再就職&これが私の修行の道!

再就職して時間だけ無駄に経過しています

資格取った!

2009-10-27 15:18:32 | Weblog
日曜の頭の悪い奴の騒ぎと、帰宅途中の検問に疲れて、熱を出して体調を崩してしまったのではありますが・・・このネタは両親が自分らは関係ないのに私に詫びてくる顛末だった。
今日は認定証を貰う日&最終試験。具合は悪かったが熱は下がっていたので、とりあえず車で先生のところに・・・

私の場合、受講自体はたまたま一人で受けることが多かったのですが、この度の最終試験とかのみどなたかとご一緒ってことになる。今日は私が先に試験を受けることになり、もう一人の生徒さんの両手に施術をする。その間に先生と生徒さんと私とでたあいのない話をする。とりあえず合格。終了証はいただけることになった。しかし、ここで出来が悪い場合は認定証は後日お預けとなる。補講を受けてからになるらしいが、私は補講は受けたことがない。

今度はもう一人の生徒さん(まだ受講途中)にやっていただくが、この度の人のは上手で私は眠くなってしまった。たぶん次あたりで終了試験を受けられるようだ。ここでも先生と生徒さんと話をしていた。子どもがいる人間は主に子どもの話とか住まいの話になる。至って平和だ。女が(先生って立場の方でも)3人寄れば思わず警戒する私も、今回ばかりは楽しくすることが出来ました。
そして、私は終了証をいただいた。なんとも花柄のかわいらしい物で、うわーメルヘンチック・・・と内心で思ったのだが思わず、「先生!これ・・男性が取得してもこの花柄なんですか?」先生「そうです」生徒さん「うわーかわいい。これなら飾るのもなんだか良いかも・・・」
かわいいんですが、私には似合わないと速攻で子どもが突っ込みをいれそうだ。以前、偽名から貰ったハンカチセットはきっと私に似合いそうだとピンクや花柄をくれたのだが、子どもが「うわー母さん、超にあわなーい!」とのたもうた前歴がある。

とりあえず目標は達成した。顔の受講はちょっと保留。仕事をするか、このまま手と足のみで気が向いた時だけ開業するか・・・結局私の資格は履歴書に書けるのは7つに増えた。これも昔から嫌味な誰かさんのおかげだ。資格なんてちゃんと持ち合わせてもないのに、他人のあら捜しとこき下ろしをする誰かさんだ。他人をけなしたりおとすのはカンタンなこと、でも実力を身につけるのはカンタンではないこと。悔しいと思った私は行動した。口だけの人は信用がなくなるだけ。これからさきのことはじっくり考えることにする。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

エステ研究会

2009-10-13 19:38:31 | Weblog
本日エステ研究会たる物に行ってきました。
私の先生主催のものです。私は受講以外に初めて先生のところに伺ってみました。

・・・で研究会とのことなのでミニセミナーを期待して行ったのですが、行けば見慣れぬ方がちらほらと、そして施術ベッドがセットしてあり、私は足をモミモミする予定が、何故か「顔エステしましょう」みたいなことになって、私はいきなり、施術着を渡されてそいつを着る事になった。おそらく私が足、手と資格を取り、顔エステを検討していることから先生が薦めて下さった物だと思われる。しかし、顔マッサージまではいいのだが、デコルテあたりのマッサージになると痛くて目から火が出るかと思った。優雅なもんではないような・・・

そして、眉毛とリップしか塗ってなかったのだが、そいつを取られてエステ開始。先生のそれはリラックスできて気持ちいいのだけど、化粧品の一部がしみていたいのよ悶絶しそうになった。技術は習得したい気持ちがないわけじゃないが、先立つ物と、私が化粧品のどれかはわからないが、しみて痛いとなればそいつは使いたくない。隣では全身エステが行われていて、別の生徒さんが受けている。誰の為に習得するのか・・・なんだよね。私にとって。
そして、約1時間後私の顔は終了。隣の成り行きを先生の説明を受けながら見学した。そして、私も全身エステを受けることにした。こちらは先生の元生徒さんらしいがあれこれ資格をお持ちだそうだ。私は自分で施術をやることはこちらではきっちり隠していて、黙って受けていたんだが、この人は本格的だった。変な痛みもない、身体も軽くなって、私も帰宅。

近くに車を止めたスーパーで買い物をして、ジャスコに行った。布団を買うのだ。子どもがでかくなってしまった。布団も大人サイズにしてやらねば。そして購入して車に戻って見ると近くに偽名がいる。

偽名も気が付いてくれた。そして、私に向かって「車に行こうぜ!」と言った。でもね、偽名も某マツダの高級車だし、こっちも車で来てんのよ・・どっちの車やねん?と思ったら、偽名の車でした。私の車は暑いって文句言ってた。やかましいわ。外車のエアコンは車種にも寄るが、効きが悪い。何をするかって?んなもん、肩を揉んでくれって事に決まっておる。だから「おー肩揉んでくれ!」要は偽名運転席、私後ろの席って奴よ。
色気もへったくれもないなー。時間があれば多分カラオケ行ってるよ。なかったんだろうな。結局肩だけ揉んでやって退散

