写楽湯遊

キャンピングカーで名所旧跡を訪ね、温泉に浸り、たまに山歩き、写真撮影、釣りなどを楽しんでいる夫婦です。

春の気まま旅 10日目 山菜と庄川・水記念公園

2017年05月12日 | 車旅紀行
昨夜P泊した「道の駅・庄川」の売店を朝一に覗くと、懐かしい山菜が出ていました。
東北地方ではシドケ(学名:モミジガサ)と言われ、タラの芽と並んで山菜の王様とも呼ばれています。
お浸しにして鰹節などをかけて食べると美味しいです。
私達はそれよりも生卵に醤油を少し垂らして良くかき混ぜ、シドケに絡ませて食べるのが好きです。
シャキッとした触感と少しの苦みに生卵が絡み、何とも言えない美味しさです。
曲り竹はそのまま焼いて食べるも良し、あく抜きしないで煮物にしたり、筍ご飯やみそ汁なども良いです。


朝食後、道の駅から近い「水記念公園」を散策。
足湯が有り、目の前の景色を眺めながらほっこりします。


足湯の効用を説いた掲示板が有ります。
服を脱がずに温泉が楽しめ、仲良く混浴が出来・・・・心が健康になるそうです。
最後まで読んで、機会がありましたら立ち寄ってみてはいかがですか!


足湯が効いたようで、ゆずソフトを食べました。(笑)


公園内には遊歩道が整備され緑の中を散策できます。


藤の花も満開でした。


ちょっと変わった太鼓橋が有りました。
右下の小さな太鼓橋は7万本の割りばしで作られています。
ちゃんと渡れましたよ!


夕方、散居村の撮影に再挑戦するつもりでしたが、天気予報通り午後は次第に曇ってきたので断念し、次のP泊先に向かいました。

『富山県』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 春の気まま旅 9日目 散居村 | トップ | 春の気まま旅 11日目 小... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL