしていて・・・。

Unknown (ひろポン)
2017-08-16 16:11:33
>世田谷模型車庫様
盆休みで帰省していてレス遅くなって失礼しました。
リジェが終わってしばらくやる気が出ません。
まあこのくらいの気軽なキットならと、同時進行始めました。
密着したデカール、いささか不安でしたが
思い切ってやってみたら結構上手くいきました。
お盆過ぎてもさっぱり晴れそうもないので
クリアがけはまだ先になりそうです。
中身だけ進めるつもりです。
そんな方法が! (せぶりんぐ)
2017-08-18 21:29:48
ご無沙汰しております、レジンの雪が降ってきたのせぶりんぐです。

凄いです!セロテープでデカール剥がすのは昔よくやりましたが、まさかエナメルシンナーでセロテープからデカール剥がせるとは思いもしませんでした。!!

当方なら知らんプリを決め込みそうです(笑)
エナメル風呂 (ひろポン)
2017-08-19 00:05:53
>せぶりんぐ様こんにちは。

セロテープの糊がエナメルで溶けるのは知っていたんですが
デカールをドブ浸けして大丈夫か不安でした。
ダメなら別メーカーのデカルをebayで落とそうと
やってみたらOKだったので一安心。
ただどんなデカルも大丈夫かは判りませんが...........。
勘違い (ヒロシ)
2017-08-21 11:19:01
私もたまに勘違いして貼ってしまい、慌てることがあります。
しかしセロテープで剥がしてエナメルシンナーに付ける技は知りませんでした。
上手くいって良かったですね。

私の方は某誌のお題の3台のうち2台は年式違いの同車種で、メーカーは違うもののどちらもカルトデカールだったのですが、1台は強烈に硬く軟化剤もほとんど効かず。
更に実車とマルティニラインが微妙に違うため、最後の手段で塗装で入れてます。
まるで写経のようです(笑)
Re:勘違い (ひろポン)
2017-08-21 11:57:26
>ヒロシさん、ひょっとして古い完成品とかのデカールをこれで再生できるかも、と思っています。

マルティニカラーも956なんですか?
たしかフィクション?のシルバーのやつがどこかにあったような。
あれを塗装って凄い大変そう(O_O)

昔のクラフトの956デカルも硬かったです。
84年BOSSのきれいなグラデのデカールをボディー全面に貼るのに苦労した記憶があります。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

その他のクルマ模型 : Other Car Models」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。