昔が良かった。

古き良き時代というけれど。クルマ好きにとって、60年代、70年代は希望があった。

GTV6に乗り換え決定。(ずっと前からレストアを待っていてくれていた友人) 

2017-04-20 01:22:16 | ALFAROMEO

昨日、引き取ってきたGTV6  友人用の車だ。

昨夜、工場に帰ってきてから、同場所に置いてあった車を、無理やり奥に詰め込んで、とりあえず工場の中に入れてシャッターが閉まる状態にしてあった。
(フットブレーキも不良だったし、サイドブレーキが、怪しかったので、シャッターの外側、入り口のスロープ部分に置いておくのは不安だった)


今日は朝一番から、大型ジャッキを使って、5台の車を、さらに詰め込み大移動。もともと置き場のないのを無理やり、1台多く入れていた工場は、ずっと、ほとんど仕事をしていない。というか、まともに仕事のできない状態だった。ずいぶん前から、預かっていた車まで、おかげで、仕事が出来上がったいない。赤と、緑のオーナー様本当にすいません。

とうの昔にできがっている車もあるが、連絡しても、自分の時間の都合だけ連絡してきて、すぐに取りには来てくれないのがわかっているから、もう連絡する気も失せてしまっている。
無理して、時間取って引き受けたのに、追加仕事言われて、すぐに書類と税金分とかの費用も来ないし、書類が来たら、すぐに、いつといつなら引き取りできると、時間指定されても、追加仕事分の時間は空けてないから、すぐにできるわけがない。
以前から待っている車があるからというと、それならその車を先にしてあげてくださいというから、もちろんのことそっちが優先なのだが、1台居座ってはその仕事もできないことがわかってもらえてなかった。おかげでリフトを使うには、動かない車をジャッキで移動してと言いう、大変な労力が仕事するたびに。。。。。。。。
それが嫌で、広い工場を確保して、高価なドライブオンリフトまで設置したのに。。。。

だいたい、先に約束している仕事を、先にしてあげてくださいなどと軽く言われたら、20年以上前から入っている車や、クルマなしで、エンジンだけ受け取っている仕事は、。。。。。
大阪のおばちゃんの、電車の座席割り込みみたいなことされても困るんですよ。

 

ふうふう言いながら、なんとか、クルマ移動が終わって、GTV6をリフトアップできた。
  
リフトへの進入が、この状態でないと、仕事ができないのだ。
手前に1台は入るが、それは仕事場ではなく、エマージェンシー用の場所であり、サイドスリップテスターを使う場所であり、ドライブオンリフトへのアプローチ用の通路なのだ。
緊急用にしか、その場所での仕事はできない。無理に割り込みで受けた仕事に、さらに追加仕事の時は、こちらの都合を最優先してもらえないと困るんです。私が困るだけでなく、先に入庫している車のオーナーが。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« またもあった、自動ブレーキ... | トップ | GTV6  納車前、各部点検 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む