再就職&これが私の修行の道!

再就職して時間だけ無駄に経過しています

保険の交渉とは名ばかりの

2012-01-31 19:50:22 | Weblog
今日、自動車保険の更新の為に、担当者がうちにきました。
・・・とか言っても、もう20年近いお付き合いで、先方もうちのことはよくわかっていらっしゃって、こちらもしかり。

とりあえず、美味いコーヒーとチョコを出しておけば間違いはないので、それを用意して待っていた。
時間の5分前にいらっしゃって、いつもうちでの滞在時間は30分と決めておいでのようだ。

保険のネタは5分もかからないが、残りがあちらもこちらも情報収集の時間となる。
あちらは私が冠婚葬祭ネタに割に詳しいから、そのネタとか、いろんなネタに食いついてこられますが、こちらもいろんな事を聞く。
営業の方は話も上手だし。

でも、一番謎なのは、この辺の営業の人は、平地は雪が少ないせいもあって、スタッドレスを履かせず年中営業で縦横無尽に車で走っていることである。
うちはちょっとだけ山の上だから、スタッドレスはあった方がいいし、実家も割に雪があるところだから、履かせていても問題はないのだが・・・
私の元上司なんぞは、営業長いのに雪道走れないと豪語し、実際仕事中でも雪が降ったら、もしくは見たら、直帰で自宅に帰ると決めているツワモノがいる。
それでも完全歩合制の営業だからできることなんであって・・・

それから、結婚の話になる。
あちらもこちらもパートナーがいるのだけど、そこにメリットがなければ、結婚など誰も見向きもしないって話になった。
離婚した友達も、皆同じ事をぼやいてる。

昔は確実に男性の立場が強かったですよ、親戚とかで、自宅の法要を行えば、男は酒飲んで宴会かましているけど、女は席もなく、台所で黙々と働いていた、それが当たり前でしたが、今それやっちゃうと離婚ものと言うか、多分袋叩きだ。
あちこちの掲示板で、こういう嫁がいて、法要等で手伝わないとか言ってしまって、袋叩きになっている方が結構いらっしゃるようですが。
嫁をあてにせず、てめえでやれ!みたいなさ。

私は仮に女が手伝うのでもいい、食べる席さえ確保されているのが最低条件で、ただね、その後に家人なり男連中が「お疲れさん、すまなかったね」くらいの労をねぎらってくれたらの話である。私の場合は、法要の後、帰りの運転が待っている。
だからそれやって当たり前って顔されたら、さすがに木刀持ち出したくなりますがね。
ちなみに私の場合、労をねぎらってくれるのは、家人ではなく、他所の人たちだったりする。

結婚式場(これは本当に式場にも寄るかも知れないが)、最近は半分が子持ちと妊娠中って言うのが現実(これは以前いたところがそうだったし、ただ、担当者の人苦笑していたけど)、こうなると結婚せざるを得ないのかもしれないけど、そうでなければ、自分でいっぱしの稼ぎがあれば結婚の必要がないって、結論になった。こんなだからいろんなスキマ産業が増えるとも。
私もいっぱしの稼ぎがあれば、離婚を選ぶだろうと思う。婚家で嫌な思いは少なくともしなくて済むから。

そして、実際問題、この担当者さんの会社でも若い女性の入社が減ったとおっしゃっている。なんでかって?そりゃもう、いくつになっても会社を辞めない女性が増えたからに他ないから。その人たちに結婚願望がないわけではないそうですが、いい人がいないから辞めないってことになる。
これじゃあ、出生率やらなんやら低下するわけで・・・

保険担当者の人も、保険の仕事がへるなあってぼやきつつ、退散されたのであった。
保険の流れ見ても、景気の動向がわかるような・・・そういうことなんでしょうか・・・

今日の文も支離滅裂だなあ・・・
気のせいだなあって流したいところだが・・・

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

プロ講習に混じる恐ろしさ・・・

2012-01-23 13:59:20 | Weblog
新年早々・・・ウルトラ級で馬鹿な私は、正月に学校から来た年賀状に書いてある講習会のお知らせに、まんまとはまり今日出かけてきた。
学校の策略にはまっている場合ではないんだ、本当は。
肋骨は傷む、ぎっくり腰は治らず、コルセットが昼間ははまったまんま、これで本気で講習いけるのかどうか・・・って瀬戸際だったのだ。
どうにも秋からこっち、忙しくて本当の意味で休むことが出来てなかったのが、一気に疲れが爆発した模様。

