生き物好き&占い好き気象予報士・金子大輔(金兵衛)のブログ~通り雨の旅路~

天気ネタ・生き物ネタ等。mixi始めてから過疎化してますが(笑)、コメント等お気軽にどうぞ♪ リンク・拡散も大歓迎☆彡

「宇宙の果て」とは?

2016-10-12 | 自然科学



宇宙はどこまで続くのか?
「宇宙の果て」はどこか?

「宇宙の果て」があるとすれば、
その外側はどうなっているのか?

昔から、子どもの疑問の定番だわーい(嬉しい顔)
私自身も学生のとき、考えこんで眠れなくなったことがある台風

現代の子どもも同じようである。
この前も、担当してるクラスの女子高生が犇々と考え込んでいたし……。



結論を言ってしまうと、
宇宙の広さは有限だが、「果て」はない。
宇宙の大きさは約465億光年とされている。

※一光年:光速(1秒で地球を7周半する速度)で
一年かかる距離。約9.5兆キロメートル。


どういうことかというと、「宇宙は四次元に丸い」のである。

二次元に丸いのが円、三次元が球……。

仮に、二次元までしか認識できない生物がいたとする。
その生物を球面上に連れてくると、どう感じるか。

面積が有限なのに「果て」がない、
ずっと歩いてると、元いた場所に戻ってくる、
そんな球を摩訶不思議なものだと思うだろう。

その、もう一個上の次元が、四次元に丸い宇宙の姿だ。
フツーの人間の感覚だと、
体積が有限なのに「果て」がない、なんじゃこりゃー!であるウッシッシ

人間は三次元までしか認識できない生物だから、
四次元である宇宙の状態を、なかなかイメージできないのだ。

すさまじく性能が良くて、
何百億光年も先が見える望遠鏡を作れば、
望遠鏡をのぞいてる自分の姿が見えることだろう。

ジャンル:
超常現象
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【占ってみました】ちょっと... | トップ | 色フェチのための「オーラの... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む