ひまわりのちいさなつぶやき

日々思うこと、感じたこと、つれづれなるままに綴っていきます。

弥生歌会と再校

2017-03-20 13:58:00 | 短歌

 

第3土曜は、旧月歌会。

3月なので「弥生歌会」です。

今回は連休中だからなのか、参加者が少なくて29人。

今まで参加したのは、40人以上が常でした。

 

「意見、しっかり言ってくださいよ!」とはっぱをかけられながら、

頭をフル回転させながら、しどろもどろの発言をくり返す・・・。

なかなかハードな学習会であります。

 

「塔」に入ってからすごく親しくなって、長崎からはるばるやってきた

U子さんといっしょに両日とも参加しました。

 

19日の再校は、憧れの永田和宏さん宅で行われました。

タクシーを降り、表札の名前を見たとたん、じ~ん。

河野裕子さんのお名前も並んでいたからです。

 

階段を下りると広いお庭に、黄色いタンポポと白花タンポポが

咲いていました。

秋になれば、この庭に裕子さんの好きだったコスモスが

た~くさん咲くんだなぁと思うと、またじ~ん。

 

予定の1時より前から、みんなで再校作業。

いつもは20人以上いるのに、きのうは14人。

初参加でしたが、「少ない時に来てもらって助かった」

と言われ、U子さんといっしょに喜んだりして・・・。

 

いろいろな差し入れの食べ物を頂きながら、

「ここはどうでしょう?」と聞き合いながら、

進めて行きました。

新しい言葉を知ることもでき、勉強になります。

 

5時過ぎに終わり、タクシーを呼んでもらっても、

連休中ということで、なかなか来ません。

永田さんの息子さんと、松村編集長の車に分乗して帰ることになり、

用意をしていると、なんと永田和宏さんが帰宅されました。

京都産業大学の卒業式だったそうです。

すぐ謝恩会に行かなければというのに、車を出してくださいました。

そして、U子さんとわたしと、もうひとりSさんがそこに乗せてもらうことに。

もう、この時は大感激。

一生の思い出になります!

 

夢のような2日間が終わり、きょうは少しぼ~~っとしています。

 

 

ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 角宮悦子さんを偲ぶ会 | トップ | 「野の花」と「桃の花」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む