月曜日設定だから、曜日的にプロ講習と踏んで潜り込んだら、面白いヒントが隠されていると思ってのこと。
案の定そうだったんですが・・・

例によって、車で中心地に出て、デパートの駐車場に止めて、学校兼サロンに出向く。
そしたら普段より席数が確保してある。案の定だ。
私がいつも教わる先生の話では、申込者が多くて、時間と講義の回数を増やしたと到着してから伺った。
私の怪しいぼやきのせいなのですが。先生にお会いするなり、「今日・・・多分プロ講習ですよね?私がもぐりこんでよかったのでしょうか?」と聞いたから。ここで私は顔エステの資格は取っていないって言うか、持ってない。唯一。他の部分は全部あちこちで取った。
だが、方法は一つだけでもないから、やっぱり金が出来たら、講義は聴きに行きたい、資格も引き続き欲しい。
もっぱらあの世に持っていけるわけではないのだが、金同様。

そして、私の先生は思い切り存じ上げているけど、もう1人、座学専門と思われる講師の方が、初めてお目にかかる方だが、隙がないオシャレ、只者じゃないと踏んだ。私は初対面の方はまず、人相学じゃないが、顔から見る。手が見られたら手も瞬時に見る。
結局、参加された方も、サロン経営されている人や、エステの会社で働いているプロの方がほとんどだった。こちらも服装やその辺見ればまあわかる。
最初は皆固まって、挨拶しかしなかったのだけど、1人面白い方がいらして、雰囲気も良くなった中で、講義が開始。
でも業界が業界だけに、若い人と、年配でも綺麗な人しかいなかったぞ・・・
私はどう見られたのかは知らない。

ノートも取りやすい、話もわかりやすい、こういう先生の座学は楽しいです。

座学の先生を半分の方は知っておいでだったけど、こちらはどうも学校の方(私はサロンで直接講義や資格を取ってきた)だったらしい。
当然こちらの学校で資格を取った、資格がある人対象の講義だ、暇さえあれば、独学でも勉強しているから、つぼの場所とか、流れとかそれなりにわかるが、専門の化粧品の話になると、私は少しだけわからなかった。
その後、デモンストレーションで、実際に新しいエステ内容を見学、後化粧品の説明になった。
それで、化粧品内容はわかった。

正直、私は肌トラブルがそんなにない方だから、あまり激しい添加物が使われていなければ、大概のものは合う方だと思う。
それと、今の目的は困っている人専門で行きたいから、お客様に化粧品がばがば売って儲けるつもりもなかった。あちこちの化粧品販売は出来るのだが、でもやってない。ついでに販売士の資格とかもある。別に違法にもならないだろう。強引な売り方をしなければ。
だが、うちはアトピー肌のもんがいるから、へんなものだけは使用できない。
今日もオススメをいくつか紹介していただいたが、家族の肌を見極めないと購入できない。

だけど、学校も商売最近入ってきたなあ・・・化粧品とか強制で売られたりはしないけど、本格的にエステ店を開業するなら、そこで買わざるを得ないような・・・私がならっている先生は絶対にその手のことはされないのだけど・・・座学の先生はやはりオススメも並以上の営業張りである。
絶対私の古巣の営業なら、トップ取れるぞ・・・と内心で思った。
この先生、生徒がどの程度職にしているか、帰る前にお聞きになられた。
私はこういうとき、お茶を濁すが、雰囲気的に無理だから、こそっと「今は勉強しながら、出張施術専門で、出られない人のところに頼まれた時だけ出向きます」とだけ答えた。介護とかで出られない人って意外にいるもんで。
先生もそこは抜け穴だなと思われたようで、少し驚いておいでだったが、事実だ。ヲーホホホ
お客様が多ければサロンにしてもいいけど、そうでなければそれなりに。

私はエステティシャンになりたいわけではないから、正直悩んでいる。
ただ、エステの勉強もヒントになるから通っているのだ。
今だって、自分と家族と、頼まれた人にちょこっとやるだけだから。メインは指圧なんだ、これが。
正直、お客様と2時間ご一緒なんて身体も神経も持つのだろうかと危惧している。

