ZIL520とうなぎの 風に吹かれて気ままにキャンプ

キャンピングカーと趣味について気ままな生活のブログです。

ZILの点検整備 後輪

2017-06-13 |  点検と整備

昨日はZILの前輪の点検について書いたので、今日は後輪の分解整備。


後輪も前輪と同じように、分解する時は車止めの後サイドブレーキを開放する。
サイドブレーキを引いた状態では、ドラムが広がって分解できない。
ジャッキで上げてウマを掛けてホイールを外すとブレーキドラムが見える。

 

ブレーキドラムとホイールの当り面をチェックして異常がない事を確認する。

ホイールの当り面がくっきりしていていい状態。

 


ドラムに2箇所 8mmのボルトをねじ込んで、ネジの力でドラムを外す。
その時に錆びたネジ穴にCRCを一吹きしてねじ込むといい。

 

取外したブレーキドラム。前回の車検からなので20,600km走行後のブレーキダストが下部に溜まっている。

 

ブレーキシューを見ると左右で減り具合が違う。画像の右側が前輪側でリーディングシューと言う。
左側をトレーリングシューと呼び、一般的には右側のリーディングシューが減る方が多い。
そのせいか、リーディングシューとトレーリングシューは別々に売られている。
106,000km走ったブレーキシューと新品を比較したが、僕の運転ではもう5万km程度は使えそう?

 

ハブシールからデブオイルが漏れてないか確認する。
ハブを下から覗いてハブシール部分オイルがにじんでないか確認したが、OKだった。

 

全体をきれいに掃除。エアー吹いて掃除すると楽だ。

 

ホイールが当たるブレーキドラムの表面もワイヤーブラシで軽く掃除。
分解した逆の順でブレーキドラムを組込んでホイールを取付ける。
前輪と同様に締め付けは対角線上に行い、最後にトルクレンチで規定トルクに締め付ける。


今回の点検では異常箇所も無く、長期旅行の準備もこれで一つ終わった。

 

 

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ZILの点検整備 | トップ | カミさんの友だち »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。