■ 何故、柱の「ほぞ」を長くしないのか?

2016年10月28日 12時14分26秒 | S-カム内蔵式こみ栓
何故、柱の「ほぞ」を長くしないのか、
約10年前に構造計算ができる「Sカム内蔵式こみ栓」を開発するなかで
「ほぞの長さ」が重要なので国のプレカット工場を調査したことが有る、
関東圏はなんと45mm~50mm、西日本地区はやや長くて50mm~60mm、当時は、
プレカットの「ほぞ穴加工」には限界があった、
深くするには手加工で「ほぞ穴深さ」を加工する必要があった。
最新のプレカット機は「ほぞ穴」の深さを自動調整できるので加工料に大きな変化はない。
「ほぞ」を長くしない要因はプレカット機でなく、
ハウスメーカー側が3mの柱材で居室の天高をできるだけ確保して、
マイホーム購入者に印象を良くしようとすることが
「短ほぞ」になる要因となっている。
4m柱材と3m柱材の価格の差は1000円弱、50本(100㎡)で5万円弱、
建物販売価格に大きな影響を与える価格ではない。
現在、杉材は、林業者に可愛そうなくらい廉価。
Z金物接合であれば「ほぞの長さ」に規制がないので「
短ほぞ」となり倒壊につながるひとつの要因と考えています。
倒壊を防ぐための耐震補強もこの点を低減の評価指数を加わえる必要があると考えてます。


こみ栓勝ちの2面せん断は構造計算ができる。
ジャンル:
住宅
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ■ 木造家屋の地震倒壊につい... | トップ | 福岡西方沖地震を誘発した警... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

S-カム内蔵式こみ栓」カテゴリの最新記事