慣れた人なら全く問題はないのですが。

帰宅時、ご一緒した生徒さんの1人と少しだけ喋った。
その方、わざわざ市外からいらしたそうなのだが、「資料が有料だったとは知りませんでした・・」とおっしゃる。
講義の金額からして、金額的に資料は別売りか、メモって帰らないとそれらはないと最初から踏んでいたのだが、別売りでも資料はあったほうがいいから、私は購入したのだが、あれであの指定金額は高い・・・

他所の学校なら、もう少し割高で冊子がつくが、ここは講義が若干受けやすい金額の代わりに、資料は・・・なのである。
結局どっち取るかなんだろうなあ・・・私はノートと資料併用して、復習するからいいんだけど。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

防府天満宮に

2012-01-04 20:15:02 | Weblog
正直、親のところにも何処にもお年始に行かなかった私だが、かねてから旅行代わりにどこか日帰りで行こうと言っていたが・・・

年末、子どもに「防府天満宮行って見る?」と聞いたら行くと。
学問の神様だけど、子どもは家庭教師をつけられないために、成績をとりあえず一定以上キープしている、正直本末転倒で、ちなみに中学受験も何もしないのだけど、お参りに行くことにした。家人が行かなきゃ2人で行こうと思っていたが、家人に振ったら行くと言う・・・

3が日は多いだろうからと4日に行くことにした。それまでは家におこもりで、近所のご婦人にこないだスーパーで会った際に「あなたの家は正月、何処にもいかなかったわね」と突っ込まれたのであるが。
一応4日には出ますよと笑って伝えたが、家人がそれ聞いて一言。
「・・・ってことはその家もおこもりってことだろうに・・・他人のことは言えないだろう」と。
バカッ、隣の奥さんと違って、孫のところに長期滞在できない人にイターイ突っ込みいれるんじゃない!!!
そこもちゃんと突っ込んでおきましたけど。

話は元に戻るが、家人にしては珍しいこともある。
寺には行かないが、神社には行くんだな、この人は。

朝、雪が積もっていたが、車にはスノータイヤはかせてるし、雪道に全く問題がない私達夫婦は、雪のままでもいいやと決行。
普通の人なら止めるんだろうけど、ここらの発想が、雪国まで行かないけど、比較的雪が多い地域出身の私と、車で走れないところはほとんどない家人、いかないわけがない・・・私も家人も一度は凍った道路でスケートかましてるし・・・

ちなみに防府天満宮は他県にあるのですが・・・
あっさり車で行き、到着した・・・
私は約20年ぶりにきた。
家族とか、おデェトとかで以前きているのですが・・・

思うほど多くなく、賽銭入れてお参りして、お守りを適当にいくつか買って、神社のくじを引いて、外れた言うか残念賞みたいなので、お菓子をいただき、おみくじを引いた。どういうわけか家族で行くと、子どもと家人は大吉を引くのだが、私は小吉だったり末吉だったりする。この度も例外でなかったけど、悪くはなかったので、おみくじはカードケースに入れて持ち歩く。神社に行くと、必ずおみくじを引くので、こどもはそれが当たり前だと思っている。

それから、少し神社内を探索して、おみやげ物をいくつか買って帰った。

他も回りたかったけど、寒いのに庭園とかしかないときたら、正直面倒で・・・
帰る途中の車で、家人が子どもに速さの問題を出していたけど、横で聞いてて頭痛くなったわ。

でも半日でこの行程はこなしたけど、楽しかった。
結論:家人とは車で日帰り旅行に行くに限る。

だが、うちの異常な考え方は他人様におかしいとばっさりやられるのである・・・
私の実家は日帰りコースじゃない距離だと文句を言われるところから、半径200キロ圏内は日帰りだと言い張る家人・・・
おかしいのはわかったけど、出来ない距離ではないと思う。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

正月の雑煮

2012-01-02 15:52:51 | Weblog
写メして掲載したら、どこの地域か微妙にばれそうなので、載せませんが・・・

私の雑煮は母から受け継いだ物、母はおそらく自分の実家から受け継いでいると思う・・・

私の雑煮は、醤油ベースで、出汁に、昆布、するめ、はまぐり、ブリ、牛肉の細切れが入っている。
中身ごちゃごちゃや・・・と文句が出そうですけど、結構美味です。
これは母が幼少から出してくれた物。これに正月用かまぼこや柚子、海苔を入れて食べるのだ。
幼少の頃は餅が嫌いだったが、出汁はすごく好きでした。