バカタリ・・・至って平和だよ。結局体は軽くなったのに、また重くなった上、物がちゃんと握れなくなるくらい手が疲れていた。私は一体何をやっているんだろう・・・しかし、これでしばらくは偽名が夢に出てこないであろう。
奴は夢で私に「足を揉んでくれー」などと言って、私を起こしやがる奴です。夢で呼ばれて起こされるなんて初めてですよ、全く。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

子どもと座禅

2009-10-10 18:46:32 | Weblog
今日3ヶ月ぶりに座禅に行くことにした。しかし、子どもが食いついてくるそぶりも見せなかったのに、同行すると言い出した。4日前のことだった。しかし気まぐれだと思って相手にしなかったが、初心者は座禅の30分前に講習がある。ご迷惑になってもいけないので、前日連絡を取って、子どもを連れて行く旨を寺に伝えた。出たのは住職。お元気者って感じの人だった。初めて喋ったんだけど。

しかし半信半疑だった。以前一緒に行こうとしたのを当人がごねて、当日置いていった経過があるから。しかし本人何故かやる気で寺につくなり、お守りをねだる・・・みたら”ボケ封じ”・・・
これは親とか偽名とかそっちの年齢の奴に必要な奴だろと内心思ったが口にはしなかった。普通のもあったんだけど、子どもはボケ封じが欲しいらしい。そして見かねた私がお寺さんに「すみません・・・これいただきたいんですけど・・・でも子どもがボケ封じ?」お寺さん、私のぼやきにちょっと笑いながら「大丈夫ですよ・・・」
天然ボケ封じってことなんだろうか?うちのは天然ボケをかますから・・・臨済宗の寺はよくわからん。お守り売っている寺も珍しいし。この地域、安芸門徒が多い地域で、当然幅を利かせているのは浄土真宗。私も実家はそう。

それから子どもは講習を受け、いざ本番!私は結果的に集中できなかった。子どもとて実家等の仏壇に行けば先に拝むことを教え、普段から公の場で困らないだけの躾はしているが、途中で足が痺れたのか子どもは私に向けているあぐらの足先がいそぎんちゃくみたいに動いているんだ、これが・・・わたしゃ爆笑しそうになった。しかし、笑えば警策が飛んでくるだろう。そして、この子は警策が飛んでくるんじゃないかってヒヤヒヤする。しかし、お寺さんは子どもには寛容で、別にそのくらいでは警策は飛んでこなかった。でも大人なら1セット25分の座禅の間に3発は絶対かまされていると思う。
前半が済んで休憩後、後半。さすがに見本を見せないとこの子は警策を怖がると思ったので、私はだらけたなと思ったと同時に拝む。拝むのは警策を打ってもらうこちらからの合図。お寺さんは私の前にやってきて警策を打ってくださったが、いつもより弱いんだこれが。子どもが驚いてはいけないって配慮だったんだと思う。いつもは肩凝りにきく位のがパシン!と背中に入るのだが。

そして、終了間際。子どもが自ら拝んでいる。お寺さんは子どもの前で警策を打たれましたけど、やっぱり力加減が弱いものでした。

そして最後にお茶菓子が出る、談話タイム。子どもには先に言っておいた。最後に茶を飲みながら話をされるけど、出された物は好きであれ嫌いであれ、食べ残しは禁止だと、それを出来るならついてきなさいと。それと座禅はやる気が無い者が行けば迷惑をするから、やる気があるならついてきなさいと。

お茶とお菓子が出たが、子どもでもいただけるものだった。そして子どもは年齢を聞かれたのだが、お菓子をほおばった状態で聞かれたからもごもご・・・仕方ないので私が年齢を答えたら、「こどもさんだと言うのに、最初から最後まで行儀も良いし、警策も自分から名乗り出てとても立派です。いつもこうなのですか?」みたいなことをおっしゃった。従い、大人の前では恥はかかない程度の躾はしているし、「恐れ入ります。この子なら普段からあまり態度は変わりません」・・・
当たり前です。育ちが悪いと思われたら損をするのは自分だ。寺で物怖じをしないのは実家が寺の縁に近いところだから。場慣れしている。

常連のご年配の方が子どもを誉めてくださった。しかし、ここはいろんな方がいらっしゃるようで、老若男女問わない。この辺の有名私立進学校の生徒さんもしょっちゅうきているのだ。
しかし、結婚指輪も仕事柄エステクリームを使うから外している私に子ども、一体亭主がいるように見えるのかどうか・・・そっちが気になるこのごろでした。
最初は女一人で出入りしていたのだから。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加