再就職&これが私の修行の道!

再就職かけようと思って数年、しかし諸事情あって、起業したほうがいいのか、家人立てて主婦やってる方がいいのか・・・

結局のところ

2017-07-16 08:30:04 | Weblog
子どもの卒業式に向けて必要な物を買いあさり、作ることになった。

本当はアフガン編みでスーツも作りたかったが、現状無理ってことで。
市販品が気に入らないからと相応の糸を買って、結局アフガン編みでバッグを作っている。
糸と金具探しに奔走して一旦編み出したものの正直気に入らなくて、糸を解こうとしたが糸の性質上無理で・・・一部勿体無いことをしたのであるが、それでもこんな感じになるとわかったので最初から編み直し。

この年になると根を詰めたらろくなことにならず、母からも自分は40過ぎて編み針離したと言っていた理由はわかったのであるが、だからと言って母がハンクラすべてやめたわけでもなくて、最近たまに編んでいるのをみかけるようになったが、相変わらず綺麗なんである。
人の代わりに編んだり、条件が整っていたらブランドもののマフラーとかも編んで仕事に出来ただろうと思う。
物凄く上手いくせに、ねーちゃんや近所の人からもらった毛糸のオカンアート他着たり飾ったりしているあたりが、色々すごいなあと思うのであるが。
ちなみに以前パッチワーク調の私のハンクラベストがあちらに行ったけど、着たとこ見たことない(;^ω^)

もしかしてバザーにでも出しました?(-_-;)

それでおとといあたりから、アフガン編みのがま口バッグを作るのが止められなくなって、ずっと作っていたのである。
アフガン編みの良いところは、腰が痛い私が寝そべってでも作成できることである。

どうにも面白い編み目のものを見つけ、それがアフガン編みと知って2年くらい、最初は小物しか作らないとカギ針に変なのくっつけてなんちゃってアフガン針でこなしていて。
一つだけ両針のものを購入していたが、そいつを出さずに試行錯誤していたが、結局バッグ作りの問題は両針で解決したのであった。

ここのところぎっくり腰が2週間治らず、勤務だけは騙してやっているが、アフガンやると右肩だけが死亡しますので、本当は途中で止めないとと思いつつ、やりだしたら止まらない。要は上手くできていたら面白いからやめられないと。

また水曜日あたりに糸を買いに行って、続きをやろうと思います。
結局細い糸で作っているから、糸が4本どり、これも絡まりやすくなるから大変なんであるがやれば楽しいのである。
見れば、まあまあだったし。

そして、その少し離れた横で子どもがゲームをやっている。
麻雀やっているようだが、私は中学高校の暇つぶしが全て麻雀だったことから、あまり覚えていないが、これをやれば勝つくらいは知っていてたまに眺める。
だが私のはド○ジャラの延長上だし、ドンジャラ無いから本物(他所んちの親父のとか)使用しましたとか、高校生になれば一式持っていた者がいて。
当時は真っ白な牌は入れ歯、丸いのは団子、棒は骨って言っていて、「ちょっとそこのだんごよこせ」とかやっていた出鱈目麻雀である。
○奏楽部の部室や放○部の部室でたまに他人巻き込んじゃったりして。
だいたい連れ二人がメイン、麻雀やってた私が3人目に加わり、あと一人をその辺で探してくるみたいな。

一番笑ったのが、私のパートの先輩で優しい先輩がいらしたのだが、連れも人いないからってその人連れてくんなよ・・・と内心で思いつつ(申し訳ないが可愛い先輩で麻雀と先輩が結びつかない)先輩はまっていたような(;^ω^)
先輩の友達も確か。
イメージよろしくないけど、あれはあれで頭を使うから良いかなあと思わなくもないのだ。

問題は「かーちゃん意外にやるじゃねーか」と言っていたが、当然だろうなあ(`・∀・´)
どれだけ麻雀漬けだったと。
ジャンル:
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 珍しく宝飾店 | トップ | 嫌な客 »
最近の画像もっと見る

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。