ちなみに母の実家は、ぶりやたこを箱で買った地域、醤油ベースにぶり、はまぐり、するめ、こんにゃくなどが入っていて、先に突き出しみたいな感じで、具材が皿にのって出てきて、それから出汁と餅で食べる感じだが、あれはとても美味しくて、小さい頃に食べただけだが、強烈な記憶として残っている。作っていた伯母さんは健在だから、味わいたいとは思うが・・・まあ普通に考えたら無理ね。

ちなみに家人のところ、どんなのが出ていたのか不明。
家人の祖母が健在の頃、一度だけ家人の祖母の家で、雑煮を教わったけど、どうにも食指をそそられず、1度も作っておりません・・・
家人も食べたいとは言わなかった。それで、うちは私色のお雑煮が正月に出ることになった。
内容ですか?ぶりベースの雑煮だったけど、味噌ベースで、サトイモ、にんじん、大根が入ったものでした。
言っちゃ悪いですが、料理は正直センスがあるように思えず、見ただけでげんなりしてしまった20代の冬でした・・・
せめて、正月だって言うなら、野菜も飾り切りとか、見栄え良くしてあれば、その時の感想も違ったのかもしれません。
まあ、あれこれはなしをきいていたら、数々伝説がおありのようでしたが。

そんな人にあれこれ嫁入り前に品定めされたのかと思うと、今頃怒りが沸いてきますけど、それはさておき。

子どもがうまいうまいって食べてくれますけど、お嫁さんが私と同じ地域でなければ、同じものは食べられないだろうから、子どもには万が一食べたくなったら困らないように、仕込んでおく必要があると思う。
私は、嫁ぎ先が姑不在で、そちらの味は全てすっ飛ばして、自分色を料理に出してきた。
当然、他人にその要求は出来ませんわ。
子どもの為に、作り方記載して万が一死にくたばっても困らないように、レシピをのこしておいてやるか!!

しかし・・・昨年末に買った餅、超不味かったんです。業者に文句つけたろか!!って一瞬頭によぎりました。来年から購入しないけど。
餅が美味くないと、出汁に負けてしまううちの出汁。強烈ですね~
去年までは、個人名が記載してある餅で口当たりが滑らかだったんだけど、この度のはぶつぶつだ、餅。
よーも、こんな不味いもん売ってくれたな!!!って思う。あの出来であの金額は高すぎるよ。河○食品さん。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

初詣に行く

2012-01-01 13:34:17 | Weblog
うちの正月は簡素である。

って言うか寝正月だってば!!

そういうわけで、昨日ダウンタウンの番組を見ながら年を越し、8時過ぎに起きて来たら、子どもは早くもゲームなどをやっている。
そいつを尻目に、雑煮を作り、簡単にお惣菜って言うか、お節って程でもないものを出して、二人で朝食。
家人は毎年お約束のように寝ているから。

その後支度をして、自分が住んでいる団地の反対側の山にある、でかい寺に初詣に行く。
ここらじゃかなり有名な寺です。ある大名の墓もあって、ここより広い寺はあまり見たことないような・・・・
昨日深夜の段階で、松明とか焚いているのは見えたから、除夜の鐘を聞きながら簡単には拝んだのだが、寒い中、峠越えて寺に上がる気は今のところない。

先にコンビニでケーキとか買い出しておいて、ついでに某アニメのキャラクターのものを子どもにねだられて、その後車で寺に行く。朝早いこともあって道路に車も少ない。

寺に行けば、人っ子一人いない状態で、駐車場もうちだけ。子どもと私は、山門で頭を下げ、手水で清めてから、本堂の中に入る。
そこで、子どもと賽銭を入れて、拝んで帰るだけの簡素なお参り。
前はそこで、大名の墓を見つけたりして探索もしていたが、子どもももうでかい・・・やってもいいけど?!みたいな状況なら探索はしない。
私は、正月のその寺の空気は好きです。今日は手水の水も凍っておりませんでした。いつもは凍っていて、???ってな感じです。
ここは曹洞宗の寺だから、座禅会も写経もあるのですが、まだ訪れたことはないのです。

ちなみに、3キロ先に神社もありますけど、あちらは矢鱈多いのです。
ついでに山の上に神社があるから、階段を結構上ってからおまいりしなきゃならないから、一度で懲りた。

神社は・・・あわよくば4日狙いで行こうかなとは思うんだけど・・・・まだ予定が立ちません。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加