ZIL520とうなぎの 風に吹かれて気ままにキャンプ

キャンピングカーと趣味について気ままな生活のブログです。

走行充電器を設置

2017-03-14 |  サブバッテリーと充電系

うちのZilには、車を走らせる為のメインバッテリーの他に、キャンピングカーとして生活できるようにサブバッテリーとしてディープサイクルバッテリーの100AHが3個積まれている。

メインバッテリーとサブバッテリーは、用途が異なる為にその性質が微妙に違う。
性質が違うだけなら良いのだが、初期のバッテリーの充電電圧が微妙に違うので困りもの。

その為、今回 メインバッテリーを交換するのに合わせてサブバッテリーの充電器を取付けた。
どうしてそんな物が要るのかと思うかも知れないが、それがこれからの話。

キャンピングカーに乗り始めた頃は何も知らなかったが、ディープサイクルバッテリーについて、キャンカー乗りなら是非とも知っておかなければならない知識の一つだ。


サブバッテリーに使うディープサイクルバッテリーは、大きく分けて低電圧系と高電圧系がある。さらに低電圧系は数種類に分けられる。Zilの新車時に積まれていたのは「ジェネシス ディープサイクルバッテリー」で、低電圧系ディープサイクルバッテリーの中でも充電時の電圧が低いタイプだ。バルク充電13.8Vで、満充電に持ち込める数少ないディープサイクルバッテリーである。

ところが、バンテックパーツセンター等で取扱っている「パワーソニック」「Xinneng 」等は、13.8Vでも7~8割は充電するが、満充電するには14.4V程度が必要になる。

Zilに搭載されている「すぐれ者充電器」や、一般的なソーラーコントローラーは、ディップスイッチの選択で14.4Vを供給できるので問題ない。

今回取付けたのは、走行充電で満充電する為に、メインバッテリーからの電圧13.8Vを14.4Vに昇圧してやるもので、一般的にはDC昇圧コンバーターと呼んでいる。

一晩に100AHサブバッテリーを消費しても、うちの場合晴天ならソーラーで午前中一杯で満充電になるが、雨天では走行充電に頼ることになるので重要な充電方法だ。

充電器は、電流制限が付いた10Aのユニットを3パラで使用し、MAX30Aの容量を得る。
一般的には、電流バランスをとるのが難しいのでこのような方法は行わないが、テーブルテストでは以外にうまくいったので、Zilに設置してみた。


本来なら冷却ファンを取付けるが、手持ちに適当なものが無かったので取りあえずこれで実験。
さらに、充電器とサブバッテリー間にもBKかヒューズ取付け予定。充電器の入切りは運転席のスイッチで操作して盤上のリレーを動かす。

 
メインバッテリーにつながっている床下の走行充電リレー(200A)の手前から22SQの電線をサブバッテリーまで引き込んだ。(充電器だけなら5.5SQで充分だが、今後他の実験予定あり)


コントローラーとサブバッテリー

運転席横の走行充電リレーSWと新しく付けた充電器SW
ソーラー充電中は走行充電リレー、充電器はOFF

サードシート上のモニター類
運転席からふり返るとモニターが見える。
サブバッテリー電圧と電流を見て、走行充電リレーと充電器をコントロールする。


これで暫く様子を見よう。

 


 

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンピングカーへ
にほんブログ村

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 西日本ハムフェア | トップ | 四国へぶらり旅 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。